JOLED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社JOLED
JOLED Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
101-0054
東京都千代田区神田錦町3-23
メットライフ神田錦町ビル10階
設立 2015年1月5日
業種 電気機器
法人番号 4010001161992
事業内容 有機ELデバイスやその部品、材料、製造装置、関連製品の研究、開発、製造および販売
代表者 代表取締役社長 CEO 東入來信博
資本金 237億2,500万円(2017年4月1日現在)
従業員数 約260名
主要株主 株式会社産業革新機構(75%)
株式会社ジャパンディスプレイ(15%)
ソニー株式会社(5%)
株式会社パナソニック(5%)[1]
外部リンク http://www.j-oled.com/
テンプレートを表示

JOLED(ジェイオーレッド)は産業革新機構主導でジャパンディスプレイ(JDI)、ソニー、パナソニックの有機EL事業を統合して設立された会社。

経緯[編集]

従来、有機ELの開発はソニーやパナソニックが行っており、2012年6月には得意分野で提携すべく共同開発で合意を行ったが[2]、2013年12月には開発の遅さや低価格化が進まなかったことから提携を解除していた[3]

その後両者は有機EL事業から撤退する方針とし、事業は産業革新機構に売却し、機構主導でジャパンディスプレイを中心にソニーとパナソニックの有機EL事業を集約することを決定[4]。2014年7月31日、4者はJOLEDの設立に合意、産業革新機構が75%、JDIが15%、ソニーとパナソニックが各5%ずつ出資し、2015年1月にJOLEDが発足することとなった[1]

2015年1月5日に事業を開始[5]。印刷方式による安価での量産と早期の事業化を目指し、ノートPCタブレットなどへの利用を見込んでいる[6]

2017年5月17日、東京都内で技術展示会を開き、低コストの「印刷方式」で生産した有機ELパネルを初披露した[7]

沿革[編集]

2016年に量産の試作ラインを稼動させ、2017年には量産ラインの投資判断を行うとしている[8][9]

2015年8月、翌年春にジャパンディスプレイ石川工場を借りた有機ELディスプレイの開発拠点を設立することを決定した[10]

2015年10月には基板に樹脂を使って曲げることのできるフレキシブル有機ELパネルの製品化に乗り出すことを決定した[11]

2016年12月、ジャパンディスプレイが出資比率を15%から51%に引き上げ、連結子会社化すると発表した[12]

[編集]

  1. ^ a b 有機ELディスプレイパネルに関する統合新会社(会社名:株式会社JOLED)設立について (pdf)”. パナソニック. 2015年11月14日閲覧。
  2. ^ テレビ/大型ディスプレイ向け次世代有機ELパネルの共同開発で合意”. ソニー. 2015年11月14日閲覧。
  3. ^ 収益安定化が優先? ソニーとパナソニック、有機EL開発提携解消の理由”. 2015年11月14日閲覧。
  4. ^ ソニーとパナソニック、有機EL撤退へ ジャパンディスプレイに売却”. 産経新聞 (2014年5月25日). 2015年11月14日閲覧。
  5. ^ 株式会社 JOLED 事業開始のお知らせ”. 2015年11月14日閲覧。
  6. ^ JDI、ソニー、パナソニック、日本の有機ELがJOLEDに集結。印刷方式で低コスト化。TV用は予定無し”. AV watch. 2015年11月14日閲覧。
  7. ^ “苦境の「親」救えるか 国産有機EL、JOLEDが始動”. 日本経済新聞. (2017年5月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HRV_X10C17A5000000/ 2017年5月23日閲覧。 
  8. ^ JOLED、タブレット向けなど 中型有機EL、国内で量産 (1/2ページ)”. SankeiBiz. 2015年11月14日閲覧。
  9. ^ 第115回(株)JOLED 代表取締役社長 東入来信博氏”. 特別インタビュー. 電子デバイス産業新聞. 2015年11月14日閲覧。
  10. ^ ソニー・パナソニックらの統合事業JOLED、有機ELディスプレイ開発拠点を来春設立”. Phile-web. 2015年11月14日閲覧。
  11. ^ JOLED「曲がる有機EL」を製品化。2020年に量産化へ”. Newswitch. 日刊工業新聞. 2015年11月14日閲覧。
  12. ^ ジャパンディスプレイ、薄氷の「成長戦略」日本経済新聞 2016年12月21日

関連項目[編集]