JuJu伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JuJu伝説
ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケード
ファミコン/NES
メガドライブ/Sega Genesis
Atari Lynx
Atari ST
Amiga
Commodore 64
ZX Spectrum(体験版のみ、開発中止)
Amstrad CPC(体験版のみ、開発中止)
Windows(予定)
Xbox 360 (XBLA)(予定)
PlayStation Network(予定)
Wiiウェア(予定)
開発元 TADコーポレーション
発売元 セガ(メガドライブ/Genesis版), タイトー(Atari Linx版、ファミコン/NES版)
デザイナー 佐久間明
美術 藤咲淳一
発売日 1989年
テンプレートを表示

JuJu伝説』(ジュジュでんせつ、海外版は『Toki』)は、1989年にTADコーポレーションからリリースされたアーケードゲーム

概要[編集]

横スクロールのアクションシューティングゲームである。主人公であるサルの「ジュジュ」を操り、口から出す唾のようなエネルギー弾とジャンプアクションを用いて面をクリアする。日本ではさほどヒットしなかったが、海外では絶大な人気を誇り、[1]多くのコンシューマー機に移植された。

TADは元々データイーストからスピンアウトした横山忠が社長となり、北原春樹、西澤孝、青木司といったメンバーが起こした会社であり、本作の作風もデータイースト作品とよく似ている。上記の3名で制作したプロトタイプを、遅れてTADに合流した佐久間明(データイースト時代は『ラストミッション』『サイコニクス・オスカー』などで知られる。ちなみに同名のさくまあきらとは別人)が完成させた。特徴的なグラフィックは藤咲淳一(後のアニメ作家。グラフィッカーとしては『首領蜂』などで知られる)らが制作。

ストーリー[編集]

筋骨隆々の若者ジュジュは、魔王ヴーキメドロによって恋人のミホを連れ去られ、サルの姿に変えられてしまった。ジュジュは魔王の軍団を倒してジャングルの平和を取り戻し、ミホを救い出して人間の姿を取り戻さないといけない。でないと一生サルのままである。

備考[編集]

メガドライブ版(Genesis版タイトルは『Toki: Going Ape Spit』)はアレンジ移植となっており、オリジナルとは面数などが違う。

フランスのデベロッパであるGolgoth StudioよりHD版リメイクのアナウンスが2009年にあり、XBLA、PSN、Wiiウェア、PC(Steam)でのリリースが行われる予定であったが、その後リリースが延期されている。2013年現在、開発元はPS4でリリース予定とアナウンスしている。

Golgoth Studioが2012年にリリースした『マジカルドロップV』にJuJuがカメオ出演している。

脚注[編集]

  1. ^ TAD作品のアメリカでの流通元でもある米国ファブテック社は後期TAD作品の販促カタログには大ヒット作の「CABAL」と「BLOOD BROS」そして「TOKI」を作ったメーカーの商品として強くアピールしている。