LOVE ALBUM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LOVE ALBUM
サニーデイ・サービススタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル Q&A COMMUNICATIONS ⁄ MIDI
プロデュース 高野勲
杉浦英治
曽我部恵一
チャート最高順位
サニーデイ・サービス アルバム 年表
MUGEN
1999年
LOVE ALBUM
2000年
PARTY LOVE ALBUM
(2000年)
EANコード
EAN 4988034204815
ASIN B000056B4E
JAN 4988034204815
『LOVE ALBUM』収録のシングル
  1. 夜のメロディ/恋は桃色
    リリース: 2000年5月24日 (2000-05-24)
  2. 魔法
    リリース: 2000年7月26日 (2000-07-26)
テンプレートを表示

LOVE ALBUM』(ラヴ・アルバム)は、2000年9月20日に発売されたサニーデイ・サービス通算7作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

サニーデイ・サービス解散前最後のスタジオ・アルバム。曽我部恵一は後に「この頃は、もうバンド間がバラバラだから何がしたいのか分からなかった。『LOVE ALBUM』は周りが作ってくれたみたいな感じだった。“3人で出来る事はもうないんじゃないか”っていうところで、じゃあ何をしようっていうのはあったけど。俺は『MUGEN[注 1]のあと正直何も感じてなかったですね、バンドに対して。振り返ると実は『24時[注 2]からそうなんだけどね。いまだと同じテンションで何十枚も作れるんだけど、この頃にはそれが出来なかった。この3人の関係性とか、お客さんの望むものとかも含めてすごい悩んでいて、『サニーデイ・サービス[注 3]はすごくいい形で作品になっていたし、聴く人との関係もすごくバランスが取れていたんだけど、その先はあまりうまくいかなくなっていった。当時は自分たちを大切に聴いてくれている人たちの事なんてまったく考えなかったですね」[2]と振り返っている。

先行シングル「夜のメロディ/恋は桃色[注 4]以降、共同プロデューサーに高野勲と杉浦英治を迎え、本格的に打ち込みを取り入れたサウンド・プロダクションを展開。その結果本作では半数以上が打ち込み曲となり、これまでにはなかった内容だったが、「打ち込みはやらない」というバンドの約束事を破ってしまったことになり、結果としてバンドの終焉を早める要因となってしまったと言われる。

この頃、ドラムの丸山晴茂はほとんどレコーディング・スタジオに顔を出さず、本作にあまり参加していない[注 5]。従って生のドラムはほとんどサポートドラマーが叩いている。曽我部はこのアルバムのツアーでバンドの良い状態を取り戻せれば、と思っていたらしいが、彼自身がライブのリハーサルに来ないなど、良い方向に傾くことはなく、ツアー中に解散を発表。12月14日新宿リキッドルームでのライブをもって一度、解散する。

「夜のメロディ」は後にベスト・アルバム『Best Sky[注 6]に収録された。また、本作収録曲の中から6曲がセレクトされた、杉浦によるリミックス・アルバム『PARTY LOVE ALBUM[注 7]が同年10月に限定発売された。

収録曲[編集]

  1. INTRO* – (2:38)[3]
  2. 夜のメロディ(4:38)[3]
  3. 胸いっぱい(4:02)[3]
  4. 万華鏡(4:29)[3]
  5. 恋は桃色(7:02)[3]
  6. INTERLUDE* – (1:17)[3]
  7. 魔法(6:00)[3]
  8. LET'S MAKE LOVE(4:28)[3]
  9. パレード(8:55)[3]
  10. うぐいすないてる(5:05)[3]
  11. 愛のシーン(4:00)[3]
  12. OUTRO* – (2:46)[3]
  13. WILD WILD PARTY(4:20)[3]
* Instrumental
ALL SONGS WRITTEN BY KEIICHI SOKABE
EXCEPT M-5 WRITTEN BY HARUOMI HOSONO

クレジット[編集]

SOUND : 曽我部恵一、田中貴、丸山晴茂、高野勲、杉浦英治、細野しんいち、三原重夫、平泉光司、武田俊久、矢野誠、四家卯大、マック清水、玉城亜弥、中村ジョー
RECORDING : 沖山俊、吉満宏之、伊藤優子、田中信義、浅野ちゃら、松林正志、柏井日向、湊雅行
MIXING : 北村秀治 (M-1,12)、高山徹 (M-2,9)、山口州治 (M-3)、植松豊 (M-4)、イリシットツボイ (M-5,8)、松林正志 (M-6,10)、上原キコウ (M-7)、吉満宏之 (M-11)、宮原弘貴 (M-13)
MASTERING : 北村秀治
ART : 小田島等、松下佐紀子
PHOTO : 住田芽衣
A&R : 渡邊文武
MANAGEMENT : 仲田裕美
EXECUTIVE PRODUCER : 大蔵博
PRODUCED BY 高野勲、杉浦英治、曽我部恵一

リリース日一覧[編集]

地域 リリース日 レーベル 規格 カタログ番号
日本 2000年9月20日 (2000-09-20) Q&A COMMUNICATIONS ⁄ MIDI CD MDCL-1393 (QA004C)
2LP CXLP-1028/29 (QA003R)(完全生産限定盤)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ MUGEN』 CD:1999年10月20日発売 MIDI MDCL-1356, LP:1999年12月25日発売 MIDI CXLP-1024
  2. ^ 24時1998年7月15日発売 MIDI CD:MDCL-1332
  3. ^ サニーデイ・サービス1987年10月21日発売 RHYME ⁄ MIDI CD:MDCL-1321
  4. ^ 夜のメロディ/恋は桃色2000年5月24日発売 Q&A COMMUNICATIONS ⁄ MIDI CD:MDCS-1042 (Q&A001C), 12inch EP:CXLP-1026 (Q&A001R)
  5. ^ 「魔法」のPVでは、演奏シーンに登場している。
  6. ^ Best Sky』 CD:2001年5月23日発売 MIDI MDCL-1407, 2LP:2001年6月25日発売 CXLP-1039/40
  7. ^ PARTY LOVE ALBUM2000年10月6日発売 Q&A COMMUNICATIONS ⁄ YOROSHITA MUSIC CD:CXCI-1019 (QA006C), 12inch EP:QA004R

出典[編集]

  1. ^ 【CD】サニーデイ・サービス/LOVE ALBUM” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2018年3月17日閲覧。
  2. ^ 『splash!!』volume 03(双葉社)pp.172-175、2010年5月23日発行
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m LOVE ALBUM” (日本語). Amazon.co.jp. Amazon.com, Inc.. 2018年3月17日閲覧。

外部リンク[編集]