L.A. (ライト・アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L.A.(ライト・アルバム)
ザ・ビーチ・ボーイズスタジオ・アルバム
リリース 1979年3月19日
録音 1978年7月 - 11月
Good Timin' 」: backing track 1974年
ジャンル ロック
時間 41分33秒
レーベル カリブ・レコード/
CBSレコード
プロデュース ブルース・ジョンストン,
ザ・ビーチ・ボーイズ
ジェームズ・ガルシオ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 32位(イギリス[1]
  • 100位(アメリカ[2]
ザ・ビーチ・ボーイズ 年表
M.I.U. アルバム
1978年
L.A.(ライト・アルバム)
1979年
キーピン・ザ・サマー・アライヴ
1980年
テンプレートを表示

L.A.(ライト・アルバム)』 (L.A. (Light Album)) は、1979年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズのアルバム。リプリーズ・レコードからCBS傘下のカリブ・レコードに移籍して第1弾のアルバム。彼らのレーベル、ブラザー・レコードは経営を続けていたが、当時の彼らのマネージャー、シカゴの元プロデューサーであったジェームズ・ガルシオは自身のレーベルであるカリブ・レコードにビーチ・ボーイズを移籍させ、ブラザー・レコードと共にアルバム配給する契約を行った。

本作ではブルース・ジョンストンが共同プロデュースを行い、バンドに復帰した。マイク・ラブ作の「想い出のスマハマ」は日本をイメージして作られた作品であり、ジャケットにも奇妙な芸者や武士のイラストが描かれ、欧米人の日本観というものがかいま見られる。歌詞も一部奇妙な日本語で歌われているが、「スマハマ」は「砂浜」の誤りではなく神戸市須磨区の浜辺を指している[3]。「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」は『ワイルド・ハニー』に収録された同曲のロング・ディスコ・ヴァージョンである。

デニスの提供した2曲「ベイビー・ブルー」「ラヴ・サラウンズ・ミー」は、内容がコマーシャル性に欠けるという理由で、CBSに発売を拒否された彼の2作目のソロ・アルバム『バンブー』から、リミックスの上転用されたものである。この2曲がデニスにとって、ビーチ・ボーイズで発表した最晩年のオリジナル曲となった。

このアルバムからは「グッド・タイミン」、「レディ・リンダ」、「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」がシングルカットされているが、中でもアル・ジャーディンの作品「レディ・リンダ」は、全英シングルチャート7位のヒットを記録した。

このアルバムの演奏クレジットには、外部ミュージシャンが名を連ねており、ブルース・ジョンストン以外のビーチボーイズのメンバーはほとんど演奏していない。

曲目[編集]

  1. グッド・タイミン - Good Timin' (Brian Wilson/ Carl Wilson) 2:12
  2. レディ・リンダ - Lady Lynda (Alan Jardine/ Ron Altbach) 3:58
  3. フル・セイル - Full Sail (Carl Wilson/Geoffrey Cushing-Murray) 2:56
  4. エンジェル・カム・ホーム - Angel Come Home (Carl Wilson/ Geoffrey Cushing-Murray) 3:39
  5. ラヴ・サラウンズ・ミー - Love Surrounds Me (Dennis Wilson/Geoffrey Cushing-Murray) 3:41
  6. 想い出のスマハマ - Sumahama (Mike Love) 4:30
  7. ヒア・カムズ・ザ・ナイト - Here Comes the Night (Brian Wilson/Mike Love) 10:51
  8. ベイビー・ブルー - Baby Blue (Dennis Wilson/Gregg Jacobson/Karen Lamm) 3:25
  9. ゴーイン・サウス - Goin' South (Carl Wilson/Geoffrey Cushing-Murray) 3:16
  10. ショートニン・ブレッド - Shortenin' Bread (Adapted by Brian Wilson) 2:49

脚注[編集]

  1. ^ BEACH BOYS | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
  2. ^ L.A. (Light Album) - The Beach Boys : Awards : AllMusic
  3. ^ 2012年(平成24年)9月14日放送の「探偵ナイトスクープ」でマイク・ラブが明言。須磨勝手に観光協会

外部リンク[編集]