KOMO-TV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KOMO-TV
KOMO logo 2021.png
ワシントン州シアトル - タコマ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
都市ワシントン州シアトル
ブランディングKOMO 4; KOMO News
チャンネルデジタル: 30(UHF
仮想: 4
系列4.1: ABC(1958年以降、1959年まで二次)
4.2: コメット英語版
4.3: チャージ!英語版
51.1英語版: ユニビジョン
所有者シンクレア・ブロードキャスト・グループ
(Sinclair Seattle Licensee, LLC)
開局1953年6月
初放送1953年12月10日 (68年前) (1953-12-10)
識別信号の
意味
旧姉妹局KOMO(現:KNWN英語版)に由来
姉妹局KUNS-TV英語版
旧チャンネル番号アナログ:
4(VHF、1953年 - 2009年)
デジタル:
38(UHF、1999年 - 2020年)
旧系列NBC(1953年 - 1959年)
送信所出力1,000 kW
高度259 m (850 ft)
Facility ID21656
送信所座標北緯47度37分55秒 西経122度21分14秒 / 北緯47.63194度 西経122.35389度 / 47.63194; -122.35389座標: 北緯47度37分55秒 西経122度21分14秒 / 北緯47.63194度 西経122.35389度 / 47.63194; -122.35389
免許機関FCC
公開免許情報:Profile
CDBS
ウェブサイトkomonews.com

KOMO-TV(チャンネル4)は、アメリカワシントン州シアトルにあるABC系列のテレビ局ベルビューライセンスのユニビジョン系列局KUNS-TV英語版(チャンネル51)と並んでシンクレア・ブロードキャスト・グループが所有している。両方の放送局は、スペースニードルに隣接するシアトルのローワー・クイーン・アン英語版セクションにあるKOMOプラザ(旧フィッシャー・プラザ)内のスタジオを共有し、KOMO-TVの送信所は市内のクイーン・アン英語版地区にある。

1953年12月に、シアトルに拠点を置くフィッシャー・ブロードキャスティング英語版旗艦局として契約を結んだ。元々はNBC系列で、2021年まで姉妹局英語版だったKOMO(1000 AM)英語版のテレビ延長だった。1959年KING-TVが1年間の移行期間を経てNBCと提携した際に、シアトルのABC系列になった。それは一般的に、その存在を通じてKING-TVに次ぐ市内のテレビ市場評価で2番目にランクされている。

歴史[編集]

創業[編集]

1953年12月10日、KOMOラジオとNBCラジオ・ネットワーク英語版との長年にわたる関係により、NBC系列局として運営を開始した[1]。シアトル - タコマ地域で4番目に古いテレビ局である。また、シアトルで最初にテレビ信号を放送した局であるという、殆ど忘れ去られた特徴を持っている。クロスタウンのライバルであるKRSC-TV(チャンネル5、現:KING-TV)は1948年11月に初めて「幅広い視聴者」向けのテレビを放送したが、KOMOは20年近く前に実験的にテレビ信号を放送した。1929年6月3日、KOMOのラジオエンジニアであるフランシス・J・ブロット(Francis J. Brott)は、KOMO-TVが最初の定期放送を開始する23年前に、1インチのスクリーンを備えた小型セットに電線を介して、ハート、ダイアモンド、クエスチョンマーク、文字、数字の画像をテレビ放映した。一握りの視聴者が放送に魅了された。大恐慌第二次世界大戦の発生がなければ、おそらくシアトルで最初のテレビ局としての地位を確立していた可能性があった[2]

元々製粉所英語版製材業で始まったフィッシャー家が所有していた。フィッシャー夫妻は、1926年にKOMOラジオを設立して放送事業に参入した[3]。チャンネル4の建設許可をめぐって、フィッシャー夫妻は当時のKJRラジオ英語版の所有者と対立した。KOMOは、KJRグループが入札を取り下げた後、1953年6月にライセンスを授与され[4][5]、わずか5ヶ月後にKOMO-TVが開局した。KOMOラジオのゼネラルマネージャーであり、KOMOの共同創設者であるオリバー・D・フィッシャー(Oliver D. Fisher)の甥であるウィリアム・W・ウォーレン(William W. Warren)は、KOMO-TVの開発を監督し、1987年に引退するまで局の管理に関与し続けた[6]

1954年、KOMOの報道写真家が、数日ではなく数時間しかかからない新しいプロセスでカラーフィルムを現像する方法を発明した。彼の発明により、国内で初めてトゥルーカラーで放送するテレビ局になった[要出典]

しかし、1958年10月、NBCはキング・ブロードキャスティング・カンパニー英語版と提携契約を結び、シアトルとオレゴン州ポートランドにあるラジオとテレビのプロパティを取得した[7]。シアトルでは、チャンネル4がABCとNBCの両方の番組をKING-TVと共有し、1959年9月27日にKING-TVがフルタイムでNBCと提携した。その時点で、KOMO-TVはABCの独占系列になった[8][9][10]

1960年代、地元のテレビパーソナリティであるドン・マキューン(Don McCune)は、KOMO-TVで見た2つの番組でシアトル市場で有名になった。この地域の何千人もの子供達は、マッキューンが子供向けの娯楽番組を主催する際の彼の役割である「キャプテン・ピュージェット」として知られていた。チャンネル4とマッキューンは、ドキュメンタリーシリーズ『エクスプロレーション・ノースウェスト(Exploration Northwest)』も制作し、太平洋岸北西部の多くの場所と人々を調査した。

1980年5月18日のセント・ヘレンズ山の噴火[編集]

1980年5月18日セントヘレンズ山火山噴火でスタッフの1人を失いかけた。1975年からKOMOにいたデイブ・クロケット(Dave Crockett)は、数日前に交代するまで、3週間毎日山を報道していた。同年5月18日の朝、3:00にシアトルで目を覚まし、その日に何か印象的な映像が撮れるだろうと予感し、ニュースカーに荷物を積み込み、KOMOの誰も知らないうちにセントヘレンズ山に向かった。彼はちょうど噴火している山に到着した[11]。進行中の火山灰雲とサウス・フォーク・トゥートル川を泥が流れる様子を映した彼のニュース映像は、11分間の「暗闇への旅(journey into the dark)」で有名になり、そのうちの6分間は「完全な暗闇」の中でクロケットは、彼が「地球での最後の日」になるだろうと思っていたものについて語った。彼の映像は世界的なニュースとなり、アート・カーニー主演の同災害のリメイク映画英語版に使用された。彼が運転した車は、今でもKOMOの文字が残っており、トゥートル英語版のすぐ外にあるセントヘレンズ山火山博物館(Mount St. Helens Volcano Museum)の一部となっている。

1984年~現在[編集]

KOMOの現在の放送施設は、以前は「フィッシャー・プラザ(Fisher Plaza)」として知られており、2001年に完成した。複合施設の放送部分は2000年6月にオープンした。

1984年、KOMOは毎日の番組をフルステレオサウンドで放送する最初のテレビ局になった[12]

1994年、新しいハイビジョン信号を放送するための最初のテスト ライセンスを申請した。1997年に高解像度デジタル信号[13]の放送を開始した。1999年5月18日、アメリカで初めて、毎日のニュース番組を高解像度で放送するテレビ局になった[14]。しかし、この声明は、ダラスWFAA(KING-TVの姉妹局)が1997年2月28日に毎日のニュース番組を高解像度で放送した国内初の放送局であるという主張と矛盾している[15]。また、ノースカロライナ州ローリーWRAL-TVとも競合している[要出典]

2009年7月2日23:15に、フィッシャー・プラザ複合施設の電気貯蔵庫で発生した大規模な電気火災[16]により、23:00のニュース放送中に放送が中断された[17][18]

2013年4月10日シンクレア・ブロードキャスト・グループは、フィッシャー・コミュニケーションズを3億7,330万ドルで買収すると発表した[19][20]。ただし、この取引は財務調査の対象となった。法律事務所のレヴィ&コルシンスキー(Levi & Korsinsky)は、フィッシャーの株主に対し、取締役会が「取引に同意する前に会社を十分に買収しなかった」ことで信認英語版義務に違反しており、シンクレアがフィッシャーの株式に対して過小な支払いを行っていると告発した[21]。発表の直後、フィッシャーの株主から訴訟が提起された[22]。同年8月6日、株主が1株あたり41ドルを受け取ることを承認した後、売却を承認する投票を行った[23]連邦通信委員会(FCC)は8月6日に取引を承認し[24]、売却は8月8日に完了した[25]。売却前、KOMO-TVは、シアトル市場で、地元の利益団体が所有する最後のテレビ局であり、フィッシャーによってゼロから構築された。

2014年3月18日7:40頃にフィッシャー・プラザを離陸したKOMO-TVのニュースヘリコプターがシアトル・センター英語版で墜落し、少なくとも1台の車に落下した[26]。2台目の車とピックアップトラックも関与して発火した。墜落したヘリコプターからの燃料は、セントルイスに拠点を置くヘリコプターズ株式会社(Helicopters Inc.[27]によってKOMOにリースされ、ローカルニュースサービス英語版の契約に基づいてKING-TVによっても使用され[28]、ブロードストリート(Broad Street、墜落現場の南側に沿って)を流れ、後に炎上した[29][30][31]。ヘリコプターのパイロットであるゲーリー・フィッツナー(Gary Pfitzner)と写真家のビル・ストロスマン(Bill Strothman)が墜落で死亡した。シアトル市消防局英語版によると、車の1台に乗っていた37歳男性も重傷を負い、体の最大20%を覆う火傷を負ったと伝えられている(最大50%の火傷の以前の報告から修正された)[32][33]。墜落に関与したユーロコプターAS350 B2ヘリコプター、FAA登録番号N250FB[26]、は、KOMO-TVにリースされていたが、局独自のヘリコプターの技術的アップグレードが行われていた。

2015年9月27日、シンクレアの主要なセットデザイン会社であるデブリン・デザイン・グループ(Devlin Design Group)によって設計されたニュース放送用の新しいスタジオを導入した。新しいデザインには、床に部族のデザイン、クジラの群れに触発されたデスク、プフィッツナーとストロスマンの記念碑として機能するヘリコプターの刃など、シアトルの風景にうなずきが含まれている[34]

2017年5月8日、シンクレア・ブロードキャスト・グループは、FCCの規制当局の承認を待って、FOX系列局のKCPQ英語版(チャンネル13)とマイネットワークTV系列局のKZJO英語版の所有者であるトリビューン・メディア英語版を39億ドルで買収する契約を締結し、さらにトリビューンが保有する27億ドルの負債を引き継ぎ、FCCとアメリカ合衆国司法省反トラスト局英語版による規制当局の承認待ちだった。KOMOとKCPQは、シアトル - タコマの市場で1日の総視聴者数で最も視聴率の高い4つの放送局の1つにランクされており、各放送局は現在、1つの市場でフルパワーのテレビ局を2つ以上所有することを法的に許可されていないため、これらの企業は、買収の承認に先立ち、FCCの所有規則を順守するために、KOMO/KUNSまたはKCPQ/KZJO複占のいずれかを別の放送局グループに売却する必要があったが、いずれかの放送局を独立した買い手に売却するかどうかは、放送テレビ局の地元の所有権に関するFCCのその後の決定と、議会による将来の行為に依存していた[35][36][37][38][39][40]。シンクレアはKOMO-TVとKUNS-TVを維持し、KCPQとKZJOをFOXテレビジョン・ステーションズ英語版に売却するとの憶測の後、2018年4月24日にKOMO-TVを維持し、KZJOを買収し、KCPQとKUNS-TVを売却すると発表した[41][42]。KUNS-TVはハワード・スターク・ホールディングス英語版に売却され、シンクレアは引き続きサービスを提供し、KCPQはFOXテレビジョン・ステーションズに売却され、FOX直営局英語版となった。取引のキャンセルにより、KCPQとKZJOは代わりにネクスターに行き、2020年にFOXに売却された[43]

2018年7月18日、FCCは、特定の紛争資産の売却申請におけるシンクレアの率直さについて「重大な懸念」が生じる中、シンクレアとトリビューンの買収を行政法判事英語版に審査させることを決定しました[44][45]。3週間後の8月9日、トリビューンはシンクレアとの取引を終了すると発表し、他の合併や買収の機会を模索するつもりだった[46]

2021年9月、ラジオの姉妹局英語版KOMO(1000 AM及び97.7 FM英語版)、KVI英語版(570 AM)、KPLZ-FM英語版(101.5)がロータス・コミュニケーションズ英語版に売却され、KUNS-TVがシアトルのKOMO-TVの唯一の姉妹局となった。KOMO-TVとKOMOラジオは、68年の売却をもって分離した[47]。シンクレアはKOMOコールサイン英語版を完全に制御し続けた。2022年2月2日、ロータスはKOMOラジオのコールサインをKNWN英語版に変更したが、KOMO-TVとのパートナーシップは引き続き維持されている[48]

番組[編集]

シンジケート化された番組には、『ライブ・ウィズ・ケリー・アンド・ライアン英語版』、『ケリー・クラークソン・ショー英語版』、『ホイール・オブ・フォーチュン』、『ジェパディ!』、『ザ・ドクターズ英語版』などがある。『フル・メジャー・ウィズ・シャリル・アトキンソン』、『アメリカ・ディス・ウィーク(America This Week)』、『アームストロング・ウィリアムズ英語版・ショー』などのシンクレア所有の番組は、週末の夜間に放送され、KOMOの広告/営業部門は、ABCの昼間番組の後に平日に放送される広告マガジン番組『シアトル・リファインド(Seattle Refined)』を制作している。

KOMO-TVとそのポートランドの姉妹局であるKATU(これもフィッシャーによって構築され、1962年に開局された)は、1970年から1995年まで、両方の局で夕方のニュース放送に対応するために、1時間遅れで『マンデーナイトフットボール』を放送した、隣接するアメリカで唯一の2つのABC加盟局だった。1976年シアトル・シーホークスNFLに参加した際、シーホークスが関与する『MNF』の試合を生放送するためにこの取り決めを変更した。1996年、何年にもわたるファンの抗議の後、KOMO-TVとKATUの両方が、毎週プレーしているチームに関係なく、『マンデーナイトフットボール』のスケジュール全体をライブでクリアし始めた。10年後、番組はESPNのケーブルに移行した。KOMO-TVは、第40回スーパーボウルでのシーホークスの出演を放映した。

ニュース運用[編集]

KOMO-TVは現在、毎週45時間(平日:7時間、土日:5時間)の地元制作のニュース番組を放送している。

過去30年間、KING-TVと直接競争して、シアトルのニュース視聴率で1位を獲得してきた。KOMOは市場のローカルニュース番組の中で常に首位に立っている。

[編集]

ニュース部門は、その報道で常に賞を受賞しており、シアトルのどのテレビ局よりも年間平均で多くの賞を獲得している。この放送局は、2002 年と 2008 年の両方で、エドワード・R・マロー賞英語版の「最優秀大市場ニュース放送」を受賞した[49][50]2008年6月、15の地域エミー賞を受賞し、「Station Excellence」、「Morning News」、「Evening News」、「Breaking News」、「Team Coverage」の各部門で最高の栄誉を獲得した。アンカー/リポーターのモリー・シェン(Molly Shen)は、名誉ある個人功績賞(Individual Achievement Award)を3年ぶりに受賞し、長年のアンカーであるカティ・ゲルツェン英語版は、KOMOでの25年以上の経験が認められて、シルバーサークル賞を受賞した[51]。KOMOは、「Breaking News Coverage」でエミー賞も受賞した。ザ・ファビュラス・パーム・スプリングス・フォリーズ英語版カリフォルニア州パームスプリングス)のセグメントは、1997年にエミー賞を受賞した[52]

論争[編集]

2019年3月、KOMO-TVで『Seattle is Dying(シアトルは死にかけている)』というニュース特集が放送された[53]。この特別番組は、シアトルで進行中の薬物とホームレスの危機を記録し、住民、事業主、元警察署長、数人のホームレスの人々へのインタビューを含んだ。同ドキュメンタリーとKOMO-TVは、放送後に他のメディアから批判された。「シアトル・タイムズ」はこの内容に異議を唱え、同年4月にシアトルの犯罪率は1980年代と1990年代よりも実際には大幅に低いという反論を発表した[54]。同ドキュメンタリー作品の主題は、後でインタビューされた際に、彼が誤って伝えられたと報じた[55]

スタッフ[編集]

ファイル:KOMO Kathi Goertzen Berlin wall.jpg
ベルリンの壁撤去に関する1989年のリポートからのスクリーングラブでのKOMO-TVのカティ・ゲルツェン英語版

KOMOアンカーのダン・ルイス英語版、カティ・ゲルツェン、気象予報士のスティーブ・プール英語版は、1987年から2009年までKOMOのイブニングニュースチームを務め、アメリカで3番目に長いアンカーチームの在職期間を持っていた。同局の夕方のニュース番組は、長い間ルイスとゲルツェンによって共同アンカーされており、「シアトル・ポスト=インテリジェンサー英語版」から「町で最高のレギュラーのアンカーユニット(Best First-String anchor unit in town)」と称賛された[56]

1993年の大統領就任式の後、ルイスはホワイトハウスで行われた当時の大統領であるビル・クリントンにインタビューした最初のリポーターになった[57]

注目の現役スタッフ[編集]
著名な元スタッフ[編集]

技術情報[編集]

サブチャンネル[編集]

デジタル信号は多重化されている。

チャンネル英語版 解像度 アスペクト比 ショートネーム 番組編成[60]
4.1 720p 16:9 KOMO メインKOMO-TV番組/ABC
4.2 480i Comet コメット英語版
4.3 Charge チャージ!英語版
51.1英語版 1080i KUNS KUNS-TV英語版/ユニビジョンATSC 1.0サイマル放送

アナログからデジタルへの変換[編集]

KOMO-TVは、2009年6月12日に、連邦政府が義務付けたアナログからデジタルテレビへの移行英語版の一環として、VHFチャンネル4でのアナログ信号を停止した[61]。局のデジタル信号は移行前のUHFチャンネル38のまま[62][63]であり、PSIP英語版を使用してKOMO-TVの仮想チャンネルをデジタルテレビ受信機で4として表示した。

2009年、国内で4つのテレビ局の1つとなり、モバイルDTV英語版信号を最初に開始した。オープン・モバイル・ビデオ連合英語版は、KOMOと独立局英語版KONG英語版(チャンネル16)、アトランタWPXA-TV英語版WATL英語版を選択して、元のATSC規格の欠点を克服し、モバイルデバイスでクリアに受信できる無料放送デジタル放送テレビに正式に採用されたATSC-M/H規格のベータテストを行った。

カナダ及び市場外の放送範囲[編集]

KOMO-TVは、カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー/ビクトリア地域の殆どのケーブル加入者がABC系列局として利用でき、ベル・サテライトTV英語版ショー・ダイレクト英語版衛星サービスで見られる5つのシアトルテレビ局の1つである。また、ワシントン州エレンズバーグチャーター・スペクトラム英語版[64]ヤキマDMAの一部)では、ABC番組といくつかのシンジケート番組が地元の系列局KAPP英語版の存在によりブラックアウト英語版され、市場から外れていることが分かる。

海外での姉妹放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Nine more TV stations take to air."[リンク切れ] Broadcasting - Telecasting, December 21, 1953, pg. 58.
  2. ^ Viewers watch Puget Sound's first wide-audience TV broadcast on 25 November 1948.
  3. ^ Corr, O. Casey (1994年6月5日). “Into the spotlight–the Fisher family, long part of Seattle's quiet wealthy, takes a more visible road in 'hot talk' radio, Lake Union development, family fortune management”. The Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19940605&slug=1914138 2013年3月11日閲覧。 
  4. ^ "FCC grants 1 VHF, 3 UHF." Broadcasting - Telecasting, June 15, 1953, pp. 52-53. [リンク切れ][リンク切れ]
  5. ^ KOMO/Fisher's Blend Station, Inc. advertisement, circa June 1953. Seatacmedia.com.
  6. ^ Beers, Carole (1999年1月16日). “Obituaries: William W. Warren, 87, pioneer in Seattle TV, radio broadcasting”. The Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19990116&slug=2938976 2013年3月10日閲覧。 
  7. ^ "KGW, KING stations affiliate with NBC."[リンク切れ] Broadcasting, October 20, 1958, pg. 74.
  8. ^ "Seattle partner-change in '59: KOMO-TV to ABC; KING-TV to NBC."[リンク切れ] Broadcasting, October 27, 1958, pg. 68.
  9. ^ "KOMO-TV joins ABC."[リンク切れ] Broadcasting, April 13, 1959, pg. 99.
  10. ^ "'Operation Switchover.'"[リンク切れ] Broadcasting, October 5, 1959, pg. 100.
  11. ^ Dave Crockett Archived May 25, 2005, at the Wayback Machine.
  12. ^ [1] Archived November 22, 2005, at the Wayback Machine.
  13. ^ began broadcasting a high definition digital signal
  14. ^ [2] Archived October 9, 2007, at the Wayback Machine.
  15. ^ WFAA Fiftieth Anniversary”. 2008年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月4日閲覧。[疑問点]エラー: タグの中に無用な文字が含まれていないか、{{疑問点範囲}}と{{疑問点}}を間違えていないかを確認してください。貼り付け年月は「date=yyyy年m月」、チップテキストに表示する文字列は「title=文字列」と指定してください。
  16. ^ July 2009 Fire
  17. ^ Electrical fire disrupts broadcasts, Web sites Archived July 6, 2009, at the Wayback Machine., KOMO-TV, July 3, 2009.
  18. ^ Fire disrupts stations at Seattle's Fisher Plaza, Seattle Times, July 3, 2009.
  19. ^ “Sinclair acquiring Fisher Communications”. komonews.com. (2013年4月11日). http://www.komonews.com/news/local/Sinclair-acquiring-Fisher-Communications-202532881.html 2013年4月11日閲覧。 
  20. ^ Colman, Price (2013年4月10日). “Sinclair poised to buy Fisher stations”. TVnewscheck.com. http://www.tvnewscheck.com/article/66787/sinclair-poised-to-buy-fisher-stations 2013年4月11日閲覧。 
  21. ^ SHAREHOLDER ALERT: Levi & Korsinsky, LLP Notifies Investors of Claims of Breaches of Fiduciary Duty by the Board of Fisher Communications, Inc. in Connection With the Sale of the Company to Sinclair Broadcast Group, Inc.”. Press release. 2013年4月24日閲覧。
  22. ^ Fisher Communications, Inc. (FSCI) Investor Lawsuit to Stop Takeover by Sinclair Broadcast Group Announced by Shareholders Foundation”. Press release. 2013年4月24日閲覧。
  23. ^ Fisher stockholders approve sale to Sinclair Seattle Times, August 6, 2013
  24. ^ CONSENT TO TRANSFER”. licensing.fcc.gov. 2021年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  25. ^ “Sinclair Broadcast Group Closes On Fisher Communications Acquisition”. All Access. (2013年8月8日). http://www.allaccess.com/net-news/archive/story/121117/sinclair-broadcast-group-closes-on-fisher-communic 2013年8月8日閲覧。 
  26. ^ a b WPR14FA137 — Preliminary Accident Report” (2014年3月21日). 2014年3月21日閲覧。
  27. ^ Helicopters, Inc”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  28. ^ “2 Dead After KOMO Helicopter Crashes in Seattle”. TVSpy. (2014年3月18日). http://www.mediabistro.com/tvspy/komo-helicopter-crashes-in-seattle_b117480 2014年3月18日閲覧。 
  29. ^ “2 killed in news helicopter crash at Seattle Center”. KING-TV. (2014年3月18日). オリジナルの2014年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140318152846/http://www.king5.com/news/News-helicopter-crashes-at-Seattle-Center-250789981.html 2014年3月18日閲覧。 
  30. ^ “2 die in news helicopter crash at KOMO-TV”. The Seattle Times. (2014年3月18日). http://blogs.seattletimes.com/today/2014/03/helicopter-crashes-near-fisher-plaza-and-komo-tv/ 2014年3月18日閲覧。 
  31. ^ “2 die in news helicopter crash near Space Needle”. The Seattle Times. (2014年3月18日). オリジナルの2014年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140318222906/http://seattletimes.com/html/localnews/2023160044_komocrashxml.html 2014年3月18日閲覧。 
  32. ^ “Pilot, KOMO-TV photographer killed in news helicopter crash”. KGW. (2014年3月18日). オリジナルの2014年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140318220724/http://www.kgw.com/news/local/KOMO-helicopter-crashes-in-Seattle-250790261.html 2014年3月18日閲覧。 
  33. ^ “2 killed as KOMO News helicopter crashes near Space Needle”. KOMO-TV. (2014年3月18日). http://www.komonews.com/news/local/News-helicopter-crashes-burns-beside-Space-Needle-250790281.html 2014年3月18日閲覧。 
  34. ^ KOMO Brings Seattle Scenery Into Its Studio”. TVNewsCheck (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  35. ^ Stephen Battaglio (2017年5月8日). “Sinclair Broadcast Group to buy Tribune Media for $3.9 billion plus debt”. 2017年6月6日閲覧。
  36. ^ Cynthia Littleton (2017年5月8日). “Sinclair Broadcast Group Sets $3.9 Billion Deal to Acquire Tribune Media”. Prometheus Global Media. 2017年6月6日閲覧。
  37. ^ Todd Frankel (2017年5月8日). “Sinclair Broadcast to buy Tribune Media for $3.9 billion, giving it control over 215 local TV stations”. Nash Holdings, LLC. 2017年6月6日閲覧。
  38. ^ Liana Baker; Jessica Toonkel (2017年5月7日). “Sinclair Broadcast nears deal for Tribune Media”. Reuters. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-tribune-media-m-a-sinclair-exclusive-idUSKBN1830QH 2017年6月6日閲覧。 
  39. ^ Harry A. Jessell (2017年5月8日). “The New Sinclair: 72% Coverage + WGNA”. TVNewsCheck. NewsCheck Media. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  40. ^ Gates, Dominic (2017年5月9日). “Current FCC rules bar Sinclair from owning both KOMO and KCPQ — but that could change”. The Seattle Times (The Seattle Times Company). http://www.seattletimes.com/business/boeing-aerospace/current-fcc-rules-bar-sinclair-from-owning-both-komo-and-kcpq-but-that-could-change/ 2017年6月7日閲覧。 
  41. ^ Jones, Scott (2017年12月15日). “DOJ Gives The OK To Sinclair, Now Look for....”. FTV Live. 2017年12月17日閲覧。
  42. ^ “Sinclair Revises TV Spinoff Plans For Tribune Deal, Announces Deals For Several Stations” (英語). All Access. (2018年4月24日). https://www.allaccess.com/net-news/archive/story/176083/sinclair-revises-tv-spinoff-plans-for-tribune-deal 2018年4月25日閲覧。 
  43. ^ Hayes, Dade (2018年5月9日). “21st Century Fox Buys Seven Local TV Stations From Sinclair For $910 Million”. Deadline Hollywood. Penske Media Corporation. 2018年5月9日閲覧。
  44. ^ Todd Shields (2018年7月16日). “Sinclair and Tribune Fall as FCC Slams TV Station Sale Plan”. Bloomberg News. https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-07-16/fcc-rejects-sinclair-plan-for-tv-station-sales-in-tribune-deal-jjof6bcs 2018年7月19日閲覧。 
  45. ^ Edmund Lee (2018年7月18日). “Sinclair Tries to Appease F.C.C., but Its Tribune Bid Is Challenged”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/07/18/business/media/sinclair-tribune-fcc.html 2018年8月9日閲覧。 
  46. ^ “Tribune Terminates $3.9 Billion Sinclair Merger, Sues Broadcast Rival”. The Wall Street Journal (News Corp.). (2018年8月9日). https://www.wsj.com/articles/tribune-media-terminates-merger-agreement-with-sinclair-broadcast-group-1533810907 
  47. ^ Venta (2021年9月28日). “Lotus Closes On Purchase Of Sinclair's Seattle Radio Properties”. RadioInsight. 2021年9月29日閲覧。
  48. ^ Lacitis, Erik (2022年1月28日). “So long, ‘KOMO Country’: KOMO Radio sold, gets new name”. The Seattle Times. https://www.seattletimes.com/seattle-news/historic-komo-radio-sold-and-gets-new-name-so-long-komo-country/ 2022年1月28日閲覧。 
  49. ^ “KOMO/4 newscast wins Murrow Award for best local newscast”. Seattle Post-Intelligencer. (2002年6月21日). http://www.seattlepi.com/tv/75243_tf121.shtml 2006年12月18日閲覧。 
  50. ^ “KOMO 4 Television Wins National Edward R. Murrow Award for Overall Excellence”. Fisher Communications. (2008年7月2日). オリジナルの2012年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20120718051340/http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=61026&p=irol-newsArticle&t=Regular&id=1171622& 2008年7月8日閲覧。 
  51. ^ “KOMO's Molly Shen wins individual achievement Emmy ... again”. Seattle Post-Intelligencer. (2008年6月9日). http://www.seattlepi.com/tv/366373_tf110.html 2008年7月8日閲覧。 
  52. ^ McNary, Dave (2004年7月9日). “Par seeks high-kicking aud for vaude.”. Daily Variety. Reed Business Information. オリジナルの2014年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140611093102/http://www.highbeam.com/doc/1G1-119898817.html 
  53. ^ Seattle is Dying”. YouTube. KOMO News (2019年3月19日). 2019年4月5日閲覧。
  54. ^ Balk, Gene (2019年4月3日). “Is Seattle 'dying'? Crime rates tell a different story”. The Seattle Times. https://www.seattletimes.com/seattle-news/data/is-seattle-dying-not-if-you-look-crime-rates-from-the-80s-and-90s/ 2019年4月5日閲覧。 
  55. ^ Wasson, Lindsey (2019年3月28日). “Man used as proof that 'Seattle Is Dying' tells his story”. Crosscut. https://crosscut.com/2019/03/man-used-proof-seattle-dying-tells-his-story 2019年4月5日閲覧。 
  56. ^ TV news directors: Make it a clean sweep, Seattle Post-Intelligencer, December 8, 2002.
  57. ^ Dan Lewis interviews then-President Bill Clinton
  58. ^ Longtime TV anchorwoman Kathi Goertzen dies after battle with tumors”. SeattleTimes.com (2012年8月13日). 2018年1月14日閲覧。
  59. ^ Legendary former KOMO sportscaster Keith Jackson dies at 89”. KOMONews.com (2018年1月13日). 2018年1月14日閲覧。
  60. ^ RabbitEars TV Query for KOMO
  61. ^ List of Digital Full-Power Stations
  62. ^ CDBS Print
  63. ^ What digital TV delay means to North Olympic Peninsula viewers
  64. ^ Spectrum TV Packages - Ellensburg, WA”. Charter Communications. 2019年10月16日閲覧。
  65. ^ HTB 会社案内
  66. ^ HTB 会社案内 - 沿革

外部リンク[編集]