Love again (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Love again
globeスタジオ・アルバム
リリース
録音 1998年3月1日 - 1998年3月25日[1]
tetsuya komuro sequence 1103st, 1105st
SEDIC STUDIO
SOUND VALLEY
Baybridge Studio
SONY MUSIC STUDIOS (L.A.)
RECORD PLANT (L.A.)
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex globe
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年度年間12位(オリコン)
ゴールドディスク
  • 2ミリオン(日本レコード協会
  • 第13回日本ゴールドディスク大賞
    ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
  • globe アルバム 年表
    FACES PLACES
    1997年
    Love again
    (1998年)
    Relation
    1998年
    『Love again』収録のシングル
    1. Wanderin' Destiny
      リリース: 1997年10月15日
    2. Love again
      リリース: 1998年3月31日
    テンプレートを表示

    Love again』(ラヴ・アゲイン)は、globeの3枚目のフルアルバム1998年3月31日発売。発売元はavex globe

    解説[編集]

    前作『FACES PLACES』から約1年、当時の日本記録を打ち立てる大ヒットとなったデビューアルバム『globe』から丁度2年となる日に発売された3rdアルバム。同名のシングル『Love again』と同時発売。

    シングル「Can't Stop Fallin' in Love」からの流れで「恋に落ちる」「恋に嵌ってしまう」距離の近い男女をアルバムのコンセプトにした。但しそれは「不倫」等の悪い意味ではなく、「恋に嵌る前→嵌りかけ→嵌った後→恋愛」を時間軸で考えて、それをアルバムタイトルに反映させている。「一度別れた二人がまた元の鞘に納まる」「別の人との新しい恋愛が始まる」とどちらでも取れるようにし、「恋に嵌る」「愛情を注ぐ」ことをもう一度行うことを歌詞の全体のテーマにしている[1]。MARCは「友情・愛情・人情等全ての『情』がこのアルバムに入っている」と称している[2]

    ベーシックとなるバックトラックは事前にロサンゼルスで制作されていたが、バレンタインデーまでは深く考えていなかった。本格的にレコーディングに入ったのは1998年3月1日に小室が日本に帰国してからのことであり、10日で全ての音の素材を録音して、3月25日にマスタリングを完了させた。小室は「音楽プロデューサーとして周囲をまとめる力、作品を形にする力を再認識したアルバム」と振り返っている[2][1]

    ミキシングするときのイメージは「ボーカルを前面に出さず、3人がそこに並んでいる」感じを出すようにした[2]

    ノークレジットだが、音色作りにMARCが参加している。MARCは「完全分業制の音楽ユニットから、共同作業のバンドへと一歩踏み込めた」と語っている[3]

    アルバムのための曲として、MARCは「G9」という楽曲を制作した。内容は「ザ・クラッシュの様なイントロで始まり、途中でオアシスの様な調子になり、ニルヴァーナの雰囲気で終わる」展開だったが、収録されなかった[3]

    小室はKEIKOに対し、小学生から耳の肥えた大人まで幅広く聞いてもらうためという意図で「あまり上手く歌いすぎない様に」「原曲が生まれた時の成長する前・初々しさとプロが持つテクニカルさの中間をイメージして欲しい」とリクエストした[1]

    2016年12月21日に96kHz/24bitのハイレゾリューションオーディオとして鈴木浩二氏の手によりリマスタリングされ配信リリースされた。[4]

    収録曲[編集]

    全作曲・編曲:小室哲哉 全作詞:小室哲哉&MARC

    1. before dark
      インストゥルメンタル。「アルバムの序章」として位置づけた[2]
    2. UNDER Your Sky
      テーマは「恋が終わった人の恋を振り返りたくない気持ち」を描いている[2]
    3. Love again
      12枚目のシングル
    4. You are the one
      「こねっと」名義で発表したシングル曲のglobeバージョン。
      歌詞カード等に記載は無いものの、一部では[globe version]と表記されている。
      小室が個人としてお気に入りの楽曲であり、カラオケで歌う感覚でレコーディングを行った[2]
    5. Nothing ever makes me happy
      テーマは「私を幸せにしてくれるものは何も無い」とこれ以上ない程落ち込み、途方に暮れている様子を描いた[2]
    6. two keys
      テーマは「恋が終わったばかりで、恋の残像が鮮明に残っている様子」を描いた[2]
    7. I'm bad
      自分の担当するレコーディングパートが終わって疲れ果てた状態のMARCに「書いて下さい」と電話で小室からお願いされ、ひらめいたのをそのままFAXで送った[2]
      MARCの担当したパートは仮歌のつもりで入れたのがほぼそのままOKテイクになった[2]
      メインボーカルはMARCのみの予定だったが面白みに欠けていたため、歌いたがっていたKEIKOに好きなパートを歌わせた[2]
    8. Watching everything
      テーマは「恋愛の途中」であり、佳境はとうに過ぎて「貴方のせいでちゃんとした生活ができないのよ。振り回すのなら責任とってよ」という女性の不満を描いた[2]
    9. I'm still alone
      テーマは「9割方終わっている恋」「一人でいる時間が長く中々『Love again』の世界にならない」という状況を描いている[2]
      MARCが2日寝ないで歌詞を作り、KEIKOが3日間ボーカル録りに時間をかけた[2]
    10. Open Wide
      歌詞・楽曲共にカリフォルニアの雰囲気を出すようにした[2]
    11. Wanderin' Destiny
      11枚目のシングル
      TBS系ドラマ「青い鳥」主題歌
      内容がシングル収録と多少異なり小室のコーラスやシーケンスが追加されている。一部では[album version]と表記されている。
      シングル盤より落ち込み過ぎないようにアレンジされた[2]
    12. creatures
      「preview」で初披露された際、好評だったために収録された[2]
    13. end of 3rd element
      インストゥルメンタル。「3枚目の区切り」という位置づけである[2]
      globe (アルバム)」「FACES PLACES (アルバム)」のインストルゥメンタル曲の頭文字がそれぞれ「g」「l」「o」「b」「e」となる様に付けられている。

    参加ミュージシャン[編集]

    • All VOICES are KEIKO, MARC PANTHER, TETSUYA KOMURO
    • MIXED by EDDIE DELENA (Tracks#2,3,6,8,9,11,12,13), TETSUYA KOMURO (Tracks#1,4,5,7,10)
    • VOCALS DIRECTED by KENJI SATO
    • GUITARS: KAZUHIRO MATSUO
    • BASS: KENJI SANO
    • SYNTHESIZER PROGRAMMING by AKIHISA MURAKAMI (tetsuya komuro sequence)
    • MUSICAL EQUIPMENT TECHNICIAN: TOSHIHIDE IWASA (tetsuya komuro sequence)

    脚注[編集]

    1. ^ a b c d ぴあ」1998年6月1日号84P-85Pより。
    2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 1998年5月号51P-53Pより。
    3. ^ a b ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1998年6月号39Pより。
    4. ^ globe 20周年イヤーを記念したハイレゾリリース&期間限定フラッシュプライス! e-onkyo music NEWS 2016年12月22日閲覧