M53/59プラガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M53/59 プラガ
M53 Praga.jpg
セルビア陸軍のM53 プラガ自走対空砲
基礎データ
全長 6.92m
全幅 2.35m
全高 2.95m
重量 10.3t
乗員数 4名
乗員配置 操縦士車長砲手2名
装甲・武装
装甲 アルミニウム装甲
主武装 30mm連装対空機関砲弾薬900発携行
備考 330輌以上を生産[1]
機動力
速度 60km/h
エンジン タトラ T 912-2 6気筒インライン空冷ディーゼル
110馬力(82kw)、2,200回転時
行動距離 500km
出力重量比 10.7hp/t
テンプレートを表示

M53/59 プラガは、1950年代の後期に開発されたチェコスロバキア自走式対空砲である。本車はかなりの改修を施したプラガ V3S 6輪駆動トラックの車体から構成された。また、本車は30mm連装対空機関砲を後部に搭載し、弾薬は通常900発を携行する。各砲への給弾は50発入り弾倉から弾丸の自重で行われる。車体のキャビン装甲されている。

チェコスロバキアにおける本車はプラガ PLDvK vz. 53/59 - "Ještěrka"として知られる(PLDvK Model 53/59 - "リザード"[2])。PLDvKは、Protiletadlový dvojkanónの略であり、連装対空機関砲の意を表す。

概要[編集]

照準システムは光学照準である。これは、日中の良好な気象状況下においてのみ効果的に使用できる。機関砲は取り外して、車両から独立して使用することも可能である。

Czech vz. 53/59 "Ještěrka"

本車は現在旧式な装備であるが、非装甲の目標、または、軽度に装甲の施された目標に対する対地支援兵器としては有用である。例としてはユーゴスラビア紛争での運用が挙げられる。本車は、チェコ共和国、エジプトリビアスロバキアの各軍および旧ユーゴスラビア軍において現役で用いられている。

チェコスロバキアは試験目的でソビエト連邦製のZSU-57-2を輸入したが、この車両はM53/59に相当すると考えられ、チェコスロバキアがソビエト製の自走式対空砲を拒否した理由となった[3]

使用国[編集]

旧使用国[編集]

登場作品[編集]

エネミー・ライン
セルビア人武装勢力の自走式対空砲として登場。対地水平射撃を主人公に対して行う。
撮影には、ロケ地となったスロバキアスロバキア陸軍所属車両が使用されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]