Lifehack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LifeHack(ライフハック)は、情報処理業界を中心とした「仕事術」のことで、いかに作業を簡便かつ効率よく行うかを主眼としたテクニック群[1]である。ハッカー文化の一つ。

概要[編集]

この言葉は、2004年ごろから使われだしたもので、米国のテクニカルライターであるダニー・オブライエンの考案による[2]

これはいい意味でのハッカーギーク(技術に対してマニアまたはおたくないしフェチな傾向にある者)でもトップクラスのもの(いわゆるウィザードグルと尊称を贈られる者たち)の過剰ともいえる生産性の高さの秘訣として、様々な手法が紹介され、日本では2005年春頃から技術者筋や技術愛好者筋を中心に関心を集めるようになった。

方法論としては自身の生活や仕事のスタイルにおいて「気の利いた手段で、もっと快適に、もっと楽して、もっと効率良く」という方法を追求して行くことに他ならないが、これをコンピュータやシステムを解析し追求するように体系化していったものがいわゆるLifeHackである。この中にはコンピュータを使いやすいように工夫するというものから、ガジェット(気の効いた小物・小道具)を使いこなす、さらには人間の生理機能上で効率良く作業するための方法論(→人間工学)など多岐に渡る。

例えば、「繰り返し作業になりやすいExcelでの打ち込み作業をVBAやマクロを使用することで作業を最小化」「UNIX系OSの環境構築や設定をシェルやスクリプトなどでオートメーション」など実作業における作業時間短縮の工夫から、「わざとノイズの中で作業することで生産性を上げる[3]」「昼休み中などに、いかに上手に机に突っ伏して寝る[4]」といった、作業者の生理的観点における工夫もLifeHackの範疇である。15~20分程度の昼寝が午後の仕事の効率を上げることが示されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ モニ太のデジタル辞典
  2. ^ Life Hacks: Tech Secrets of Overprolific Alpha Geeks
  3. ^ ライフハッカー[日本版] : 作業用BGMに新機軸。カフェにいるかのような雰囲気を感じられるサイト
  4. ^ ITmedia・3分Lifehacking:机にうつぶせで快適に寝る方法
  5. ^ 日経PB:昼休みに15〜20分の昼寝で午後の業務効率カイゼン!

外部リンク[編集]

関連項目[編集]