Little PRINCESS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Little PRINCESS』(リトルプリンセス)は、パソコンゲーム制作会社である株式会社チャンピオンソフトが制作したアダルトゲーム。ジャンルはアドベンチャーゲーム1987年11月MSX2用ゲームとして発売。正式タイトルは英語で小文字と大文字が入り混じって書き難いため、現在では公式も含めて『リトルプリンセス』とカタカナで書かれることが多い。配布フリー宣言ソフト。

概要[編集]

ブランド「アリスソフト」の設立前であり、株式会社チャンピオンソフトが、まだチャンピオンソフト名義で制作していた時代の作品である。アリスソフトの立ち上げから発展の立役者であるTADAの初めて関わった作品。ただしTADAが行ったのは移植・改造作業のみである。移植元の美樹ちゃんシリーズ第1弾『LEMONADE創刊号 さらわれた美樹ちゃん』には関わっていない。

ランス」シリーズでも活躍する健太郎・美樹を主人公・ヒロインとするゲームである。健太郎・美樹の登場は、PC-88用ゲーム『LEMONADE創刊号 さらわれた美樹ちゃん』が初めてであり、本作は美樹ちゃんシリーズの第2弾。ただし『Little PRINCESS』の内容は、実質的には第1弾『さらわれた美樹ちゃん』をMSXに簡易移植したものである。簡易移植のため、『さらわれた美樹ちゃん』よりも内容が削られている。

後期作品への影響[編集]

本作の続編、美樹ちゃんシリーズ第3弾『Little Vampire』が作られている。また、美樹ちゃんシリーズの設定はランスシリーズにも引き継がれている。本作のタイトル「Little PRINCESS」はランスシリーズでの魔王美樹の通称となっている。

ただし、この頃はまだ設定が固まっていなかったため、魔王ガイが「ドラキュラ」と表現されビジュアルも異なる等、後期作品群の設定と矛盾する部分が多々ある。次作『Little Vampire』の前作のあらすじでは本作の内容が大幅に変更されている。

配布フリー宣言対象[編集]

古いゲームのため現在パッケージを手に入れることは困難であるが、2000年代に配布フリーソフトとして登録されたため、インターネット上から無料でダウンロード可能。元々はMSX対象ソフトであるが、有志によってWindows版のエミュレータが作られているので、MSX本体を手に入れずともプレイできる。

システム[編集]

コマンド入力式アドベンチャーゲームのため、「行動」「スペース」「対象物」の順で入力していくことで進んでいく(例えば「木を見る」ときは「ミル キ」と入力する。ただし単純な移動は「キタ」などと方角を入力するだけ)。プログラムにない単語を入力すると「わかりません」と表示され、結果として正しいコマンドを見つけるため何度も入力することになる。ヒントは基本的に何もなく、コマンドは画面を見ながら推測して入力しなければならないばかりか、持ち物を間違った人物に渡すとクリアできず、凶悪な難易度を誇る。容量自体は少ないため攻略を見ながら行えば1時間もあればクリアできるが、自力でクリアを目指す場合はかなりの難易度になる。なおTADAが2013年にプレイした際に高難易度であることを強調している。[1]

あらすじ[編集]

主人公が彼女の美樹とデートをしていると、空が突然真っ暗になりドラキュラが現れ、美樹をさらって穴の中に消えていった。主人公が美樹を追って穴を抜けると、そこは異次元世界であった。美樹を助けるために、主人公は単身ドラキュラ城に乗り込むことを決意する。

登場人物[編集]

本作の設定を基本に記述する。現在における設定および後期作品も含めたシリーズ全体の設定など、詳しく知りたい場合はRanceシリーズの登場人物を参照のこと。

主人公・ヒロイン[編集]

主人公
プレイヤーが操作する主人公。ランスシリーズにおける小川健太郎。男。彼女の美樹を助けるためにドラキュラ城に乗り込むことを決意する。『リトルヴァンパィア』において健太郎であったことが明らかにされるが、本作では名前が出てこない。
美樹
ヒロイン。ドラキュラにさらわれる。ピンク色の髪をした女の子。服装は上着が白いワイシャツで、下が赤いプリーツスカート(最初のデモ画面のデートをしているときの服装は異なり、ドラキュラにさらわれるときには現在の服装になっている)。この服装はランスシリーズにおいても引き継がれている。

ドラキュラ城のキャラクター[編集]

ドラキュラ
美樹をさらったドラキュラ。ドラキュラ城に住み、けいこによって棺桶に封印されている。ランスシリーズにおける魔王ガイ。この頃はまだ設定がつくられていないため、名前が出て来ずただの「ドラキュラ」となっている。ビジュアルもまったく異なる。
ハニワ
ドラキュラ城の門の前に置かれている。シーチキンが好物。アリスソフトにおいて欠かせない存在のハニワだが、本作でも登場している。
レオパルド
絵画の中の女性。800歳くらい。なぜ絵の中にいるかは不明。

その他の人物[編集]

けいこ
ドラキュラ城に行って、ドラキュラの棺に十字架を置いて封印したという女の子。ドラキュラのことを優しいと言う。ドラキュラのことは、じじくさいから好きになれない。
もりむら ひろこ
家が貧乏で生活費を稼ぐために道行く人から通行料を取っている。
るり
ドラキュラ城の近くに住んでいる。なぜか、るりの家のポストにはドラキュラ城の鍵が入っている。ナンシーという名の白猫を飼っている。
女神
金の斧と銀の斧を持っている。

アイテム[編集]

ヒララレモン
後期作品においては美樹の魔王化を抑えるアイテムとして登場するが、本作では食べると頭がすっきりして、見えないものが見えるようになる。攻略の際の重要アイテム。

スタッフ[編集]

  • TADA - 美樹ちゃんシリーズ第1弾『LEMONADE創刊号 さらわれた美樹ちゃん』改造。

脚注[編集]

外部リンク[編集]