LookSmart

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

LookSmart(ルックスマート)は、オーストラリア発祥のアメリカ合衆国インターネット広告企業である。

概要[編集]

1995年に"Homebase"という企業名でオーストラリアのメルボルンにて創業した。1998年に本社をアメリカのサンフランシスコへ移し、社名をLookSmartに改めた。

かつてはリスティング広告ウェブディレクトリを運営しており、マイクロソフトと契約を結んでアメリカのMSNに検索エンジンを提供していた。しかしマイクロソフトが契約期間満了の2004年1月をもってLookSmartとの契約を打ち切ることに決めた[1][2]ため、LookSmartは大きな打撃を受けて海外事業の縮小に踏み切り、その際に後述の日本法人も手放した[2]

その後、事業形態をウェブディレクトリからクリック報酬型広告に変更している。

日本におけるルックスマート[編集]

これまでにLookSmartというウェブディレクトリが、2回に亘って同一のURL(http://www.looksmart.co.jp/)で開設されている。以下、開設時期の順に便宜上第1期第2期と呼ぶ。第1期と第2期の間には7年間の断絶があり、運営会社も異なる。

ルックスマート(第1期、2000年-2006年)[編集]

米LookSmart社の日本法人「ルックスマート・ジャパン株式会社」が運営していた日本語版のLookSmart。上述したアメリカ本社の事業縮小のため、ルックスマート・ジャパン社は2004年4月にバリューコマース社の傘下となった[3][4][2]。日本語版LookSmartは引き続き運営されたが、ルックスマート・ジャパンが親会社のバリューコマースに吸収されたことを受けて2006年2月にはサイト名が「バリューコマースサーチ」へと改称され[5](URLは変更せず)、2006年6月にはサイトが閉鎖された[6]

ルックスマート(第2期、2013年-2014年)[編集]

2007年設立[7]のリンクス株式会社[7]が、同じURLでLooksmartというウェブディレクトリを2013年2月から運営していた[2][8]。リンクス社のLooksmartはスマートフォン向けという特色を打ち出していた[2][8]が、2014年11月頃に閉鎖された[2]

主な供給先[編集]

以下はいずれも第1期の供給先。

脚注[編集]

  1. ^ Jim Hu (2003年10月7日). “Microsoft drops LookSmart search tool”. CNET. https://www.cnet.com/news/microsoft-drops-looksmart-search-tool/ 2018年4月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f 渡辺隆広 (2014年11月4日). “Looksmartエクスプレスが閉鎖? Webサイトにアクセスできず”. SEMリサーチ. 2018年4月6日閲覧。
  3. ^ a b c d プレスリリース バリューコマース、ルックスマート・ジャパンの営業を譲受”. バリューコマース (2004年4月8日). 2018年4月4日閲覧。
  4. ^ プレスリリース ルックスマート・ジャパン、日本法人をバリューコマース社へ営業権譲渡を完了”. ルックスマート・ジャパン (2004年4月8日). 2005年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月6日閲覧。
  5. ^ 渡辺隆広 (2006年2月7日). “ルックスマート、「バリューコマースサーチ」に名称変更”. SEMリサーチ. 2018年4月6日閲覧。
  6. ^ 渡辺隆広 (2006年6月26日). “バリューコマース、「ルックスマート」を閉鎖”. SEMリサーチ. 2018年4月6日閲覧。
  7. ^ a b “スマートフォンに最適化されたディレクトリサービス『Looksmart(ルックスマート)』がオープン”. CNET Japan. (2013年3月12日). https://japan.cnet.com/release/30038637/ 2018年4月6日閲覧。 
  8. ^ a b c パートナーラインナップ”. ルックスマート・ジャパン. 2005年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月6日閲覧。
  9. ^ パートナーラインナップ”. ルックスマート・ジャパン. 2004年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]