レーナード・スキナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Lynyrd Skynyrdから転送)
移動先: 案内検索
レーナード・スキナード
Lynyrd Skynyrd band (1973).jpg
1973年
基本情報
出身地 フロリダ州ジャクソンビル
ジャンル
活動期間
  • 1964年 (1964)-1977年 (1977)
  • 1979
  • 1987年 (1987)-現在
レーベル
共同作業者
公式サイト lynyrdskynyrd.com
メンバー
旧メンバー See band members section and members list

レーナード・スキナード (Lynyrd Skynyrd [ˌlɛnərd ˈskɪnərd] LEN-ərd-SKIN-ərd[2]) は、アメリカ合衆国サザン・ロックバンド。1964年にフロリダ州ジャクソンビルで「マイ・バックヤード My Backyard」として結成され、その後「ノーブル・ファイブ The Noble Five」「ワン・パーセント One Percent」の名で活動、1969年に「レーナード・スキナード」と改名した。バンドはそのライブパフォーマンスや「スウィート・ホーム・アラバマ」「フリー・バード」と言った代表曲でその認知度を高めていったが、成功のピークであった1977年に飛行機事故でメンバー2人とバックアップシンガーが死亡、人気の絶頂時に活動を停止した。バンドはアメリカ合衆国で2,800万枚のレコード販売を記録した。

生き残ったメンバーは1987年に、リードボーカルにジョニー・ヴァン・ザント(バンドの創設者、ロニー・ヴァン・ザントの弟)を迎えリユニオン・ツアーを行った。バンドは現在ももう一人の創設者であるゲイリー・ロッシントン、ジョニー・ヴァン・ザントとリッキー・メドロック(1996年にバンドに復帰する前、1971年から72年にかけて曲を書きレコーディングに参加していた。)でツアーやレコーディングを行っている。もう一人の創設者、ラリー・ヤンストロムは70年代に加入していたエド・キングアーティマス・パイルと共に音楽活動を続けているが、もはやバンドとはツアーやレコーディングを行っていない。マイケル・カーテロンは1999年以来バンドの主たるドラマーとしてレコーディング、ツアーを行っている。

レーナード・スキナードは2006年3月13日にロックの殿堂入りを果たした[3]。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第95位に選ばれている。

歴史[編集]

初期[編集]

1964年の夏、フロリダ州ジャクソンビルロニー・ヴァン・ザントボブ・バーンズアレン・コリンズゲイリー・ロッシントンラリー・ヤンストロムの5名により結成。結成当初のバンド名は「Bob's Backyard」。これはボブ・バーンズの自宅車庫で練習していたことに由来する。その後「The Noble Five」と改名した[4]。彼らはまた、1968年まで「One Percent」というバンド名を使用した[4]

1968年にバンド・コンテストで優勝し、地元のローカル・レーベルからデビューした。1969年にヴァン・ザントは新しいバンド名、「レーナード・スキナード Leonard Skinnerd」を思いついた[5]。この奇妙な名は、メンバーがフロリダ州ジャクソンビルのロバート・E・リー高校に通っていたときの体育教師、レオナルド・スキナーが頭髪に関する校則を厳しく守らせていたことで有名であり、彼の名前をもじったものである[6][7]。ロッシントンは学校を辞め、髪の毛に悩まされることに飽き足りた[8]。また、特徴的なスペル「"Lynyrd Skynyrd"」は少なくとも1970年代に使用されていた。バンドは高校時代に対して批判していたにもかかわらず、彼らは後にスキナーと友好的な関係を築き、ジャクソンビル・コロシアムで行ったコンサートにスキナーを招待したりもしている[9]。スキナーはまた、バンドが3枚目のアルバムの内側に自分のサインの写真を使用することを許可した[10]

1970年までにレーナード・スキナードはジャクソンビルのトップバンドとなり、地元のコンサートで頭角を現し、いくつかの国内での活動を開始した。ジャクソンビル出身でメイコンを拠点とするハスラーズ社のパートナーであるパット・アームストロングと、フィル・ウォルデンの弟であるアラン・ウォルデンがバンドのマネージャーとなった。アームストロングはその後間もなく自らの代理店を立ち上げるためにハスラーズ社を離れた。ウォルデンは1974年までマネージャーを務め、その後ピーター・ラッジがマネージャーとなった。バンドは70年代初期に南部全域で演奏を続け、ハードなブルースロックのサウンドとイメージをさらに発展させ、スタジオでの実験的なレコーディングを行った。彼らはこの独特な「サザン」サウンドを、カントリー、ブルース、そしてブリティッシュロックの影響を少しばかり取り入れ、ブレンドさせて作り出した[11]

この頃、バンドは初めてラインナップの変更を経験した。ヤンストロムが脱退してグレッグ・T・ウォーカーがベースを担当した。また当時、2人目のドラマーとしてリッキー・メドロック(後にレーナードでギターを担当する)が加入。リッキーとボブ・バーンズはそれぞれ脱退・再加入を経つつ、時にツインドラムでの演奏も披露した。メドロックの祖父ショーティー・メドロックは「カーティス・ロウのバラード」の執筆に影響を与えた。バンドの歴史が書かれたいくつかの文献ではこの頃バーンズはバンドを短期間離れていたとされる。1971年、バンドはマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオで、ウォーカーとメドロックがリズムセクションを担当し、バーンズ抜きでいくつかの録音を残している[要出典]

メドロックとウォーカーはバンドを離れ、ブラックフットに加入した。バンドは1972年に再びマッスル・ショールズでレコーディングを行い、バーンズがドラムを担当、レオン・ウィルクソンがベースを担当した。またこの年、レオンの友人で当時レーナードのローディだったビリー・パウエルが正式なキーボード担当として加入した。メドロックはその後再びバンドに復帰している。メドロックとウォーカーは1978年にリリースされたコンピレーション「First and... Last」まで、どのアルバムにも参加しなかった。

絶頂期 (1973-1977)[編集]

1972年にバンド(ヴァン・ザント、コリンズ、ロッシントン、バーンズ、ウィルクソン、パウエル)はブラッド・スウェット・アンド・ティアーズアル・クーパーに見いだされた。クーパーはアトランタのFunocchio'sで彼らのステージを見た。そしてMCAレコード傘下の自らのサウンズ・オブ・ザ・サウスレーベルと彼らを契約させ、ファーストアルバム『レーナード・スキナード』をプロデュースした。ウィルクソンはこのアルバムのレコーディングセッション初期にバンドを離れていたため、参加したのは2曲のみである。彼はアルバムリリース直後にヴァン・ザントの誘いでバンドに復帰し[要出典]、アルバムカバーのジャケット写真にも写っている。ウィルクソン不在時にベースとギターを手伝ったストロベリー・アラーム・クロックのギタリスト、エド・キングはレコーディング後に3人目のギタリストとして正式加入し、バンドはライブにおいてスタジオでの3つのギターセクションを再現できるようになった。アルバムは1973年8月13日にリリースされ[12]、100万枚を超える売上を記録、RIAAゴールドディスクとなった[13]。シングル「フリー・バード」は全国放送され[14]、最終的にBillboard Hot 100の19位を記録した[要出典]

バンドのファン層は1973年に急速に成長し続けた。これはザ・フーの『四重人格』ツアーで前座を務めたことによる。1974年のセカンドアルバム『セカンド・ヘルピング』ではキング、コリンズ、ロッシントンがそれぞれヴァン・ザントとのコラボレーションで曲を書き、バンドのブレークスルーを強固なものとした。ニール・ヤングの「サザン・マン」へのアンサーソングであるシングル「スウィート・ホーム・アラバマ[15]は、8月のチャートで8位に達した。(ヤングとヴァン・ザントはライバルではなく、お互いの音楽のファンであり、友人であった。ヤングは彼らのために「パウダーフィンガー」を書いたが、彼らはそれを録音しなかった[16]。)絶頂期における彼らのレコードはそれぞれ100万枚を超える売り上げを記録したが、「スウィート・ホーム・アラバマ」はトップ10に入った唯一のシングルであった[17]。『セカンド・ヘルピング』は1974年に12位を達成し、最終的にはマルチプラチナとなった。その年の7月、レーナード・スキナードはミズーリ州セダリアミズーリ・ステート・フェアで行われたオザーク・ミュージックフェスティバルのヘッドライナーの一人であった[要出典]

トリプルリードギターを擁する重厚な音を特徴とし、オールマン・ブラザーズ・バンドやアトランタ・リズム・セクションと並ぶサザン・ロックの旗手として、ライヴでは多数の観客を動員する人気バンドとなった。

1975年1月にバーンズがバンドを去り、代わってケンタッキー出身のアーティマス・パイルが加入した。バンドの3枚目のアルバム『ナッシン・ファンシー』は17日で録音された[18]。クーパーとバンドはアルバムリリース前に相互の合意によって袂を分かち、クーパーはテープのミックスを完成させてバンドから離れた[19]。このサードアルバムは前作よりも売り上げが低かった。エド・キングはツアーの途中で、疲労を理由にバンドを離れた。1976年1月、正式メンバーとはみなされなかったが、バックアップシンガーのレスリー・ホーキンスキャシー・ゲインズジョジョ・ビリングズリー(3人は「ホンケッテス」として知られる)が加入した。『ナッシン・ファンシー』からは「サタデイ・ナイト・スペシャル」がバート・レイノルズ主演の映画『ロンゲスト・ヤード』の挿入歌に採用された。キングが脱退した後、バンドはしばらくツインギター編成で活動し、4枚目のアルバム『ギミー・バック・マイ・ブレッツ』は1976年にリリースされたが、前作同様ファースト、セカンドほどの成功は収められなかった。ヴァン・ザントとコリンズは、バンドの初期の特徴であったトリプルリードギターの特性が失われていると真剣に感じていた。その後バンドはレスリー・ウェスト(元マウンテン)やバリー・ハーウッド(後にゲイリー・ロッシントン、アレン・コリンズらと共にロッシントン・コリンズ・バンドで活動)を含む何名かのギタリストのオーディションを行ったが、最終的にはキャシー・ゲインズの弟スティーヴ・ゲインズがキングの後任として加入した[20]。最盛期(1976年前後)には南部でのライヴにおいてカルロス・サンタナを前座とするほどの人気を誇った。

ゲインズは自身のバンド、クロウダッド(スキナードの「サタディ・ナイト・スペシャル」をしばしば演奏していた)を率いていたが、1976年5月11日にカンザスシティで行われたコンサートに、オーディションがてら招待された。バンドはまたゲインズと非公式のジャムを数回行い、ゲインズは6月に正式加入した。ゲインズが新たに加わったバンドはアトランタフォックス・シアターで行われたライブを録音、2枚組ライブアルバム『ワン・モア・フロム・ザ・ロード』としてリリースし、その後ネブワース・フェスティバルに出演した[要出典]

1977年

コリンズとロッシントンは1976年のレイバー・デーの週末に重大な交通事故を起こし、次のアルバムの製作が遅れた上、いくつかのコンサートがキャンセルとなった。ロッシントンの事故は、不吉な「ザット・スメル」に影響を与えた。それは明らかに彼ともう一人のバンドメンバーに対する薬物乱用についての警告であった。ロッシントンは、酔っ払ってクオルードを飲用し、オークの木に車をぶつけた「魅力的な」曲であることを何度も認めている。ヴァン・ザントは少なくとも自分の行動を抑制し、スキナードの評判の一部であった騒々しい喧嘩のサイクルを抑えるための真剣な試みを試していた[要出典]

1977年の『ストリート・サヴァイヴァーズ』はスティーヴ・ゲインズのギタリスト/ボーカリストとしてのショーケースとなった。ゲインズは1年前にバンドに参加し、今回スタジオ盤でのデビューとなる。ヴァン・ザントは公私にわたってゲインズの複数の才能に驚き、バンドは "いつかは彼の影の中にいる"と述べた[21]。ゲインズの貢献はヴァン・ザントと共作し、共にリードボーカルを担当した「"You Got That Right"」や、加入前に作ったギターブギの「"I Know a Little"」などがある。ゲインズのこのアルバムにおける(そしていくつかのコンサートにおける)リーダー性は、彼の手によるブルース「"Ain't No Good Life"」に示される。アルバムにはまた、ヒットシングル「"What's Your Name"」「"That Smell"」も含まれた。バンドは自身最大のツアーのための準備を行い、ショーは象徴的なロック・アンセム「フリー・バード」がハイライトとなった[22]。11月、バンドはヴァン・ザントの生涯にわたる夢であったニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンでのコンサートを実現する予定だった[要出典]

飛行機事故 (1977)[編集]

音楽的には当時隆盛のブルース・ロックをはじめとするブリティッシュ・ロックに強い影響を受けつつも、アメリカ南部土着のカントリーのセンスを保持し、後にサザン・ロックと呼ばれる音を作り上げた。また、ヴィジュアル・イメージに南軍旗を使うなど、アメリカ南部の、悪く言えばレッドネックのイメージを強く持っていたが、それが南部ではバンドへの根強い支持に繋がっていた。

1977年10月20日、ツアー中の飛行機(コンベア240)がミズーリ州マッカム近郊で燃料切れにより[23]墜落し、ロニー・ヴァン・ザント、スティーヴ・ゲインズ、キャシー・ゲインズらが死亡。バンドは解散した。飛行機墜落事故の同年には、ロニーの弟であるドニー・ヴァン・ザントが率いる38スペシャルがデビューしており、しばらくはレーナード・スキナードの後継を名乗り、コンサートでもレーナード・スキナードの曲を演奏するなどしていた。

残ったメンバーのゲイリー・ロッシントン、アレン・コリンズ、ビリー・パウエルらは1980年にロッシントン・コリンズ・バンドを結成し活動を続けたが、アレン・コリンズは1986年に交通事故で下半身不随となり、その4年後に漫性肺炎により死去した。

1987年、ロニーのもう一人の弟であるジョニー・ヴァン・ザントと共に、レーナード・スキナードとしてバンドを再結成。2006年にはロックの殿堂入りを果たした[24]

2009年には初期メンバーのビリー・パウエルが心臓麻痺で死去したが、バンドは現在も活動を続けている。

2015年4月3日、初期メンバーのボブ・バーンズが交通事故で死去。

メンバー[編集]

初期[編集]

  • ロニー・ヴァン・ザント (Ronnie Van Zant) - ヴォーカル(1977年、飛行機事故により死亡)
  • ゲイリー・ロッシントン (Gary Rossington) - ギター
  • アレン・コリンズ (Allen Collins) - ギター (1990年、慢性肺炎により死亡)
  • エド・キング (Ed King) - ギター(1975年脱退)
  • スティーヴ・ゲインズ (Steve Gaines) - ギター(1975年加入、1977年飛行機事故により死亡)
  • ビリー・パウエル (Billy Powell) - キーボード
  • ラリー・ヤンストロム (Larry Junstrom) - ベース(1972年脱退)
  • レオン・ウィルクソン (Leon Wilkeson) - ベース(1972年加入)
  • ボブ・バーンズ (Bob Burns) - ドラムス(1975年脱退、2015年交通事故により死亡)
  • アーティマス・パイル (Artimus Pyle) - ドラムス(1975年加入)

再結成時[編集]

  • ジョニー・ヴァン・ザント (Johnny Van Zant) - ヴォーカル
  • ゲイリー・ロッシントン (Gary Rossington) - ギター
  • ビリー・パウエル (Billy Powell) - キーボード
  • レオン・ウィルクソン (Leon Wilkeson) - ベース
  • リッキー・メドロック (Rickey Medlocke) - ギター
  • ヒューイ・トマソン (Hughie Thomasson) - ギター
  • マイケル・カーテロン (Michael Cartellone) - ドラムス

ディスコグラフィー[編集]

  • 1973年:レーナード・スキナード (Pronounced Leh-nerd Skin-nerd)
  • 1974年:セカンド・ヘルピング Seconed Helping
  • 1975年:ナッシン・ファンシー Nuthin' Fancy
  • 1976年:ギミー・バック・マイ・ブレッツ Gimme Back My Bullets
  • 1977年:ストリート・サヴァイヴァーズ Street Survivors
  • 1978年:Skynyd's First And … Last
  • 1987年:伝説 Legend
  • 1991年:Lynyrd Skynyrd 1991
  • 1993年:The Last Rebel
  • 1994年:エンデインジャード・スピーシーズ Endangered Spacies
  • 1997年:トゥエンティ Twenty
  • 1998年:スキナーズ・ファースト〜コンプリート・マッスル・ショールズ・アルバム Skynyrd's First
  • 1999年:エッジ・オブ・フォエヴァー Edge Of Forever
  • 2000年:Christmas Time Again
  • 2003年:Vicious Cycle
  • 2009年:神と銃 God & Guns
  • 2012年:ラスト・オブ・ア・ダイイン・ブリード Last Of A Dyin' Breed

ライブアルバム[編集]

  • 1976年:ワン・モア・フロム・ザ・ロード One More From The Road
  • 1988年:サザン・バイ・ザ・グレイス・オブ・ゴッド Southern By The Grace Of God
  • 1998年:ライヴ・フロム・スティール・タウン Lyve From Steel Town
  • 2010年:ライヴ・フロム・フリーダム・ホール Live From Freedom Hall

その他[編集]

  • 1979年:Gold & Platinum
  • 1982年:Best Of The Rest
  • 1989年:Skynyrds' Innyrds
  • 2000年:Then And Now

ソロ[編集]

  • 1986年:Rossington / Returned To Scene Of The Crime

日本公演[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Erlewine, Stephen Thomas. Artist Biography by Stephen Thomas Erlewine - オールミュージック. 2016年6月15日閲覧。.
  2. ^ Pronunciation from album (Pronounced 'Lĕh-'nérd 'Skin-'nérd).
  3. ^ Rock and Roll Hall of Fame, Inductees by Year: 2006”. Rockhall.com. 2013年4月1日閲覧。
  4. ^ a b The Official Lynyrd Skynyrd History Website - History Lessons”. Lynyrdskynyrdhistory.com. 2015年4月4日閲覧。
  5. ^ Soergel, Matt. “Honoring a namesake”. Chronicle.augusta.com. 2011年9月14日閲覧。
  6. ^ Robert E. Lee High School history (archived). dreamsbeginhere.org
  7. ^ Lynyrd Skynyrd : AllMusic - Biography by Stephen Thomas Erlewine - 2012年12月1日閲覧
  8. ^ The Official Lynyrd Skynyrd History Website - History Lessons”. Lynyrdskynyrdhistory.com. 2011年11月2日閲覧。
  9. ^ https://web.archive.org/web/20080625193759/http://lynyrdskynyrddixie.com/2006/06/02/skynyrd-namesake-in-brevard/
  10. ^ “Leonard Skinner, Rock Band Muse, Dies at 77”. Associated Press. (2010年9月21日). https://www.nytimes.com/2010/09/21/arts/music/21skinner.html 2010年9月22日閲覧。 
  11. ^ Oxford Music Online (Registration required)
  12. ^ Lynyrd Skynyrd Discography”. Lynyrdskynyrd.com. 2012年2月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月14日閲覧。
  13. ^ Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 1330. ISBN 0-214-20512-6. 
  14. ^ Butler, J. Michael. "Lynyrd Skynyrd." Grove Music Online. N.p., 3 Sept. 2014.
  15. ^ Lynyrd Skynyrd 'Sweet Home Alabama' | Classic Tracks - soundonsound.com - 2012年12月1日閲覧
  16. ^ Simmons, p. 135.
  17. ^ Butler, J. Michael. "Lynyrd Skynyrd." Grove Music Online. N.p., 3 Sept. 2014.
  18. ^ Hunt, Dennis (1975年9月15日). “Ups and Downs of Lynyrd Skynyrd: More Pop News”. Los Angeles Times. http://search.proquest.com.ezproxy1.library.arizona.edu/docview/157771298/49CAEBCB7E4F44D3PQ/15?accountid=8360 2014年10月3日閲覧。 
  19. ^ Al Kooper: Backstage Passes & Backstabbing Bastards: Memoirs of a Rock 'N' Roll Survivor (1998)
  20. ^ Drozdowski, Ted (2015年6月26日). “Gary Rossington Discusses 'One More for the Fans!' and His Life and Times with Lynyrd Skynyrd”. Guitar World. NewBay Media. 2016年3月15日閲覧。
  21. ^ Lynyrd Skynyrd - L.A. Times”. 2015年10月17日閲覧。
  22. ^ Freebird”. Wolfgangsvault.com. 2011年9月14日閲覧。
  23. ^ NTSB. “事故報告書” (英語). 2008年2月2日閲覧。
  24. ^ Lynyrd Skynyrd: inducted in 2006 | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2012年12月1日閲覧

外部リンク[編集]