LCRメータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンディLCRメータ

LCRメータとは、電子部品回路インピーダンスを計測するための計測器。

概要[編集]

LCRメータはインピーダンスと呼ばれる物理量を測定する計測器で複素平面上のベクトルとして表現されるので、LCRメータでは、電流実効値と電圧実効値の比だけでなく電流波形と電圧波形の位相差を測定する[1]

かつてはアナログ式が主流だったが、近年ではデジタル式が主流になっており、価格も低価格化して多機能化されつつある。またパーソナルコンピュータに接続してデータを転送したりする機能を備える機種もある。

用途[編集]

インダクタコンデンサ抵抗器のような受動部品物理量測定に使用され、開発、試験、品質管理等に使用される。

メーカー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]