M-AGE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
M-AGE
出身地 日本の旗 日本茨城県栃木県
ジャンル ロック
活動期間 1986年 - 1994年
レーベル ERC
(1991年)
Invitation
(1991年)
XEO Invitation
(1992年 - 1994年)
事務所 TAFF PROJECT、PGI
共同作業者 横山和俊プログラミング
メンバー KOICHIRO (ボーカル)
MIYO-KEN (ギター)
OKAZAKI (ドラムス)
DJ PEAH (DJ)
旧メンバー KAJIWARA (ベース)

M-AGE(エム・エイジ)は、日本ロックバンドである。

来歴・概要[編集]

1984年春、KOICHIROが幼馴染のOKAZAKIを誘い、M-AGEの前身バンド「モラル」を結成。地元茨城でイベント出演を中心にライブ活動を行なう。1986年春、KOICHIROの高校卒業と同時に東京へと進出、それを機にバンド名を「M-AGE」へと改名する。一方、同じ頃にパンクバンド「THE SHITBABIES」を脱退したMIYO-KENは、知り合いの紹介でKAJIWARAらとバンド「リッツ」を結成する。THE SHITBABIES時代はベースを担当していたMIYO-KENだが、新バンドではギターパートを希望。そのため、自身のベースとKAJIWARAのギターを交換し、KAJIWARAにベースを担当するよう命じる。

1989年、M-AGEはその前年に知り合った所属事務所「TAFF PROJECT」社長の紹介で映画「YAWARA!」(原作:浦沢直樹、主演:浅香唯)に出演する。KOICHIROは主人公・猪熊柔が憧れる高校の先輩・錦森広之役で、OKAZAKIら残りのメンバーはバンド役で出演する。また、同年3月4日には「三宅裕司のいかすバンド天国」に出演し、完奏こそならなかったが『ANGEL FANTASY』(アルバム『KISS』に収録)を披露する。しかし、「イカ天」後にM-AGEからギターの香田知宏、ベースの北見聡一朗がそれぞれ諸事情で脱退。後任としてリッツを脱退したMIYO-KENとKAJIWARAが加入することとなる。

1990年、MIYO-KENが上京し、バンド活動が本格化。原宿ルイードなどでライブ活動を続け、翌1991年2月25日にミニアルバム『KISS』を発売する。しかし、宣伝の規模に反してアルバムがほとんど売れなかったことに加え、アルバムそのものの出来、また化粧を施した耽美なアーティストイメージなどに疑問を感じ、話し合いの末バンドは方向転換を決意。当時メンバーが好んで聴いていたこと、またジーザス・ジョーンズが流行っていたこともあり、バンドサウンドとマンチェスター・サウンドの融合を試すこととなる。一方、同じ時期に雑誌のインタビューでメンバーがジーザス・ジョーンズに言及していたことに目を留めたビクターのディレクター・田中淳一が所属事務所を通してM-AGEにコンタクトを取り、バンドサウンドにハウスを導入することを提案する。田中の提案がバンドの新しい方向性と合致していたこともあり、ミーティングを重ねるうちに両者は意気投合。バンドが新しい方向性を形にするべくデモテープを作成すると、音源を聴いた田中はコンピレーションアルバム『DANCE 2 NOISE』への参加を打診する。バンドは早速『DANCE 2 NOISE』用に『CALL ME』のレコーディングを開始。その際にスクラッチを盛り込むことを思い付き、事務所社長の伝手で新宿「ミロス・ガレージ」でDJをしていたDJ PEAHにゲストプレイヤーとして参加を依頼する。このレコーディングで好感触を得たバンドは、レコーディング終了後DJ PEAHにバンドへの参加を正式に要請。スクラッチプレイヤーとしての活動を模索していたDJ PEAHもこれを快諾し、こうしてM-AGEの全メンバーが揃うこととなる。

バンドとして新たなスタートを切ったM-AGEは、そのまま1stアルバムのレコーディングを開始。レコーディング終了後の12月16日に西麻布Space Lab YELLOWで行われた「DANCE 2 NOISE 001」発売記念のライブイベントに初めて五人で出演し、ライブを披露する。翌1992年1月21日、1stシングル『WALK ON THE MOON』、1stマキシシングル『3 RE-MIX + 1』でビクターインビテーションよりメジャーデビュー。同年2月21日には1stフルアルバム『MUSTARD』をリリースし、「V-CUBE」と題した全国7箇所を廻るプロモーションツアーを実施する。同年4月6日日清パワーステーションにて初のワンマンライブを実施。同年7月には全国4箇所を廻る「AFTER MEAT MUSTARD 」ツアーを実施する。ツアー中の同年7月22日にシングル『someday close your eyes』、マキシシングル『someday ep』を発表。そして、「AFTER MEAT MUSTARD 」ツアー終了後にロンドンへと渡りレコーディングを実施すると、同年11月21日に2ndアルバム『vibES』を発表する。

リリース後の翌1993年1月に「CHAIN ME RUN」Tourを実施するなどバンドの活動は順調に見えたが、1993年5月、当時ジュリアナ東京のDJだったジョン・ロビンソンによるリミックス3曲収録を収録した『NEXUS 7』の発表後、ベースのKAJIWARAが脱退。バンドはそのまま四人体制で活動を続け、同年12月16日3rdアルバム『INTERFACE』を発表するも翌1994年に解散となる。同一の楽曲であってもシングルとアルバムではミックスが異なり、同一のバージョンが複数の作品に収録される事が極端に少なく、また解散後にリミックスアルバムが発表されるなど、オルタナティブダンスやデジタルロックブームを先取りしたグループであった。

メンバー[編集]

解散時のメンバー[編集]

KOICHIRO(こういちろう)
ボーカル担当。本名:永沼幸一郎(ながぬま こういちろう)。1968年2月24日生まれ。茨城県日立市出身。中学生の頃に従兄弟の影響でイエロー・マジック・オーケストラジューシィ・フルーツ立花ハジメなどを聴くようになり、中学三年生の時に初めてバンドを組む。高校一年生の終わりに幼馴染のOKAZAKIを誘って、M-AGEの前身となるバンド「モラル」を結成。M-AGEの母体を作った、オリジナル・メンバーの一人である。M-AGE解散後は岩崎究と共にUndoを結成。ライブ活動やレコーディングを行なうも自然消滅のような形で活動休止。そのまま音楽業界から引退している。
MIYO-KEN(みよけん)
ギター担当。本名:三代堅(みよ けん)。1966年7月5日生まれ。茨城県高萩市出身。小学校六年生の終わり頃からギターを弾き始め、高校生の時にパンクバンド「MERRY GO ROUND」(後に「THE SHITBABIESに改名)を結成。「THE SHITBABIES」脱退後にKAJIWARAと共に「リッツ」を結成。1989年にM-AGEに加入。M-AGE解散後は、M-AGE時代のディレクター・田中淳一が関わる数々のレコーディングに参加。GUNIW TOOLSのサポートやL'Arc〜en〜Cielのベーシストtetsuyaのシングル『wonderful world /TIGHTROPE』にギターおよび編曲で参加するほか、BUCK-TICK櫻井敦司が中心となって結成したロックバンド「THE MORTAL」にベーシストとして参加している。現在は清春のソロ・ライブでのバンドマスターを務めるかたわら、自身のポストロックインストバンド「青天の霹靂」やエレクトリックユニット「u crack irigaru」としても活動している。
OKAZAKI(おかざき)
ドラム担当。本名・岡崎達成(おかざき かつしげ)。1967年2月2日生まれ。茨城県日立市出身。中学三年生の文化祭でクラスメイトと組んだビートルズのコピーバンドがきっかけでドラムを始める。高校生入学後、ブラスバンド部でドラムを担当するかたわら、「アップルズ」という名のビートルズのコピーバンドを結成。コピーバンド解散後、高校二年生の終わりに幼馴染のKOICHIROとM-AGEの母体となるバンド「モラル」を結成する。M-AGEのオリジナル・メンバーの一人。M-AGE解散後はGUNIW TOOLSにサポートメンバーとして参加するかたわら、2002年からそのGUNIW TOOLSのギターASAKIとともにAGE of PUNKとしても活動。また、2004年からはBUCK-TICKのギタリスト今井寿media youthhide with Spread Beaverなどの活動で知られるギタリストのKIYOSHIとともにLucyを結成、2枚のオリジナルアルバムを発表している。2008年からはMinimum Rocketsにてツインドラムの片翼を担うほか、元M-AGEの三代堅が率いるエレクトリックユニット「u crack irigaru」のサポートドラムとしても活動している。
DJ PEAH(でぃーじぇい・ぺー)
DJ担当。本名・林信也(はやし のぶや)。1971年9月28日生まれ。栃木県足利市出身。小学校六年生で初段を取るほどの柔道少年であったが、姉に連れて行ってもらった地元のクラブ「Jive Turkey」で音楽の洗礼を受け、DJを目指すようになる。中学卒業後に上京し、新宿「ミロス・ガレージ」で火曜日レギュラーとしてDJを担当していた須永辰緒に師事する。須永のレコード持ちとしてミロス・ガレージや西麻布「トロス・クラブ」などで開催されるイベントに同行しDJとして修行するかたわら、ラップ・チーム「MC PYU & DJ PEAH」としてイベントやコンテストに参加するようになる。チーム解散後、1991年にM-AGEに参加。M-AGE解散後はソロアルバム『DJ PEAH』を発表する他、BUCK-TICK今井寿SOFT BALLET藤井麻輝によるインダストリアルユニットSCHAFTのアルバム『Switchblade』へのスクラッチ提供や、hitomiのシングル『CANDY GIRL』発表時のライブにサポートとして参加するなど、様々な分野で活動。現在はDJとして活動する他、元M-AGEの三代堅によるユニット「u crack irigaru」のサポートDJやテクノポップバンド「Love The Candy's」の一員として活動している。なおDJネーム「PEAH」は須永辰緒に命名されたものであり、アルコールに酔って嘔吐を繰り返していたことに由来している。

脱退したメンバー[編集]

KAJIWARA(かじわら)
ベース担当。本名・梶原祐司(かじわら ゆうじ)。1968年8月1日生まれ。茨城県日立市出身。中学生の頃に音楽に興味を持ち始め、高校一年生の時にフェンダー・スクワイアのストラトキャスターを購入する。高校三年生の時に地元の先輩に誘われ、バンド「リッツ」を結成。ベースを担当するよう言われ、メンバーの一人だったMIYO-KENに自身のギターを渡し、自分はMIYO-KENのベースを使うことになる。1989年、M-AGEに加入。1993年に脱退し、元CutemenCMJKとともにテクノロックユニットCONFUSIONを結成する。2枚のフルアルバムを発表するも「グラフィックデザイナーになる」と言い残し、CONFUSIONを脱退。そのまま音楽業界から引退している。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 販売元
1991年2月25日 KISS FBI-003 E.R.C.
1992年2月21日 MUSTARD VICL-268 Invitation
1992年11月21日 vibES VICL-354 XEO Invitation
1993年12月16日 INTERFACE VICL-497 XEO Invitation

8cm シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 販売元
1992年1月21日 WALK ON THE MOON VIDL-82 Invitation
1992年7月22日 someday close your eyes VIDL-108 Invitation
1993年7月21日 mother VIDL-133 XEO Invitation
1993年11月21日 Blind Venus XEO Invitation

マキシ・シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 販売元
1992年1月21日 3 RE-MIX + 1 VICL-15007 Invitation
1992年7月22日 someday ep VICL-15010 Invitation
1993年5月21日 NEXUS 7 VICL-12009 XEO Invitation
1994年 M-Age Remixes RSN 95 Rising High Records

リミックス・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 販売元
1994年12月16日 STARSHELL -CASPAR POUND REMIX OF M-AGE- VICL-585 XEO Invitation
1995年2月10日 UNDER A CUBIC SKY RSN CD29

RSN LP29

Rising High Records

ビデオ[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 販売元
1992年3月21日 WALK ON THE MOON Invitation
1992年7月22日 someday close your eyes VIVL-82 Invitation

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 販売元
1991年10月21日 DANCE 2 NOISE 001 VICL-229 Invitation
1992年 FUTURAMA OF ROCK XEO special Re-Mix sampler(非売品) CDES-67 XEO Invitation
1993年1月21日 DANCE 2 NOISE 004 VICL-374 Invitation
1993年10月21日 DANCE 2 NOISE 005 VICL-463 Invitation

ミュージックビデオ[編集]

曲名 備考
CALL ME (MV) - YouTube コンピレーション・アルバム『DANCE 2 NOISE 001』、1stアルバム『MUSTARD』に収録
WALK ON THE MOON (MV) - YouTube 1stシングル。1stアルバム『MUSTARD』に収録
MIND WAR (MV) - YouTube 1stアルバム『MUSTARD』に収録
someday close your eyes (MV) - YouTube 2ndシングル。2ndアルバム『vibES』に収録
真夜中の逃亡者 (MV) - YouTube 2ndアルバム『vibES』に収録
Blind Venus (MV) - YouTube 4thシングル。3rdアルバム『INTERFACE』に収録

関連項目[編集]

櫻井敦司
BUCK-TICKのボーカリスト。三代堅と共にバンド「THE MORTAL」を組んでいる。
清春
黒夢のボーカリスト。ソロ・ライブで三代堅がバンドマスターを務めている。
ASAKI
GUNIW TOOLSのギタリスト。岡崎達成と共にバンド「AGE of PUNK」を組んでいる。
Lucy
岡崎達成がBUCK-TICK今井寿、元media youthKIYOSHIと共に組んでいるバンド。
Minimum Rockets
岡崎達成が参加しているバンド。
横山和俊
キーボーディスト・マニピュレーター。M-AGEのレコーディングに参加するほか、DJ PEAHと共に「PANDEMONIUM」名義で『DANCE 2 NOISE 002』に参加し、『A HOWLING OF AN AUTIS』を提供している。

外部リンク[編集]