linuxBean

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
linuxBean
開発元企業 / 開発者 aztake
OSの系統 Ubuntu
開発状況 開発中
ソースモデル フリーソフトウェア
最新安定版リリース 14.04.4or12.04.5 / 2016年02月18日
カーネル種別 モノリシックカーネル (Linux)
既定のユーザインタフェース LXDE
ライセンス 各種
ウェブサイト http://hitaaki.blog47.fc2.com/blog-category-14.html
テンプレートを表示

linuxBean(リナックスビーン[1])は日本で開発されているUbuntuベースの軽量Linuxディストリビューションフリーソフトウェアで配布されている。[2]

linuxBeanはUbuntuのソフトウェアを用いて、ロースペックマシンの利用者等に最新かつ軽量なオペレーティングシステムを提供することを目指している。

概要[編集]

linuxBeanはUbuntu 12.04 LTS(のちにUbuntu 14.04 LTSも追加)をベースにし、Windows XP世代をターゲットとした軽量・高速ディストリビューションとして公開されている。初期状態で日本語が使え、すぐにネットに繋がり、欲しいパッケージを容易に検索できる、Linux初心者が古いパソコンを再生させられるようにするための切り札として開発が行われた。

初心者でも手軽に使えるように追加で大量のパッケージが導入されており、レスキューコマンドが多数導入されている。

標準的なシステムツールといくつかの小さなアプリケーションの他に、インターネットブラウザであるOperaインストールされている。初心者にも使いやすいように、初心者向けのソフト又は、パッケージが多数導入されている。linuxBeanは大量のパッケージが導入されているものの、.isoイメージのサイズは650MB程度で、CDに入れる事ができる。Live CDを使えば、ハードディスクへのインストールをする前に、ハードウェアが適合しているかを確認することができる。

システム要件[編集]

12.04 推奨環境
ディスクの空き:8GB 以上
CPU:i386 800MHz 以上
メモリ:256MB 以上
14.04 推奨環境
ディスクの空き:10GB 以上
CPU:i686(Pentium M, Celeron M 以降)及びそれらと互換性のあるプロセッサ。 PAE必須。
メモリ:384MB 以上

脚注[編集]

  1. ^ linuxBean (リナックスビーン) プロジェクト日本語トップページ - OSDN (ブラウザタイトルバー上の表示)
  2. ^ linuxBeanそのもののライセンスは定められていない

関連項目[編集]

外部リンク[編集]