LOVE ME DO (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

LOVE ME DO』(らぶみーどぅ)は新条るる4コマ漫画作品。芳文社の雑誌『まんがタイムきらら』(月刊)で2002年の創刊号(7月号)から2005年9月号まで連載された。また、メディアックスの雑誌『まんがドカン小町』(創刊号のみで廃刊)にスピンオフ作品の『metal friends』が掲載された。

作品概要[編集]

杉浦譲治(通称:ジョージさん)は、幼な妻の(通称:アイ)に、結婚記念日のプレゼントとして“お手伝いさん”をねだられたので、人間そっくりの犬型メイドロボ門左衛門(通称:モンちゃん)を買ってきた。家事をこなすという点においては優秀なモンちゃんだが、人間味にも溢れすぎているために……? 「人生の基盤が『痴人の愛』(谷崎潤一郎)」と自ら述べる著者が、愛とは何であるかを読者に問い掛けつつ、3人の日常――それが理想的か否かは判断が分かれるが――を描く。

主な登場人物[編集]

杉浦愛(すぎうら あい)
通称:アイ。16歳(夫とは15歳差)。3月13日生まれ。血液型B型。身長150cm、体重40kg。
職業が何であるかを敢えて書くとすれば「専業主婦」になるが、実際には全ての家事をモンちゃんに任せ、自分は何もせずに毎日怠惰に過ごしている。近眼で、小さなゴミは気にならないので、掃除もしない。稀にジョージさんのために何か作ったかと思えば、途方もない対価を要求する(カレーを作って一戸建ての家を要求、バレンタインチョコでお礼50倍返し、など)。“悪魔のほほえみ”でジョージさんを元気付けるなど、夫を完全に手玉に取っている。
中学3年の冬に、高校受験をしなくて済むようにと結婚を決意。担任に、金持ちで嫁を募集している人を紹介してもらうよう頼み、ジョージさんと出会う。
金に異常に執着し、「人生とはカネだ! カネが全て!!」という発言も。
テレビゲームは上手で、1と2しか出ないサイコロを手作りしたり、など手先は器用。本人曰く、自分の才能は、社会的評価を受けないものでしか発揮できないという。
練乳はチューブから直接吸うほど大好き。
杉浦門左衛門(すぎうら もんざえもん)
通称:モンちゃん7月26日製造。21世紀に発明された犬型メイドロボ。
ロボットであるということになっているが、実際の外見はもちろん、言語活動や行動も人間と殆ど変わらない。耳と尻尾があることだけが“犬型”であることを辛うじて示している。韓国製。エネルギー源は電池で、単3電池1本で10年は動くという。近所のホームセンターで特売品として680円(税抜)で売られていた。手足も頭部もバラバラにして、トランクに入れて持ち運べる。気温などのセンサーがあり寒暖を感知できるが、噴火口に飛び込んでも液体窒素で凍結させられても平気。泳ぐこともできるが、常に泳いでいないと重さで沈んでしまう。驚くと耳が動く。メモリ増設や機能拡張なども可能で、“目からビーム”もインターネットサイトからダウンロードして身に付けた。
第1話目から、初対面の2人に対して「金と過保護でつながる希薄な縁」と評する毒舌家。
肉じゃがなどの家庭料理が得意。車の運転も可能(ただし無免許)。マッサージや整体、足底療法などもできる。資産運用もこなし、ジョージさんの知らないうちに家の購入を可能にした。
連載が進むにつれ、誰も見ていないからと掃除をさぼろうとしたり、アイには安い梨(6個398円)を食べさせ自分は内緒で高価な梨(1個268円)を食べたりなど、着実に人間らしくなってきている。一方で、黒豆を完璧に作るために3日間不眠不休で調理に取り組んだり、下手なテレビゲームを全力で練習して家事を忘れるなど、何かに熱中することも多い。何も食べなくても平気、という設定だが、いつの間にか皆と一緒に食事をするのが普通になっている。
時折、「スイカ食べますか?」などと駄洒落を発する。
杉浦譲治(すぎうら じょうじ)
通称:ジョージさん。31歳。10月30日生まれ。血液型O型。システムエンジニア。(「譲治」という名前は『痴人の愛』の主人公と同じ。)
面食い(ロリコン?)で、可愛いからという理由だけでアイと結婚した。妄想癖もある。本人曰く、アイの笑顔を見せられたら、罠だとわかっていても飛びこんでしまうとか。
本作品の不幸をすべて背負っており、アイからは常に様々なものを搾取されている。アイとモンちゃんが旅行に出掛けて自分は置き去りにされても、むしろ1人になったことの幸せを感じてしまうほど。
花粉症。スキーに行けば風邪を引いたり怪我をしたり、山に行けば熊に追われ、泳ぎに行けばクラゲが季節を問わず出る。しかし、スキーは国体に出た(本人曰く「出ただけ」)というだけあって得意でもある。
はなにゃん
杉浦家の隣に住む小説家(女性)。本名不明。かなり稼いでいるらしい。
レモン用の“うさ耳”を、本人が付けるのを嫌がるため、代わりにいつも付けている。
レモン
はなにゃんのボディーガード用ロボット。外見・言語活動・行動は人間の男性と変わらない。
モンちゃんよりも高性能らしく、“口からバズーカ砲”などの機能ももつ。但し、ボディーガードとして役に立っているとは言い難い。

書誌情報[編集]

  • 単行本 - 芳文社から「まんがタイムKRコミックス」として刊行されている。
    1. 第1巻(2004年4月10日発行) ISBN 4-8322-7506-2
    2. 第2巻(2005年8月10日発行) ISBN 4-8322-7543-7