Long time no see

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Long time no see
吉田拓郎スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル フォーライフ
プロデュース 吉田拓郎
チャート最高順位
吉田拓郎 年表
TRAVELLIN' MAN LIVE AT NHK STUDIO 101
1993年
Long time no see
(1995年)
LIFE
1996年
『Long time no see』収録のシングル
  1. 「マスターの独り言」
    リリース: 1994年9月21日
  2. 「君のスピードで」
    リリース: 1995年6月21日
テンプレートを表示

Long time no see』(ロング・タイム・ノー・シー)は、1995年6月21日吉田拓郎がリリースしたオリジナル・アルバムである。

解説[編集]

  • アルバムのキャッチコピーは「放っておいてくれて、ありがとう。」
  • 一部のレコーディングはバハマで行われた。

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲:吉田拓郎(特記以外)

  1. とんと御無沙汰 
    作詞:阿木燿子
  2. 淋しき街
  3. 夢見る時を過ぎ 
    作詞:石原信一
  4. オーボーイ
    作詞:石原信一
  5. マスターの独り言
    TaKaRa「純」レジェンドCMソング
  6. 君のスピードで
  7. 永遠の嘘をついてくれ
    作詞・作曲:中島みゆき
    この楽曲が制作された経緯は、1994年泉谷しげるの呼びかけでニューミュージックの御大が集まったチャリティー・コンサート『日本を救え!』で、吉田が、中島の「ファイト!」をカバーしたことに始まる。演奏し終えて、自分の作風のような曲だと感じながらも、吉田にはもう「ファイト!」のような曲を創れないと感じた。その後、吉田は『Long time no see』のレコーディング中に、中島を食事に誘い、曲提供を依頼したのである。作風については「遺書のような曲を(お願いします)」とだけ述べた[1]。また、2006年つま恋ライブでは、この曲で中島と共演を果たした。中島のセルフカバーはアルバム『パラダイス・カフェ』に収録されている。 
  8. 生きていなけりゃ
  9. To the Moon
    作詞:石原信一
  10. 夕陽と少年
    作詞:石原信一、補作詞:吉田拓郎

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]