Lynk & Co

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Lynk & Co
本社所在地  スウェーデン
設立 2016年
業種 自動車
事業内容 自動車の開発、販売
主要株主 浙江吉利控股集団
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

Lynk & Co(リンク・アンド・コー)は、中華人民共和国浙江吉利控股集団(吉利)と、その傘下であるスウェーデンボルボの共同出資により設立された合弁会社および高級車ブランド。

概略[編集]

2016年設立。プラットフォームを親会社の吉利・ボルボと共用し、開発は主にボルボが、生産は中国とベルギーヘントで行う[1]コネクテッドカーのような先進技術を売りに販売している。

ショールームこそ用意するもの、「Lynk & Co」独自のディーラーは設けずネットのみで注文を受け付けるという、テスラ同様の販売方法を採る。メンテナンスはボルボのサービス工場等が請け負う[2]

ラインナップ[編集]

Lynk&Co 01

スポーツ・ユーティリティ・ビークルプラットフォームボルボ・XC40と同じボルボ・CMAを使用する。発売から137秒で6000台もの注文を受け、自動車販売における世界記録を保持する[1]

Lynk&Co 02

2018年3月に発表された01よりも小型のスポーツ・ユーティリティ・ビークルプラットフォームボルボ・XC40と同じボルボ・CMAを使用する。

Lynk&Co 03

4ドアのセダンプラットフォームボルボ・XC40と同じボルボ・CMAを使用する。2018年10月19日に富士スピードウェイで公開された[3][4]。最高出力180馬力、トルク265Nmの1500ccターボエンジンと7速DCTを搭載[1]。2018年12月時点ではガソリンエンジンのみだが、プラグインハイブリッドが追加される予定[1]。2020年に欧州、2022年にアメリカで発売予定で2019年からTCR規定下で開発された『Lynk & Co シアンレーシング03』がFIA世界ツーリングカーカップへ出場[1]。2020、2021年と連覇し、中国車ブランドとして初のFIA国際レースタイトル獲得を果たしている。

Lynk&Co 05

  スポーツ・ユーティリティ・ビークルプラットフォームボルボ・XC40と同じボルボ・CMAを使用する、01のクーペモデル。

Lynk&Co 06

ギャラリー[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]