JR貨物UM9A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

UM9A形コンテナは、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している私有コンテナ無蓋コンテナ)である。

番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

UM9A-86+198(2007年3月25日撮影)
1 - 771
日本通運所有
積載する荷物量が通常の12ftコンテナでは大きすぎるケースに対応するため、日本通運が開発した6ft (2t) コンテナを積載するためのアダプタである。6ftコンテナを本コンテナでの輸送時には、実入状態・空荷状態を問わず、必ず2個積載された状態でなければならない。
なお多品種小ロット輸送他、小口引越や物流費節約の世情を反映して根強い需要があるも、全てのコンテナ駅では取り扱いできず取り扱い駅は全国28都市、32ヶ所と韓国釜山となっているなど、運用上の制約もある。
772 - 779
西濃運輸所有

関連項目[編集]

外部リンク[編集]