Java 3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Java 3Dは、Java向けのシーングラフベースの3D (3次元コンピュータグラフィックス) 拡張APIである。サン・マイクロシステムズが開発し、のちにJogAmp Communityに移管された。Java Media APIの一部とされている。実際の描画はOpenGLDirectX (Direct3D) などの3Dグラフィックス用APIを呼び出すことによって行なわれる。Java3Dの設計思想はVRMLに大きく影響を受けている。現在[いつ?]Java.net内のプロジェクトとして活動している。

Java 3Dを使ったアプリケーションとして、Looking Glassという3Dデスクトップ環境がある。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]