M2 (マツダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

M2(エムツー)とは、1991年から1995年頃まで存在した、マツダのグループ会社である。マツダ車の商品企画を事業目的とした。

概要[編集]

「商品企画において、商品プランナーがお客様とのダイレクトコミュニケーションの中から、クルマの新しい価値創造を目指す」ことを目的として設立された。この会社の設立に当たって、東京都世田谷区に「M2ビル」という自社ビルが建てられ、会社機能は当該ビルに置かれ、1階がグッズなどの売り場、2階にミーティング用のオープンスペースがあった。

開発スタイルは斬新なもので、M2で企画されたクルマは、M2ビル内の「マツダロータリー世田谷」に置かれることもあり、来訪客はそのクルマに実際に見て触って乗ってみることができた。

M2ビル内には開発メンバーが常駐しており、来訪客はその開発メンバーと直接意見交換ができる。そして開発メンバーは来訪客の意見をフィードバックしてクルマを改良し、そのクルマが本当に発売されることもあった。

しかし、マツダの経営危機により1995年の春頃に閉鎖となり、休眠会社となった。

開発・発売車輌[編集]

  • M2 1001
  • M2 1002
  • M2 1015
  • M2 1028 - ユーノス・ロードスターのチューニングカー。限定300台発売

未発売車輌[編集]

  • M2 1003 - ユーノス・ロードスターベース、M2 1008のベース車両
  • M2 1004 - オートザム・レビューベースのフルゴネット[1]
  • M2 1005 - ファミリアベースのWRC競技ベース車
  • M2 1006 - ユーノス・ロードスターベースにルーチェの3リッターV6エンジンを搭載したモデル
  • M2 1007 - 4人乗り、4ドアのスポーツカー
  • M2 1008 - ユーノス・ロードスターベースのクーペ。このアイディアは2代目で「マツダ・ロードスタークーペ」として市販化された。
  • M2 1009 - 都会派SUV
  • M2 1010 - 前半分ファミリア・アスティナ、後半分ファミリア・セダンベースのスポーツピックアップ
  • M2 1011 - ユーノス・コスモベース
  • M2 1012 - MPVベース
  • M2 1013
  • M2 1014 - オフロードタイプのAZ-1
  • M2 1015A- WRC風AZ-1
  • M2 1015B- AZ-1キャンバストップ仕様
  • M2 1019 - ユーノス・プレッソにクロノス系2.5L V6のKL-ZEエンジンを搭載したモデル
  • M2 1020 - RX-7ベース
  • M2 1022 - 最初は2列6人乗りのミニバンだったが、クリニックの結果レビューベースのミニバン案になり、後にマツダからデミオとしてデビューし、記録的な大ヒットとなった。
  • M2 1023 - M2 1005の販売用モデル
  • M2 1024 - パノラマ・トール・ボーイ。全長4mで二階にキャンプできるスペースがある「基地」後にマツダからボンゴフレンディ・オートフリートトップとしてデビューした。
  • M2 1031 - 車椅子対応ユーノス・ロードスター
  • 欠番

 M2 1016,17,18,21,25,26,27,29,30

脚注[編集]

  1. ^ M2 1004 (Japan) - Allcarindex.com(2015年1月15日閲覧)

関連項目[編集]