JOHNNYS' ジュニア・スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JOHNNYS' ジュニア・スペシャル
Johnnys' Junior Special
別名 ジュニア・スペシャル、JJS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル
活動期間 1974年 - 1978年
レーベル CBS・ソニー
事務所 ジャニーズ事務所
共同作業者 ジャニー喜多川
メンバー 板野俊雄(トシちゃん)
林正明(マーちゃん)
畠山昌久(チャーリー)
旧メンバー 山縣孝良(タカ坊)
井上純一(ジュン)

JOHNNYS' ジュニア・スペシャルは、1974年夏に「ジュニア・スペシャル」の名で結成され、ジャニーズ事務所に在籍していたアイドルグループ。1970年代の中期に活躍。表記は「JOHNNY'S」ではなく「JOHNNYS'」が正しい。愛称は頭文字を取って「JJS」。旧グループ名は「ジュニア・スペシャル」。後に「VIP」(後述)というグループとなった。

メンバー[編集]

脱退メンバー[編集]

(前身グループ「ジュニア・スペシャル」のみに参加したメンバー)

  • 山縣孝良 (愛称・タカ坊、1957年5月4日 - 、東京都出身)
    • 1972年11月、渋谷公会堂に『ロッテ歌のアルバム』を観覧しに行った際、ジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川によってスカウトされた。堀越高等学校卒業。
  • 井上純一 (愛称・ジュン、1958年8月14日 - 、東京都世田谷区出身)
    • 山縣孝良の脱退後に参加したが、すぐに同じく脱退。その後は、映画の主役デビューや、ソロレコードデビューなどの活躍をした。

概要[編集]

  • 1974年夏、「ジャニーズ・ジュニア第1期生」が2つのグループに分割された。一つはフォーリーブスのコンサートのバックダンサーチームとして作られた3人組の「ジュニア・スペシャル」(板野俊雄、林正明、山縣孝良)。もう一方はジャニーズ・ジュニアの名義のまま、郷ひろみのコンサートのバックを担当した(小坂まさる、畠山昌久、近藤純市、鈴木寛、吉田義久、柏木孝夫)。
  • 夏のコンサートを終えた同年9月、小坂と近藤が共にジャニーズ事務所からの脱退を宣言し、それまで住んでいたジャニーズの合宿所を退所する。その為、山縣がスペシャルから元のジャニーズ・ジュニアへ異動となり、同年10月に山縣、畠山、鈴木、吉田、柏木の5名に対して「ジャニーズ・ジュニア・エース」というグループ名が与えられたが、翌11月には山縣、鈴木、吉田、柏木の4名もジャニーズ事務所を退所してしまい、エースはわずか一ヶ月で消滅した。
  • その後、ジュニア・スペシャルには井上純一が加入。すぐに続いて畠山昌久も加入して4人組になるが、井上が脱退し、最終的に「板野・林・畠山」という構成に落ち着いた。 一方、ジャニーズ事務所を辞めた6名のJr.はバーニングプロダクションへ移籍し、新グループ「メッツ」を結成してレコードデビューした。
  • 1975年2月21日、グループ名も正式に「ジュニア・スペシャル」から「JOHNNYS' ジュニア・スペシャル」となり、『ベルサイユのばら』でレコードデビュー。
  • 日本テレビ系の早朝子供番組『おはよう!こどもショー』にレギュラー出演。 「JJSの親子ゲームコーナー」というレギュラーコーナーを持ち、板野がレフェリー、林が紅組キャプテン、畠山が白組キャプテンの役だった。 また、番組内で歌も数曲披露しており、持ち歌には『パイの歌』、『らっぱっぱ』、『またですか?』、『ねずみ小僧次郎吉』などがあった。 同番組には、メリー喜多川の愛娘・藤島ジュリー景子も一緒に出演していた。
  • 1978年に解散。その後は「VIP」(後述)として再デビューした。

エピソード[編集]

  • 3人の中では林が一番人気があった。雑誌では、林と手塚さとみツーショット対談なども行われている。また、『月刊明星』の1975年4月号では桜田淳子と共に表紙も飾った。
  • ファンによる親衛隊も多く誕生した。代表的なグループは「ガッツ」、「チーパー」など。「ガッツ」は最も大きいグループで、東京と大阪に存在した。また、ステージ用の応援コールも作られた(「J・U・N・I・O・R・ジュニア JJSファイト~!」など)。
  • 女優の大島さと子は、かつて林正明の追っかけをしていた。放送作家山田美保子も、大学時代はJJSの追っかけだった事実を自著で告白している。森公美子もファンであったことを公言している[2]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

映画[編集]

  • 急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS (1974年7月20日、東宝
    • JJS結成前に、「孤児院の子供たち役」で出演。 舞台挨拶にも参加した。

CM[編集]

ミュージカル[編集]

  • ライブ・ミュージカル 『少年たち ~フォーリーブス・不朽の名作~』 (1975年4月5日 - 5月5日)
  • オリジナルミュージカルプレイ 『友情』 (「フォーリーブスリサイタル ’75」の中でのミュージカル、1975年)
  • フォーリーブス結成10周年記念リサイタルVol.1『ライブ・ミュージカル 少年たちパートII ~ 青春の光と影 / フォーリーブス・ダイナマイトステージ』 (1976年3月)
  • おはよう!こどもショー・ポケットミュージカル (共演:藤島ジュリー景子)

ステージ[編集]

  • 第53回ウエスタン・カーニバル ~ ばらとみかんとバイオリンと (1975年3月28日 - 3月31日、日本劇場
  • ジャニーズジュニアファーストコンサート (1975年4月5日 - 5月5日)
  • ’75 サマーキャラバン ジャニーズ・ジュニア・コンサート (1975年7月25日 - 8月16日)
  • 第54回ウエスタン・カーニバル ~ ジャニーズ・ファミリー・フェスティバル (1975年8月27日、日本劇場)
  • 第55回ウエスタン・カーニバル (1976年3月24日 - 28日、日本劇場)
  • JOE vs JJS + GANGS 1976 サマー・ビッグ・シティ・コンサート (1976年8月9日 - 23日)
  • 第56回ウエスタン・カーニバル (1976年8月24日 - 28日、日本劇場)
  • ジャニーズ・ジュニア Jump up スターパレード’77 (1977年冬)
  • ジャニーズ・ジュニア サマー・フェスティバル (1977年夏)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 1975年2月21日 『ベルサイユのばら c/w 愛しのオスカル』(売上枚数8万枚、オリコン最高12位)
  • 1975年5月2日 『愛のちかい c/w 白鳥』
  • 1975年8月21日 『さよなら愛 c/w 恋はサフラン』
  • 1975年12月5日 『ハートの夢 c/w 感じる夕暮れ』
  • 1976年2月21日 『愛の飛行船に乗って c/w 新しい君を知るために』(「100万人飛行船の会」テーマソング。)
  • 1976年4月21日 『サタデー・ナイト c/w JJSのテーマ』(「サタデー・ナイト」はフォーリーブスの北公次が日本語作詞)
  • 1976年5月21日 『元気ですか c/w 僕の消息(歌:豊川誕)』
  • 1976年7月21日 『サンデー・キューピット』
  • 1976年10月21日 『太陽のあいつ c/w 焔のカーブ』
  • 1976年12月21日 『憧れのベイシティローラーズ c/w ダンス・フォーミー』
  • 1977年3月21日 『ツイスト110番 c/w 片思い日記』(フォーリーブス楽曲提供。「ツイスト110番」作詞:おりも政夫・作曲:青山孝/「片想い日記」作詞:江木俊夫・作曲:青山孝)
  • 1977年7月21日 『ラストショー c/w ネイビーブルー』

アルバム[編集]

  • 1975年9月21日 『エンジェルパワー』(アニメソングのカバーアルバム)
  • 1976年2月21日 『夢のディスクジョッキー』(売上枚数0.8万枚、オリコン最高29位)
  • 1976年 『フォーリーブス10周年記念 PART1』 (フォーリーブス豊川誕との共演作。中野サンプラザでの実況録音盤)
  • 1976年12月21日 『素敵な恋の招待券』
  • 1977年12月1日 『集合!アイドルのすべて JJS全曲集』

VIP[編集]

VIP(ビップ)は、「JOHNNYS' ジュニア・スペシャル」の後身に当たり、ジャニーズの歴史では極めて稀有の、女性が2人参加したグループ。

メンバー[編集]

  • 板野俊雄 (元・JJSのメンバー)
  • 河村信子 (福岡県出身。劇団員からオーディションを受けての加入)
脱退メンバー[編集]
  • 林正明 (元・JJSのメンバー)
  • 畠山昌久 (元・JJSのメンバー)
  • 吉本和子 (東京都出身。フォーリーブスのファンだった事から加入)

概要[編集]

  • 1978年キングレコードより『南十字星』でレコードデビュー。
  • 1979年、林・畠山・吉本の3名が脱退を表明。そして、1979年5月13日に日比谷野外音楽堂にて、約4時間に渡る解散コンサートが行われた。
  • 5人組としての「VIP」は解散したが、その後も板野と河村の2人だけでグループを存続させた。そして、1980年にデュオ曲を1枚だけリリースしたが、やがて自然消滅した。
  • 河村と吉本は「週刊プレイボーイ」(1979年2月13日号)にて水着姿で登場している。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

※タイアップについてはジャニーズ タイアップ一覧#VIPを参照。

  • 南十字星 c/w たそがれハーバー(1978年7月21日。両面ともミッキー吉野が編曲)
  • 青春にかけろ c/w 明日に向かって(1978年10月5日)
  • きらめきの季節(とき)(1980年1月10日、板野と河村のデュオ作。事務所の先輩・あおい輝彦が主演した同名映画の主題歌)

アルバム[編集]

  • 「新・エースをねらえ!I」
  • 「新・エースをねらえ!II」
  • 「新・エースをねらえ!III」

メンバーのその後[編集]

  • 板野は1980年6月1日から「ジャPAニーズ」に加入した為、その後の詳細はジャPAニーズの項目を参照。
  • 畠山は脱退後に事務所を移籍。1980年に「畠 真之(はた まさゆき)」に改名して俳優として活動。 1984年劇団四季へ入団すると、再び「畠山昌久」の名に戻して活動していたが、しばらくしてから「畠山 久(はたけやま ひさし)」へと改名した。1993年には中野サンプラザで行われたロックオペラ「ハムレット」にレアティーズ役で出演し、X JAPANToshIデーモン小暮閣下などと共演。2003年5月31日、転移性胆管癌により死去。45歳没。
  • 林は脱退の1ヶ月後から、プライベートでソロのアコースティックライブ活動を数年間続けていた。その後は結婚して男児を一人もうけ、妻の実家の家業である不動産業を手伝っていた。2016年5月26日心筋梗塞により死去していたことが判明した(死亡月日は未公表)。57歳没。5月28日に横浜市内で葬儀が行われた[1]

出典[編集]

関連項目[編集]