LP (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LP (エルピー)
LP WTMD LHCollins sms 06062014.jpg
基本情報
原語名 Laura Pergolizzi
出生名 Laura Pergolizzi (ローラ・ペルゴリッジ)
別名 LP
生誕
1981年3月18日
アメリカ合衆国・ニューヨーク州・ロングアイランド
出身地 アメリカ合衆国・ニューヨーク州・ロングアイランド
ジャンル
  • ポップ
  • ポップ・ロック
  • インディーズ・ポップ
職業 シンガー/ソングライター
担当楽器
  • ボーカル
  • ギター
  • ウクレレ
  • ハーモニカ
活動期間 2001–現在
レーベル ワーナーブラザーズ・レコード
公式サイト iamlp.com
LP テント音楽祭 2018 フライブルクドイツ

ローラ・ペルゴリッジ (1981年3月18日生)[1] はアメリカの ポップ シンガー-ソングライターで、ニューヨーク州ロングアイランド出身、ステージ名はLPである。彼女は2010にロサンゼルスに拠点を移した。[2] 三枚のアルバムとEPをリリースしている。 ソングライターとしては、シェールシェール・ロイドリアーナバックストリート・ボーイズクリスティーナ・アギレラなどに楽曲を提供している。[3]

歴史[編集]

幼少期とキャリア[編集]

ローラ・ペルゴリッジはイタリア系で、祖父達はナポリパレルモ出身である。彼女はロングアイランドのハンティントンからニューヨーク・シティに引っ越し、その際に名前を"LP"とした。[4] バンド Cracker (クラッカー)のDavid Lowery (デビッド・ロウリー)は彼女の演奏を見て、バンドの1998年リリースのアルバム Gentleman's Blues (ジェントルマンズ・ブルース)の隠されたトラック"Cinderella"(シンデレラ)に参加させた。 [5] ロウリーはその後彼女のデビューアルバム Heart-Shaped Scarのプロデュースをし、そのアルバムはKoch Recordから2001年にリリースされた。

LPの次のアルバム Suburban Sprawl & Alchohol (サバーバン・スプロール・アンド・アルコール)はLightswitch Records (ライトスイッチレコード)から2004年にリリースされた。 このアルバムではソングライターであり音楽プロデューサーである Linda Perry (リンダ・ペリー)とコラボレートした。 しかし、アルバムをプロモーションする広範囲なツアーと音楽評論家からのポジティブなレビューにもかかわらずヒットには至らなかった。[6]

2006-2010[編集]

2006年、LPはSouth by Southwest音楽祭に登場し、メジャーな音楽レーベルによる争奪戦になったが、結局L. A. Reidと彼のレーベルでUniversal Music Group(ユニバーサル・ミュージック・グループ)の Island Def Jam Music Group (アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ)と契約した。しかし、音楽性の違いから契約を破棄した。 2007年に、彼女がメジャーレーベル向けに制作したアルバムトラックで、インディーズ・レーベルであるSoBe Entertainment(ソービー・エンターテインメント)と契約した。 "Love Will Keep You Up All Night"(ラブ・ウィル・キープ・ユー・アップ・オール・ナイト)は彼女がBilly Mann(ビリー・マン)と共にIsland Def Jam Music Groupにて制作した曲の一つで、Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)の2007年にリリースされたアルバム Unbreakable(アンブレイカブル)に収録された。 LPが作成・演奏した"Wasted"(ウェイステッド)は彼女のアルバム Suburban Sprawl & Alchohol (サバーバン・スプロール・アンド・アルコール)の収録曲で、The N、現在のTeenNickの"South of Nowhere"(サウス・オブ・ノーホエア)のテーマソングに採用された。 MTVThe Hills(ザ・ヒルズ)は2010年中頃にLPの曲"Damage Is Done"(ダメージ・イズ・ダーン)を採用し、この曲はiTunesにリリースされた。 2009年からLPは他のアーティスト向けの楽曲提供を開始し、Heidi MontagのアルバムSuperficial(スーパーフィシャル、ワーナーミュージック)では広範囲の曲を提供している。彼女はシングル"More Is More"(モア・イズ・モア)、アルバム中の曲"Twisted"(トウィステット)、"Hey Boy"(ヘイ・ボーイ)、"Love It or Leave It"(ラヴ・イット・オア・リーヴ・イット)を共同制作している。 さらに彼女はMontagにあるいはMontagと共同で、Cathy Dennis(キャシー・デニス)と共に"Look How I'm Doin"(ルック・ハウ・アイム・ドゥイン)、"I Do This"(アイ・ドゥ・ディス)、"Who's That Girl"(フーズ・ザット・ガール)を制作した。 Alexander Kronlundと制作した"Standing Where You Left Me"(スタンディング・ホエア・ユー・レフト・ミー)はErik Hassle(エリック・ハッスル)のUKでのデビューアルバム Pieces(ピーシズ、Roxy/EMI/Universal)に収録された。

2010年-2012年[編集]

2010年8月、LPはRedOneのレコードレーベル、2101 Recordsと契約したことが発表された。

彼女のソングライターとしての最初の大きな成功は、2010年11月12日にDef  Jam RecordingsからリリースされたRihanna(リアーナ)の5枚目のスタジオアルバムLoud(ラウド)に収録された、"Cheers (Drink to That)"の共同制作であった。 MTVニュースでの2010年のインタビューでRihannaは””Cheers"が好き。このアルバムの中で一番好きな曲の一つよ。この曲はお祝いされたような気持ちにさせてくれる。外に出て飲みたいと思わせるの...みんな週末を待てないわよ"と語った。[7]

LPのメジャーレーベルでのソングライターとしての成功は、Christina Aguileraの"Beautiful People"(ビューティフル・ピープル)でも続いた。 この曲は 2010年11月22日にRCAレコードからリリースされたBurlesque: Original Motion Picture Soundtrackアルバムにも収録された。

2011年6月、LPは NBCの番組The VoiceのファイナリストVicci Martinezによって歌われた"Afraid to Sleep"を共同制作し、iTunesのトップシングルチャート10位を記録した。 2011年9月、彼女はWarner Bros. Recordsと契約した。そのすぐあと、LPによって作詞作曲・演奏された"Into the Wild"はCitibankのテレビ放送全国キャンペーンにも採用された。 2012年4月、彼女は最初のメジャーアルバム で5曲の延長演奏を収録した"Into the Wild: Live at EastWest Studios"をリリースし、SXSW, BonnarooLollapalooza,  Bumbershoot, Tropfest, Tokyo Sonic Boom, ロンドンのハイドパークなどのフェスティバルを含む広範囲なツアーを開始した。 2012年、彼女は女性として初めてMartin Guitarのアンバサダーとなった。[8]

2013年–現在[編集]

2012年5月、彼女は雑誌Vogueにアーティスト・オブ・ザ・ウィークとして掲載された。 その2年後、彼女は3枚目のアルバムを録音し、そのアルバムではBilly Steinberg, Isabella "Machine" Summers (Florence and the Machineより), Josh Alexander, Claude Kelly, Justyn Pilbrow, Carl Ryden, Rob Kleinerらとコラボレーションした。 このアルバムはWarner Bros. Recordsの会長兼プロデューサーのRob Cavalloによってプロデュースされた。 2014年4月1日、LPの3枚目のフル・スタジオ・アルバムタイトルはForever for Nowで、2014年6月3日にリリースされる予定であることが公表された。このアルバムはリードシングル"Night Like This"によってプロモーションされた。 このアルバムに続いて、セカンド・シングル"Someday"がカナダで2014年6月にリリースされた。 2014年9月16日、"Tokyo Sunrise"のミュージックビデオがTime magazineのWebサイトで初公開された。[9]

2015年9月、LP44枚目のスタジオアルバムからのファースト・シングル"Muddy Waters"が先行リリースされた。  2016年6月、この曲はNetflixのオリジナルドラマシリーズOrange Is The New Blackの暴力的で感情的なエンディングシーンに採用された。 11月にはセカンド・シングル"Lost on You"が彼女がNo Vacancy Clubでの公演中にリリースされた。[10] これら2曲とも、Mike Del Rioとの共同制作である。 2016年6月17日、シングル"Death Balley"がリリースされた。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

アルバムの一覧と主なチャート順位
タイトル アルバム概要 チャート最高位 売上枚数 認定
US
[11]
US
Heat

[11]
US
South

[11]
AUT
[12]
BEL
(Wa)

[13]
FRA
[14]
ITA
[15]
POL
[16]
SPA
[17]
SWI
[18]
Heart-Shaped Scar
Suburban Sprawl & Alcohol
  • リリース: 2004年6月29日
  • レーベル: Lightswitch Records
  • 形式: CD、デジタルダウンロード
Forever for Now 132 2 5 73
Lost on You 34 6 6 8 5 2 7
"—" はその地域ではチャートインしなかったか最初から発売されなかったことを示す。

EP盤[編集]

EP盤の一覧と主なチャート順位
タイトル 概要 チャート最高位 売上枚数 認定
US
Heat

[11]
US
South

[11]
FRA
[24]
POL
[25]
SWI
[18]
Into the Wild: Live at EastWest Studios
  • リリース: 2012年4月24日
  • レーベル: Warner Bros. Records
  • 形式: CD/DVD、LP、デジタルダウンロード
6 6
Spotify Sessions[26] N/A
Death Valley[27]
  • リリース: 2016年6月17日
  • 形式: デジタルダウンロード
75 4 41

シングル[編集]

シングルの一覧と主なチャート順位
タイトル チャート
最高順位
認定 アルバム
US
Rock

[29]
AUT
[30]
BEL
(Wa)

[13]
FRA
[24]
GRE
[31]
ITA
[32]
JPN
[33]
POL
[34]
SPA
[35]
SWI
[18]
"Into the Wild"
(ライブ)
2012 Into the Wild: Live at EastWest Studios
"Into the Wild" Forever for Now
"Night Like This"[36] 2014 35
"Someday"[37]
"Muddy Waters"[38] 2015 42 168
[39]
Death Valley and Lost on You
"Lost on You"[40] 45 4 1 1 1 5 1 9 5
"Other People"[45] 2016 67 116
[39]
5
[46]
45
[47]
7

その他のチャート入りした曲[編集]

タイトル チャート
最高位
アルバム
FRA
[24]
"Tightrope" 2016 55
[48]
Lost on You

作曲作品[編集]

タイトル アーティスト アルバム レーベル
Love Will Keep You Up All Night" 2007 Backstreet Boys Unbreakable Jive
"Standing Where You Left Me" 2010 Erik Hassle Taken EP Roxy/EMI/Universal
"More Is More" Heidi Montag Superficial Warner Bros.
"Twisted" Heidi Montag Superficial Warner Bros.
"Hey Boy" Heidi Montag Superficial Warner Bros.
"Love It or Leave It" Heidi Montag Superficial Warner Bros.
"Beautiful People" Christina Aguilera Burlesque: Original Motion Picture Soundtrack RCA Records
"Cheers (Drink to That)" 2011 Rihanna Loud Island Def Jam
"You Don't Get to Know" Hitomi Avex/Japan
"Waiting Outside the Lines" Remix Greyson Chance featuring Charice Geffen
"Afraid to Sleep" Vicci Martinez (The Voice) Universal Republic
"I'm Still Hot" Luciana Violent Lips
"Happening" 2012 Chiddy Bang EMI Records
"Hi-Roller Baby" Joe Walsh Analog Man Concord Music
"Shine Ya Light" Rita Ora Ora Roc Nation
"Lolita" The Veronicas Sire Records
"Fingerprint" Leona Lewis Glassheart Sony Music
"Red" 2013 Cher Closer to the Truth Warner Bros.
"Pride" Cher Closer to the Truth Warner Bros.
"Tidal Wave" 2014 Karmin Pulses Epic
"Human" Cher Lloyd Sorry I'm Late Epic
"Line of Fire" The Veronicas The Veronicas Sony Music
"Mirror Man" 2015 Ella Henderson Chapter One Syco

注釈[編集]

  1. ^ 2016年9月時点のアメリカ合衆国における「Forever for Now」の売上。[19]
  2. ^ 2016年9月時点のアメリカ合衆国における「Death Valley」の売上枚数。[19]

脚注[編集]

  1. ^ "Listen Up: LP". Elle. August 30, 2012. Retrieved July 14, 2013.
  2. ^ Gumbrecht, Jamie (2012年4月24日). “Songwriter LP goes into the wild -- as a singer”. CNN. http://www.cnn.com/2012/04/24/showbiz/lp-into-the-wild-music/index.html 2013年7月14日閲覧。 
  3. ^ Graff, Gary (June 3, 2014). "LP focuses on LP with First Album in a Decade". Billboard. Retrieved 2017/04/03. Check date values in: |accessdate= (help)
  4. ^ a b "Not a tomboy in a dress: after walking away from a contract at Island Records, lesbian rocker L.P. returns to her androgynous roots with her anticipated third album". thefreelibrary.com. Retrieved July 14, 2013.
  5. ^ "News". lprock.com. Retrieved November 15, 2013.
  6. ^ Marti, Kris Scott (October 27, 2004). "AfterEllen.com - Review of L.P.'s Suburban Sprawl & Alcohol". afterellen.com. Archived from the original on April 4, 2007. Retrieved April 5, 2016.
  7. ^ Vena, Jocelyn (November 17, 2010). "Rihanna Glad Avril Lavigne Appears On Loud's 'Cheers'". MTV. Retrieved July 14, 2013.
  8. ^ "Martin Guitar Ambassador". iamlp.com. May 10, 2012. Retrieved July 14, 2013.
  9. ^ Feeney, Nolan. "Catch a 'Tokyo Sunrise' With LP and Her New Video: Premiere". Time. Retrieved September 16, 2014.
  10. ^ "LP's New Tune "Muddy Waters" Is a Sultry Prowl of a Song". NOISEY. Retrieved December 13, 2015.
  11. ^ a b c d e "LP - Chart history". Billboard. Retrieved September 18, 2016.
  12. ^ "Ö3 Austria Top40: Longplay-Charts - Ö3 Charts".
  13. ^ a b "LP - Lost On You".
  14. ^ "Le Top de la semaine : Top Albums Fusionnes - SNEP (Week 50, 2016)" (in French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. Retrieved December 20, 2016.
  15. ^ "Album – Classifica settimanale WK 50 (dal 2016-12-09 al 2016-12-15)" (in Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. Retrieved December 20, 2016.
  16. ^ Peak chart positions for studio albums in Poland:
  17. ^ "TOP 100 ALBUMES — SEMANA 50: del 09.12.2016 al 15.12.2016" (in Spanish). Productores de Música de España. Retrieved December 21, 2016.
  18. ^ a b c "Discographie LP – hitparade.ch". Hung Medien. Retrieved August 29, 2016.
  19. ^ a b c Stutz, Colin (2016年9月23日). “LP's 'Lost on You' Finds Unexpected Success in Greece, Launching a European Hit”. Billboard. 2016年11月8日閲覧。
  20. ^ a b "Certification criteria" (in Polish). ZPAV. Retrieved December 14, 2016.
  21. ^ "Italian album certifications – LP – Lost on You" (in Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. Retrieved 20 February 2017. Select Album e Compilation in the field Sezione. Enter LP in the field Filtra. Select 2017 in the field Anno. The certification will load automatically
  22. ^ "Polish album certifications – LP – Lost on You" (in Polish). ZPAV. Retrieved December 14, 2016.
  23. ^ "Les Certifications - SNEP". Syndicat National de l'Édition Phonographique. Retrieved February 7, 2017.
  24. ^ a b c "Discographie LP" (in French). Hung Medien. Retrieved November 4, 2016.
  25. ^ "OLiS – sales for the period 16.09.2016 – 22.09.2016". OLiS. Retrieved September 29, 2016.
  26. ^ "Spotify Sessions EP Release". Facebook. October 2, 2012. Retrieved March 6, 2015.
  27. ^ "Death Valley - EP by LP on Apple Music". Apple Inc. Retrieved September 6, 2016.
  28. ^ "Polish album certifications – LP – Death Valley" (in Polish). ZPAV. Retrieved January 25, 2017.
  29. ^ "Chart Search - Billboard".
  30. ^ Hung, Steffen. "LP - Lost On You".
  31. ^ "Billboard Chart Search - LP". Billboard. Retrieved July 10, 2016.
  32. ^ "Classifica settimanale WK 39" (in Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. Retrieved October 1, 2016.
  33. ^ "Chart Search | Billboard". www.billboard.com. Retrieved June 27, 2016.
  34. ^ Peak chart positions for Poland:
  35. ^ Hung, Steffen. "spanishcharts.com - LP - Lost On You".
  36. ^ "Night Like This - Single by LP". iTunes (CA). Retrieved November 16, 2015.
  37. ^ "Someday - Single by LP". iTunes (CA). Retrieved November 16, 2015.
  38. ^ "Muddy Waters - Single by LP". iTunes (US). Retrieved November 16, 2015.
  39. ^ a b "Le Top de la semaine : Top Singles Téléchargés - SNEP (Week 48, 2016)" (in French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. Retrieved December 3, 2016.
  40. ^ Kaye, Ben (November 16, 2015). "LP shares new single "Lost on You" — listen". Consequence of Sound. Retrieved November 16, 2015.
  41. ^ a b "FIMI - Certificazioni". Federazione Industria Musicale Italiana. Retrieved September 15, 2016.
  42. ^ “The Official Swiss Charts and Music Community: Awards (LP)”. Swisscharts.com (Switzerland: Hung Medien). http://www.swisscharts.com/search_certifications.asp?search=LP 2016年11月30日閲覧。 
  43. ^ "Les Certifications - SNEP". Syndicat National de l'Édition Phonographique. Retrieved December 15, 2016.
  44. ^ "Polish single certifications – LP – Lost on You" (in Polish). Polish Society of the Phonographic Industry. Retrieved November 16, 2016.
  45. ^ "Other People - Single di LP". Apple Music. November 11, 2016. Retrieved November 28, 2016.
  46. ^ "Official IFPI Airplay Chart - 8η εβδομάδα (20/02/2017 - 26/02/2017)".
  47. ^ "Classifica settimanale WK 50" (in Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. Retrieved December 20, 2016.
  48. ^ "Le Top de la semaine : Top Singles Téléchargés - SNEP (Week 49, 2016)" (in French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. Retrieved December 10, 2016.

外部リンク[編集]