M809 5tトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
M809 Series 5t Truck
Reo-geshem-homtsi-id2008-2.jpg
M813カーゴトラック
種類 6輪駆動 5tトラック
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1970年~
配備先 アメリカ軍、他
開発史
製造業者 AMゼネラル
諸元 (M813 Truck Cargo w/ Winch)
重量 9,530 kg
全長 8.10 m
全幅 2.49 m
全高 2.97 m

エンジン カミンズ社製
NHC-250 6気筒ディーゼル
懸架・駆動 リーフスプリング式、6輪駆動
行動距離 560 km
速度 84 km/h
テンプレートを表示

M809 5tトラックシリーズは、1970年代にアメリカ合衆国で開発・運用された、6×6輪駆動の5tトラックである。

概要[編集]

M809 5tトラックシリーズは、1970年代に、M54 5tトラックシリーズをベースに開発された、6×6輪駆動の積載量5tクラスの軍用トラックである(オフロードで約5トン、舗装道路では10トン近くの積載量を持つ)。1950年代、1960年代に生産されたM54シリーズの多くがベトナム戦争を通じて損耗・消耗しており、これらの代替として、M54トラックシリーズを生産していたAMゼネラル社によって開発、生産された。基本的な構造はM54シリーズとほとんど同じであるが、相違点として、エンジンはM54A2系のマルチフューエルエンジンから、カミンズ社製NHC-250ディーゼルエンジンに換装されている。このエンジンは民間向けのトラックで既に使用され、定評のあるものであった。加えて、ブレーキの強化やパワーステアリングなどにより、車体重量は、M54系に比べ500Kgほど増加しているものの、全体としてM54系よりも扱い易く改良されている。外観的には、エンジン換装に伴い、エンジンフード中央部およびフロントグリルが前方に約18cm延長され、M54では右フェンダー上に装備されていたエアクリーナーが左フェンダーに移っている。フロントグリル自体のデザインも初期にはほとんどM54系と同じであったが、後期にはパイプフレームを装着した独特のスタイルとなった。

M809シリーズは1970年から生産が始まり、1980年からは後継のM939 5tトラックが登場したが、併行して引き続き生産、運用が続けられ、1988年末までにアメリカ軍向けだけで38,000台を生産、さらに輸出向けに1992年まで生産が続けられ、総生産数は92,000台以上となっている。M809シリーズにはM54シリーズと同様、レッカー型やダンプ型などの派生型が存在する他、輸出先でも様々な派生車両が開発され、運用された。

1980年には、AMゼネラル社、ホワイト・モーター社による改良パックである、EMS(Enhanced Mobility System, 機動力強化システム)が開発された。主な内容としては、タイヤ空気圧の自動調整装置と、そのためのパイピングシステム、および14.00×R20の大径ラジアルタイヤの装着で、路面の状態によって運転席から自動でタイヤの空気圧を4段階に変更出来るという物であった(適用により、後輪はダブルタイヤからシングルタイヤになる)。この改良パックは1983年頃からキット形式で部隊に配布され、既存のM809シリーズに適用されテストされた。その結果、1989年頃からは海兵隊向けM809の新規生産分、およびM939シリーズに組み込まれ、M939シリーズについては同時にエンジン換装などが行われ、M939A2"ビッグフット"シリーズとしてリリースされたが、M809シリーズについては、改良パックを適用した車両でも形式番号は変更されておらず、単にEMSパック装着車と呼称されている。

形式[編集]

トラックシャーシ[編集]

荷台(車体後部)を装備していない、車台とキャブ(運転席)のみの形式である。

M809 Truck Chassis
179インチ(4.5m)、ロングホイールベースのトラックシャーシ。荷台の無い、キャブとシャーシのみの状態での制式番号。
M809A1 Truck Chassis
179インチ(4.5m)、ロングホイールベースのトラックシャーシ。荷台の無い、キャブとシャーシのみの状態での制式番号。
M810 Truck Chassis
179インチ(4.5m)、ロングホイールベースのトラックシャーシ。荷台の無い、キャブとシャーシのみの状態での制式番号。
M811 Truck Chassis
179インチ(4.5m)、ロングホイールベースのトラックシャーシ。荷台の無い、キャブとシャーシのみの状態での制式番号。
M811A1 Truck Chassis
179インチ(4.5m)、ロングホイールベースのトラックシャーシ。荷台の無い、キャブとシャーシのみの状態での制式番号。
M811A2 Truck Chassis
215インチ(5.5m)、エクストラロングホイールベースのトラックシャーシ。荷台の無い、キャブとシャーシのみの状態での制式番号。
M812 Truck Chassis
215インチ(5.5m)、エクストラロングホイールベースのトラックシャーシ。荷台の無い、キャブとシャーシのみの状態での制式番号。
M812A1 Truck Chassis
215インチ(5.5m)、エクストラロングホイールベースのトラックシャーシ。荷台の無い、キャブとシャーシのみの状態での制式番号。この車台は、ロケットランチャー型のベースとして使用された。

カーゴトラック型[編集]

M813 Truck Cargo
179インチ(4.5m)、ロングホイールベースのカーゴトラック型。シリーズの実質的な基本型に相当する。
M813A1 Truck Cargo
179インチ(4.5m)、ロングホイールベースのドロップサイドカーゴトラック型。荷物の積み下ろしの際、荷台の側板を倒す事が可能。
M814 Truck Cargo
215インチ(5.5m)、エクストラロングホイールベースのカーゴトラック型。

その他の派生型[編集]

M815 Truck Bolster
179インチ(4.5m)のロングホイールベース。M54シリーズのM748と同様、長尺資材を載せて運搬する為に、シャーシ後部に梁が装着されている。全てウィンチ装備。
M816 Truck Wrecker Medium
179インチ(4.5m)のロングホイールベース。M54シリーズのM62、M543と同様に、大型クレーンを搭載したレッカー型。全てウィンチ装備。
M817 Truck Dump
167インチ(4.2m)のショートホイールベース。M54シリーズのM51と同様の、ダンプトラック型。荷台にはベンチシートおよび幌を装着可能で、兵員輸送用途にも使用された。
M818 Truck Tractor
167インチ(4.2m)のショートホイールベース。M54シリーズのM52と同様の、牽引用トラクター型。セミトレーラー等の牽引に使用された。
M819 Truck Tractor Wrecker
215インチ(5.5m)のエクストラロングホイールベース。M54シリーズのM246と同様の、トラクター/レッカー兼用型。トラクター用牽引装置と、回転式のクレーンを両方装備している。全てウィンチ装備。
M820 Van Expansible
215インチ(5.5m)のエクストラロングホイールベース。M54シリーズのM291と同様の、荷台がパネルバンタイプのトラック。側板上部には窓がある。ウィンチは未装備。
M820A1 Van Expansible
215インチ(5.5m)のエクストラロングホイールベース。M820とほとんど同じだが、側板上部に窓が無い。ウィンチは未装備。
M820A2 Van Expansible
215インチ(5.5m)のエクストラロングホイールベース。M820とほとんど同じだが、後部にハイリフト・ゲートが装備されている。ウィンチは未装備。
M821 Truck Bridging, Stake Transporter
215インチ(5.5m)のエクストラロングホイールベース。M54シリーズのM139と同様の、架橋用資材の運搬に使用される工兵隊向け車両。全てウィンチ装備。

画像[編集]

使用国[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]