LANI KAI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LANI KAI
TUBEスタジオ・アルバム
リリース
録音 2000年
日本の旗 日本アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル J-POP
レーベル Sony Music Associated Records
プロデュース TUBE
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2000年8月度月間6位(オリコン)
  • 2000年度年間64位(オリコン)
  • 登場回数9回(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • ゴールド(韓国、台湾)
  • TUBE アルバム 年表
    TUBEst III
    2000年
    LANI KAI
    2000年
    Soul Surfin' Crew
    2001年
    『LANI KAI』収録のシングル
    1. Truth of Time
      リリース: 2000年4月12日
    2. 虹になりたい
      リリース: 2000年6月28日
    テンプレートを表示

    『LANI KAI』(ラニ・カイ)は、2000年(平成12年)7月20日発売のTUBE20作目のオリジナル・アルバムである。

    概要[編集]

    • オリジナルアルバムとしては『Blue Reef』から1年1ヵ月ぶりとなる。(2ヶ月前にはベストアルバム『TUBEst III』が発売されている。)
    • 大ヒット曲の先行シングル「虹になりたい」「Truth of Time」を含め11曲を収録した。
    • 全作品において「HEAT WAVER」や「Bravo!」に並んでタイアップ付きが多いアルバムである。
    • 今作品は初回生産限定盤などの区別や仕様がない。(後の2003年(平成15年)発売のOASISもそうである。)
    • 5曲目の「OVER the TEARS」は当時前田亘輝がテレビに出演していた時に、アメリカ西海岸で「その時の自分は風を感じていた」ということからサビの部分の「風を感じていた」が生まれたと話していた。
    • 前作に並んで売り上げが伸び並んだ。次作の「Soul Surfin' Crew」もそうである。
    • アルバムのキャッチフレーズは「たどり着いたのは、天国の海~魂の夏」
    • 今作を引っ提げて恒例の野外ライブツアー「JAPAN TELECOM TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2000 LANI KAI」がナゴヤ球場横浜スタジアム阪神甲子園球場の3か所で開催された。

    収録曲[編集]

    1. LANI KAI~天国の海~
    2. 真夏へCount Down
    3. Truth of Time
    4. -恋愛旅団-
    5. OVER the TEARS
    6. 真っ黒K3
    7. 僕が僕であるために
    8. Treasure Island
    9. What`s Love?君は知らない
    10. Half Moon
    11. 虹になりたい (Extra Dry Mix)