LAPAN-TUBSAT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

LAPAN-TUBSATインドネシア初の地球観測衛星

概要[編集]

インドネシア国立航空宇宙研究所(LAPAN)とドイツのベルリン工科大学(TU Berlin)との共同ミッションで、LAPAN側が衛星の技術提供を受けた。

ベルリン工科大学のDLR-TUBSATドイツ語版をベースとし、縦横45cm、高さ27cmほどの超小型衛星で、高解像度カメラ1台と低解像度カメラ1台の計2台を搭載している。3軸姿勢制御を採用し、設計寿命は1年。

2007年1月10日にインドPSLVロケットによって打ち上げられ、高度637kmの太陽同期極軌道に投入された。

技術的実験、地球観測、姿勢制御実験を行った。後継機となるLAPAN-A2の開発が進められている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]