JR貨物U45A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

U45A形コンテナは、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している30ft・31ft私有コンテナ有蓋コンテナ)である。

番台毎の概要[編集]

U45A-30013(2009年12月23日撮影)
U45A-30013の注意表記部分の拡大(2009年12月23日撮影)

30000番台[編集]

30001 - 30016
札幌通運所有(東芝物流借受)のウイングルーフ式有蓋コンテナ。全長9,410mm(規格外)、最大総重量18.5t、自重6.3t。灰色の地に虹が描かれているのが特徴。

38000番台[編集]

38001 - 38003
武州運輸倉庫所有。全長9,450mm(規格外)、最大総重量14.4t(規格外)。第3積載限界適用。東京貨物ターミナル駅 - 梅田駅大阪貨物ターミナル駅専用[1]
38004
スマイルライン所有。全長9,450mm(規格外)、最大総重量14.4t(規格外)。第3積載限界適用。東京貨物ターミナル - 梅田駅・大阪貨物ターミナル専用。

39000番台[編集]

39001 - 39040
日商陸運所有のウイングルーフ式有蓋コンテナ。
全長5,922mm、総重量12.0t。第2積載限界適用。越谷貨物ターミナル駅 - 梅田駅・大阪貨物ターミナル駅専用[2]

現在の状況[編集]

この39000番台コンテナは、日商陸運が消滅('01-07-13倒産)となっているため、現存しない。 廃止後、大阪府の河内地域の山奥の中古倉庫センターにて大量留置されていたが、全コンテナ個人へと売却された。

脚注[編集]

関連項目[編集]