Lego Mindstorms NXT 2.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NXT 2.0を組み立てたロボット
NXT知能ブロックとセンサー、サーボ

Lego Mindstorms NXT 2.0は、2009年8月に発売されたLego Mindstorms NXTの後継のプログラム可能なロボットや他の機械、または対話システムを組むためのレゴ社の商品セットである。

概要[編集]

2009年6月29日にver2.0発表、8月1日発売開始[1]。パーツ数が619に増え、2個のタッチセンサーと1個の超音波センサーと新型の色センサーが導入された。NXT 2.0 は浮動小数点演算を使用するが、初期の型では整数演算を使用した。[2] キットの値段はおよそUS$280だった。

2010年11月に、ソフトウェアがNXT 2.1にバージョンアップされた。

プログラミング言語[編集]

Actor-Lab
言語: 独自のフローチャート風の言語
Ada Interface to MindStorms
言語: Ada
brickOS
言語: C/C++[1]
GCC
言語: C/C++, Objective C, Fortran, Java, Ada among others
GNU Toolchain for h8300
言語: C/C++, ASM
LabVIEW Toolkit for NXT
言語: LabVIEW
コメント: A toolkit for LabVIEW permitting development of custom native blocks for use in the Mindstorms NXT software.
Lego.NET
言語: Anything that can compile to .NET, works best with C#[2]
コメント: コンパイラ無し。バイトコードをマシンの命令に変換する。
leJOS
言語: Java
librcx
言語: C/C++
コメント: GCC用のライブラリ
Logitech SDK
言語: Visual Basic, Visual C++
コメント: Can be combined with an RCX control library such as spirit.ocx from the MindStorms SDK to make use of the Lego Cam
NQC
言語: NQC, a C-like language
コメント: 非オフィシャルの言語の中では、もっともよく使われている。
Official MindStorms SDK
言語: Visual Basic, Visual C++, MindScript, LASM
コメント: You don't need VB to use the VB features as MS Office comes with a cut down version of VB for making macros
OnScreen
言語: A custom language which can be programmed directly on the RCX
pbForth
言語: Forth
PRO-BOT
言語: A kind of Visual Basic/spirit.ocx-based language
コメント: Designed for robots which are in contact with the workstation at all times
QuiteC
言語: C
コメント: A library for use with GCC and comes with GCC for Windows.
RCX Code
言語: RCX Code, a custom flowchart-based language
ROBOLAB
言語: A flowchart language based on LabVIEW
コメント: This is the programming environment offered to schools who use MindStorms, supports the Lego Cam
SqLego
言語: Squeak[3]
TclRCX
言語: Tcl
Terrapin Logo
言語: LOGO
TinyVM
言語: Java
The Transterpreter
言語: occam
Vision Command
言語: RCX Code
コメント: Lego Cam と一緒に使うオフィシャルのプログラミング言語
XS
言語: Lisp
LegoLog
言語: Prolog
コメント: Uses an NQC program to interpret commands send from the pc running the Prolog code
PBrickDev
言語: PBrickDev, a flowchart based language.
コメント: Has more fuctionality than the RIS language, such as datalogs and subroutines/multithreading.

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The New LEGO MINDSTORMS NXT 2.0 is coming!
  2. ^ Lego Robotics FAQ” (2009年). 2010年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

マインドストーム NXTの公式サイト:

様々なリソースとポータル:

プログラミング言語とOS:

サードパーティの拡張デバイス:

チュートリアル:

日本における技術サポート:

マインドストーム NXT のリンク: