L級潜水艦 (アメリカ海軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L級潜水艦
USS L-3 1915 h51126.jpg
艦級概観
艦種 潜水艦
艦名
前級 K級潜水艦
次級 M-1
性能諸元
排水量 グループ1:450/542トン
(水上/水中)
グループ2:456/548トン
全長 グループ1:167 ft 5 in (51.0 m)、
グループ2:165 ft (50 m)
全幅 グループ1:17 ft 5 in (5.3 m)、
グループ2:14 ft 9 in (4.5 m)
吃水 グループ1:13 ft 7 in (4.1 m)、
グループ2:13 ft 3 in (4.0 m)
機関 ディーゼル・エレクトリック
最大速力 水上14ノット、水中10.5ノット
航続距離 水上:4,500カイリ(7ノット時)
水中:150カイリ(5ノット時)
乗員 28名
兵装 18インチ魚雷発射管4門、
3インチ対空機銃1門

L級潜水艦 (L-class submarine) は、アメリカ海軍潜水艦の艦級。アメリカ海軍における初の航洋型潜水艦であり、当時の他国の潜水艦と比較すると大きく能力で劣っていた。最初の艦はヨーロッパの戦争が始まる6ヶ月前に起工したが、艤装に時間がかかり2年後まで就役しなかった。

グループ1の艦は大西洋で小艦隊に所属、活動する。アメリカ合衆国第一次世界大戦へ参戦後、フィラデルフィア海軍工廠で行われた広範囲な改修は、アメリカ海軍が海洋作戦活動で受けた制限を反映していた。

1917年11月に本級はUボートに対処するためバントリー湾アゾレス諸島へ送られたが、Uボートを沈めることはなかった。

本級は一般に出力不足であったが、北大西洋及びイギリス海域での偵察巡航では良好な耐久性を示した。

第一次世界大戦後にL級は西海岸、東海岸で新型魚雷および水中聴音設備の公試を行い、その後1922年から23年にかけて退役、ワシントン海軍軍縮条約に従って1933年に廃棄された。

同型艦[編集]

グループ1
  • L-1 (USS L-1, SS-40)
  • L-2 (USS L-2, SS-41)
  • L-3 (USS L-3, SS-42)
  • L-4 (USS L-4, SS-43)
  • L-9 (USS L-9, SS-49)
  • L-10 (USS L-10, SS-50)
  • L-11 (USS L-11, SS-51)
グループ2
  • L-5 (USS L-5, SS-44)
  • L-6 (USS L-6, SS-45)
  • L-7 (USS L-7, SS-46)
  • L-8 (USS L-8, SS-48)

関連項目[編集]