Love Axel

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Love Axel
奥井雅美スタジオ・アルバム
リリース
録音 2012年5月2日[1] - 5月30日[2]
ジャンル J-POP
時間
レーベル Lantis
チャート最高順位
奥井雅美 年表
i-magination
2010年
Love Axel
(2012年)
SYMBOLIC BRIDE
2015年
『Love Axel』収録のシングル
  1. 恋華大乱
    リリース: 2010年4月21日
テンプレートを表示

Love Axel』(ラヴ・アクセル)は、奥井雅美の16枚目のオリジナルアルバム2012年7月4日Lantisから発売された。

概要[編集]

前作『i-magination』から約2年5ヶ月ぶりのリリースとなる、何でもアリを追求したオリジナルアルバム。ランティス移籍後初となる作品。一応20周年記念アルバムだが、心機一転して新人さを前面に出している[3]

コンセプトは「自分と他者の背中を押す一枚」で、タイトルの「Love Axel」も、「心のアクセルを踏めるように」という想いから、「人との繋がりを」意味するLoveとアクセルを掛け合わせた[4]。初回限定盤には2012年3月11日Shibuya O-EASTで行われた「奥井雅美BirthLive 2012〜Life〜「白い宇宙の風」」の模様を収めたライブ映像と、リアル☆StarterのPVが収められている。

本作を引っ提げた『Masami Okui Live Tour 2012 Love Axel 〜20th Anniversary〜』が2012年9月から10月まで行われる予定である。

収録曲[編集]

  1. GRATIA [1:13]
    作詞:奥井雅美、作曲・編曲:寺田志保
  2. Good-bye crisis [4:33]
    作詞・作曲:TRINITY、編曲:MACARONI☆
  3. Dive To Future [4:40]
    作詞:奥井雅美、作曲:Monta、編曲:MACARONI☆
  4. 夏色ラブソング [4:26]
    作詞:奥井雅美、作曲:rino、編曲:戸田章世
    ミディアムテンポという事もあり、曲のイメージが頭に浮かんで歌詞を書く事ができたという[4]
  5. 空〜生きていれば〜 [4:33]
    作詞・作曲:奥井雅美、編曲:鈴木マサキ
  6. LIAR GIRL [5:00]
    作詞・作曲:奥井雅美、編曲:加藤大祐
  7. Sigh of Angel [4:16]|
    作詞・作曲:奥井雅美、編曲:安瀬聖
  8. Dear [5:26]
    作詞・作曲:奥井雅美、編曲:須藤賢一
  9. Dogma [4:47]
    作詞:奥井雅美、作曲・編曲:高瀬一矢
    奥井 × I've・高瀬 による楽曲としては、茅原実里のアルバムの楽曲に続き2作目で、レコーディングは札幌にあるI'veのスタジオで行われた。
  10. BI-YA-KU [3:53]
    作詞:奥井雅美、作曲・編曲:MACARONI☆
  11. 恋華大乱 [3:50]
    作詞:瀬名恵、作曲:しほり、編曲:藤澤健至
  12. ミギマワリ進化系 [5:14]
    作詞:奥井雅美、作曲・編曲:Tatsh
  13. リアル☆Starter [4:36]
    作詞・作曲:奥井雅美、編曲:菊池達也
    奥井曰く「キラキラした印象の前向きな楽曲」
DVD(初回限定盤のみ)
奥井雅美BirthLive 2012〜Life〜「白い宇宙の風」」
  1. PREDESTINATION
  2. Dragonfly
  3. INTRODUCTION
  4. Automaton
  5. 蜜-mitsu-
  6. PROMISE〜Without you〜
  7. 輪舞-revolution
  8. [紫音ーsion-
  9. Gift
  10. リアル☆Starter
  11. It's my life
  12. 戦場のマドンナ
  13. Shuffle
  14. 放課後の天使
  15. OVER THE END
  16. Birth(Encore)
  17. リアル☆Starter(Music Clip)

脚注[編集]

  1. ^ Love Axel #1”. 奥井雅美オフィシャルブログ「女神になりたい」Powered by Ameba (2012年5月2日23:46:11). 2012年7月6日閲覧。
  2. ^ Twitter / LoveLoveDragon: というわけでアル” (2012年5月30日21:28). 2012年7月6日閲覧。
  3. ^ アニカン』Vol.109、MG2、2012年6月、 28頁。
  4. ^ a b 倉田モトキ『声優アニメディア』7月号、学研パブリッシング、2012年5月、 87頁。

外部リンク[編集]