Japanese Extensions

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Extensions
開発元 真鍋敬士ら
初版 1993年5月1日
最新版
対応OS SlackwareRed Hat Linux
対応言語 日本語
サポート状況 終了
テンプレートを表示

JE (じぇいいー、Japanese Extensions)とは、Slackwareが日本語を扱えなかった時代に日本語環境を追加するパッケージである。真鍋敬士が中心となって開発していた。当時の日本では、JEが標準的に使われていた[1]

概要[編集]

1993年当時に一般的な配布パッケージであったSLSへの拡張として真鍋敬士がリリースしたものが発端となる[1]。後に、Slackware向けのパッケージとなり、Red Hat Linuxにもインストール可能となった[1]CannaWnnMule、日本語TeXGhostscriptなど、日本語を扱うためのソフトウェアがコンパイル済みで収録されており、独自のインストーラであるezinstによってインストールすることが可能である[1]EUC-JPでの使用を前提としている[2]

0.9.6よりソースコードが一緒に配布されるようになる[3]。0.9.8a開発中にハードディスクがクラッシュし[4]、また開発の負担増などにより、有志が集まり開発はProject-JEに引き継がれた[5]

歴史[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 佐渡秀治よしだともこ「chap 2 Linux/FreeBSD/XFree86における日本語環境の実現」『Linux/FreeBSD日本語環境の構築と活用』ソフトバンク、1997年12月27日、初版、22ページ。ISBN 4-7973-0480-4
  2. ^ はねひでや・やまだあきら・あべひろのぶ「Chapter 7 日本語環境の構築 (JE)」『Run Run Linux 第2版』アスキー、1996年11月21日、第2版第5刷、152ページ。ISBN 4-7561-1693-0
  3. ^ JE-HOWTO.eucj
  4. ^ a b JE - 00README.eucj
  5. ^ a b PJE(Project Japanese Extensions)-HOWTO: 一般的な情報 1.1 JE はどうなったの?
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o JE - ChangeLog