L-トレオニン-3-デヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
L-トレオニン-3-デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.103
CAS登録番号 9067-99-6
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

L-トレオニン-3-デヒドロゲナーゼL-threonine 3-dehydrogenase)は、グリシン、セリンおよびトレオニン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

L-トレオニン + NAD+ L-2-アミノ-3-オキソ酪酸 + NADH + H+

反応式の通り、この酵素の基質L-トレオニンNAD+、生成物はL-2-アミノ-3-オキソ酪酸NADHとH+である。

組織名はL-threonine:NAD+ oxidoreductaseで、別名にL-threonine dehydrogenase, threonine 3-dehydrogenase, threonine dehydrogenase, TDHがある。

参考文献[編集]

  • Green ML, Elliott WH (1964). “The enzymic formation of aminoacetone from threonine and its further metabolism”. Biochem. J. 92: 537–49. PMID 4284408. 
  • HARTSHORNE D, GREENBERG DM (1964). “STUDIES ON LIVER THREONINE DEHYDROGENASE”. Arch. Biochem. Biophys. 105: 173–8. doi:10.1016/0003-9861(64)90250-4. PMID 14165492. 

外部リンク[編集]