K-Ta

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
K-Ta
出生名 宮井慶太
生誕 ????6月3日
出身地 日本の旗 日本, 神奈川県横浜市
学歴 武蔵野音楽大学 卒業
ジャンル ロック
クラシック
エレクトロニカ
ジャズ
担当楽器 マリンバ
ヴィブラフォン
malletKAT
WaveDrum
パーカッション
など
公式サイト http://k-tanti.com/

K-Ta(ケータ、6月3日生)は、神奈川県横浜市出身のミュージシャン

武蔵野音楽大学マリンバ専攻卒業。高橋美智子宅間久善に師事。

来歴[編集]

5歳より宅間久善のもとで、マリンバを始める。武蔵野音楽大学を首席で卒業する。卒業後は、Marinba duo”Naked Soul”の活動を開始するとともに、他アーティストのライブやレコーディングに参加する。

1999年、出口雅之率いるSUICIDE SPORTS CARのメンバーとして、『RISKY』でユニバーサル・ビクターよりメジャーデビューする。この曲は、藤原紀香出演のデジタルカメラ「Fine Pix」のCMに起用された[1]

それと並行して、2001年LUNA SEASUGIZOのソロ活動の一つでもある”SUGIZO & THE SPANK YOUR JUICE”のメンバーとなり、マリンバ、ヴィブラフォンだけでなく、malletKATやHandsonicなどのデジタル楽器を取り入れるようになる。SUGIZOのあらゆるソロプロジェクトに参加しており、DVDのインタビューでSUGIZOは「家族のような存在」とコメントしている。

バンド[編集]

  • Suicide Sports Car
  • SUGIZO & THE SPANK YOUR JUICE
  • SHAG(Guitar, Violin:SUGIZO/ Vibraphone, Percussion, Mac:K-Ta / Bass:FIRE / Percussion: ヨシウラケンジ / Trumpet:類家心平 / TurnTable, Mac:sTILLMAN)
  • FakeJazzQuintet(Vo:彩月/Vibraphone:K-Ta)
  • JamloMaTiK
  • NakedSoul
  • PLACONNE
  • 蓮沼執太フィル

ディスコグラフィー[編集]

  • Suicide Sports Car
    • 1999年
      • RISKY
    • 2000年
      • MONACO MOO
      • BACKSEAT BUTTEFLY
      • 非情のライセンス〜LICE NCE TO KILL
      • EVERYBODY MIDNIGHT
    • 2001年
      • “レディーM”を追え
    • 2003年
      • SPY DISCO
  • FakeJazzQuintet
    • GUNDAM World Dance Track 0079[2]

レコーディング参加作品[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]