L.A.ストーリー/恋が降る街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
L.A.ストーリー/恋が降る街
L.A. Story
監督 ミック・ジャクソン
脚本 スティーヴ・マーティン
製作 ダニエル・メルニック
マイケル・ラックミル
製作総指揮 マリオ・カサール
スティーヴ・マーティン
出演者 スティーヴ・マーティン
ヴィクトリア・テナント
音楽 ピーター・メルニック
撮影 アンドリュー・ダン
編集 リチャード・A・ハリス
製作会社 カロルコ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年2月8日
日本の旗 1992年3月7日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $28,862,081[1]
テンプレートを表示

L.A.ストーリー/恋が降る街』(エル・エー・ストーリー/こいがふるまち、原題:L.A. Story)は、1991年制作のアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画スティーヴ・マーティン主演・脚本・製作総指揮。

あらすじ[編集]

ハリス・テレマッカーは、ロサンゼルスで独特の話術で天気を予想する人気の気象予報士である。しかし私生活では、長年つき合っている美人のガールフレンドとの関係に行き詰まり、さえない日々を送っていた。

そんなある日、彼がフリーウェイをドライブしていると、道路状況を知らせる交通情報の電光掲示板に「君の人生に転機が訪れる。天気がその鍵となるだろう。」と不思議なメッセージが出ているのを見る。

その翌日、ハリスはインテリで物静かなイギリス人ジャーナリストのサラと知り合う。運命的な出逢いを感じた2人はお互いの想いを募らせていくが、傷つくことを恐れて、気持ちを表すことができないでいた。

そうこうするうちに、サラが帰国する日がやってきた。だが、サラが空港に着いた途端、突然大雨が降り出し、乗る予定だった飛行機は欠航してしまう。あの電光掲示板の言葉を思い出したハリスは、ついにサラに愛の告白をするのだった。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ L.A. Story (1991)”. Box Office Mojo. IMDB. 2015年8月25日閲覧。

外部リンク[編集]