Java Transaction API

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Java トランザクション API: Java transaction API、JTA)とは、Java EEAPIの1つであり、XAリソース間の分散トランザクション処理を扱う。JTA は Java コミュニティ・プロセスで JSR 907 として開発された仕様である。JTA は以下を提供する:

  • トランザクション境界の設定
  • X/Open XA API を使ったトランザクション処理

X/Open XA アーキテクチャ[編集]

X/Open XA アーキテクチャの概念図

X/Open XA アーキテクチャでは、トランザクションマネージャ(あるいはTPモニター)がデータベースなどの複数リソース間のトランザクションを調整する。各リソースにはマネージャが対応している。リソースマネージャは一般にリソースを操作するための独自APIを持ち、例えば関係データベースでは JDBC API が使われる。さらに、TPモニターは複数のリソースマネージャ間の分散トランザクションの調整を行う。そして、アプリケーションはTPモニターと通信し、TPモニターにトランザクション群の開始、コミットロールバックを指示する。また、アプリケーションは個々のリソースマネージャとも独自APIで通信し、リソースの更新などを行う。

JTA の実装[編集]

JTAの概念図

JTA API は2つのJavaパッケージにあるクラス群で構成される:

JTA は X/Open XA アーキテクチャに基づいているが、トランザクション境界を設定するために2つのAPIを定義している。JTA では EJBサーバのようなアプリケーションサーバとその上のアプリケーションコンポーネントを区別する。アプリケーションサーバがトランザクションの開始/コミット/ロールバックを指示するためのインターフェイスとして javax.transaction.TransactionManager がある。また、サーブレットEJB がトランザクションを管理するためのインターフェイスとして javax.transaction.UserTransaction がある。右の図は X/Open XA インターフェイスとして使われる JTA のクラスを示している。

JTA アーキテクチャでは、各リソースマネージャ上に javax.transaction.xa.XAResource インターフェイスを実装してTPモニターから制御できるようにする必要がある。前述したように各リソースマネージャには以下のような固有のAPIがある。

  • 関係データベース用: JDBC
  • メッセージングサービス用: JMS
  • 汎用EIS(企業情報システム)リソース用: Java EE コネクター API

Java トランザクション・サービス[編集]

Java トランザクション・サービス(JTS[1])とは、JTAを使ったトランザクションマネージャの実装である。CORBAアーキテクチャに基づいており、複数のJTS間のトランザクションの伝播にはIIOPを使う。Java EE アプリケーションサーバはJTSの実装が必須とされている。

脚注[編集]

  1. ^ : Java transaction service

外部リンク[編集]