LanguageTool

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LanguageTool
LanguageTool Logo.svg
300px
LanguageTool WikiCheck
開発元 Daniel Naber and Marcin Miłkowski
初版 2005年8月15日(14年前) (2005-08-15
リポジトリ github.com/languagetool-org/languagetool
プログラミング言語 Java
プラットフォーム Java SE
サイズ
  • Desktop app: 156 MB[1]
  • n-gram data: 8.34 GB[2]
種別 Grammar checker
ライセンス GNU LGPL v2.1+
公式サイト languagetool.org
テンプレートを表示

LanguageTool は、フリーかつオープンソースな文法チェッカーである。すべての機能をダウンロードして利用することができる[3]。LanguageToolのウェブサイトは、プロプライエタリなソフトウェア LanguageTool Plusを提供している。LanguageTool Plusは、オープンなコアモデルに沿って、英語とドイツ語の文法エラー検出を改善し、長い文章の修正も容易におこなうことができる。

LanguageToolは、2003年にDaniel Naberによって卒業論文[4]作成のために開発が開始されたソフトウェアである(当時はPython言語で書かれていた)。現在では31の言語をサポートしており、それぞれがボランティアのメンテナーによって開発されているが、たいていはその言語を母国語とする人々が担当している。エラー検出パターンに基づいて、ルールが作成され、与えられたテキストを検証している。[5]

コアアプリ自体は無料でオープンソースなソフトウェアであり、オフラインで使用する用途でダウンロードすることが可能である。いくつかの言語では、'n-gram'データ[6]を使用しているが、これはいくつかの余分な検出の目的のためで、膨大かつ、かなりの処理能力とI/O速度を必要とする。そのため、LanguageToolは、サーバ側でn-gramデータの処理を行うようにする、Webサービスとしても提供されている。フリーミアムのビジネスモデルの一部として、LanguageTool Plusも n-gramsを使用している。

LanguageToolのウェブ・サービスは、ブラウザのインタフェースを経由するか、あるいは Microsoft Office[7]や LibreOffice[8]、 Apache OpenOffice[9]、Vim[10][11]、Emacs[12][13]、Firefox[14]、Thunderbird[15]、Google Chrome[16] 向けの専用のクライアント側のプラグインを経由することで使用可能である。そのウェブアプリ用のクライアントは、ウェブサイト上で統合することができる[17]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Index of /download/”. languagetool.org. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ Index of /download/ngram-data/”. languagetool.org. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ LanguageTool - Spell and Grammar Checker”. LanguageTool. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ Daniel Naber. “A Rule-Based Style and Grammar Checker (PDF)”. Danielnaber.de. 2018年6月30日閲覧。
  5. ^ Supported languages” (2016年12月28日). 2016年12月29日閲覧。
  6. ^ N-Gram Data Download Page”. languagetool.org (2019年3月30日). 2019年3月30日閲覧。
  7. ^ LanguageTool Microsoft Office Plug-in” (2019年1月11日). 2016年12月29日閲覧。
  8. ^ LanguageTool v4.4 (OXT)”. Languagetool.org. 2019年1月11日閲覧。
  9. ^ LanguageTool v2.5 (OXT)”. Languagetool.org. 2018年6月30日閲覧。
  10. ^ LanguageTool – Grammar checker for English, French, German (etc.) in Vim : vim online”. Vim.org. 2014年5月3日閲覧。
  11. ^ vim-grammarous: A powerful grammar checker for Vim using LanguageTool”. GitHub. 2014年9月30日閲覧。
  12. ^ Schroeder, Alex (2013年8月24日). “langtool.el”. EmacsWiki. 2014年5月3日閲覧。
  13. ^ Hayashi, Masahiro. “Emacs-langtool”. GitHub. 2019年3月18日閲覧。
  14. ^ Grammar and Spell Checker - LanguageTool”. addons.mozilla.org. Mozilla Foundation (2018年12月26日). 2019年1月5日閲覧。
  15. ^ Grammar Checker”. addons.mozilla.org. Mozilla Corporation (2013年5月17日). 2014年5月3日閲覧。
  16. ^ LanguageTool - Grammar and Style Checker”. Google Chrome Webstore. Google (2017年12月17日). 2017年12月29日閲覧。
  17. ^ Integration On Websites – LanguageTool Wiki”. Wiki.languagetool.org (2014年4月15日). 2014年5月3日閲覧。