Light Up the World

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Light Up the World
glee/グリー』のキャスト の シングル
収録アルバム Glee: The Music, Volume 6
リリース 2011年6月11日
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップダンスロック
時間 3:43
レーベル コロムビア
作詞・作曲 アダム・アンダース、ピアー・アストーム、マックス・マーティン、ヨハン・シュースター、サヴァン・コテッカ
プロデュース アダム・アンダース、マックス・マーティン
glee/グリー』のキャスト シングル 年表
「Pretending」
(2011年)
Light Up the World
(2011年)
「We Got the Beat」
(2011年)
テンプレートを表示

Light Up the World」はアメリカのテレビ番組『glee/グリー』の出演者による歌である。曲はサウンドトラック8枚目となる『Glee: The Music, Volume 6』に収録されている。作詞は番組の音楽プロデューサーのアダム・アンダース、スウェーデン人ポップ・ミュージック作曲家のマックス・マーティンとピアー・アストーム、サヴァン・コテッカとヨハン・シュースターが務めた。作曲はアンダースとマーティンが務めた。

チャート[編集]

チャート (2011年度) 最高
順位
オーストラリア (ARIA)[1] 78
カナダ (Canadian Hot 100)[2] 26
フランス (FRA)[3] 188
アイルランド (IRMA)[4] 46
イギリス (Official Charts Company)[5] 48
アメリカ Billboard Hot 100[6] 33

参考文献[編集]

  1. ^ Chartifacts - Week Commencing: 27th June 2011. Australian Recording Industry Association. June 27, 2011. Archived from the original on June 27, 2011. Retrieved July 1, 2011. 
  2. ^ "Glee Album & Song Chart History" Canadian Hot 100 for Glee. Prometheus Global Media. June 6, 2011閲覧。
  3. ^ http://lescharts.com/showinterpret.asp?interpret=Glee+Cast
  4. ^ "Chart Track". Irish Singles Chart. GfK.
  5. ^ CharArchive – Glee Cast”. 2013年1月13日閲覧。
  6. ^ Grein, Paul (2011年6月1日). “Week Ending May 29, 2011. Songs: He Was In It To Win It”. Chart Watch. Yahoo! Music. 2011年6月2日閲覧。