LFO (電子楽器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LFO(Low Frequency Oscillator)は(主に)人間の可聴域よりも低い周波数の波を発振する装置やモジュール。特にシンセサイザーの変調用として多用される。

シンセサイザー[編集]

シンセサイザーの各モジュールに対する変調用の信号源としてLFOはよく使われる。LFOはあくまでも超低域の周波数を発振するだけなので、これだけでは何の役にも立たない。LFOで発振された低周波信号は必ず他のモジュールに入力されて使われる。この場合の入力や出力、信号といった概念は論理的であるか物理的であるかを問わない。

発振される波形も正弦波三角波矩形波など数種類がある。


代表的な用途を以下に挙げるが、これ以外にも発想しだいで無限の用途がある。

代表的な用途[編集]

オシレーター[編集]

LFOを、オシレーター音高を制御する入力へ接続する。この場合、オシレーターはピッチを制御する入力を複数備えているものを使うか、あるいは同等の回路を用意しなければならない。 基本のピッチを制御する信号にLFOで発振された低周波が合成されることにより、音程が周期的に変化するビブラートの効果を得ることができる。 この効果をモジュレーションといったりもする。

フィルター[編集]

LFOを、フィルターのカットオフ周波数を制御する入力へ接続する。 フィルターの開閉具合がLFOから発振される低周波に従うので、連続的に開閉するフィルターを得ることができる。 フィルターのレゾナンスを高めに設定すればワウ効果になる。

アンプ[編集]

LFOを、アンプの音量を制御する入力へ接続する。 音量の変化がLFOから発振される低周波に従うので、トレモロや音量が変化するビブラートの効果を得ることができる。

パン[編集]

LFOを、パンを制御する入力へ接続する。 音声信号の定位が周期的に変化する効果を得ることができる。

遅延素子[編集]

BBDやデジタルディレイなどの遅延素子のクロックをLFOで変調することにより、コーラス、フランジャーなどの効果を得ることが出来る。矩形波で変調した場合、ピッチチェンジャー的な効果も可能である。

関連項目[編集]