LAST KISS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

LAST KISS』(ラスト・キス)は、佐藤ケイの著、高梨ひつじイラストによるライトノベル。2002年に電撃文庫より刊行された。

あらすじ[編集]

重病を患っている中学2年生の少女、井崎由香は、夏休みに一時退院をする。兄の智弘は、幼馴染の夏尾香奈子(かんネェ)と共に由香とひと夏を過ごすことになる。それまでほとんど智弘に会うことがなかった由香は、最初やや戸惑いを隠せずにいたが、次第に打ち解けていき、少しずつ智弘への気持ちが変わっていった。同時に、夏尾への気持ちも変わっていった。

登場人物[編集]

井崎 智弘(いざき ともひろ)
主人公。由香の義兄。この物語のほとんどは、彼のナレーション形式になっている。流暢な関西弁を話す。
井崎 由香(いざき ゆか)
智弘の義妹。中学2年生だが、精神年齢は小学生並み。重病(再生不良性貧血)を患っている。
幼い頃に両親が死亡し、井崎家に養子としてやって来た。そのため、骨髄移植をするにも、HLAが適合する者がおらず、病に侵され続けながら生きている。
夏尾加奈子(なつお かなこ)
智弘、由香の幼馴染。通称「かんネぇ」。高校生でありながら無免許で自動車を運転している。