JIN (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JIN
Jin for Dispatch "Boy With Luv" MV behind the scene shooting, 15 March 2019 06.jpg
「Boy With Luv」のミュージックビデオ撮影時のJIN(2019年3月撮影)
基本情報
原語名 朝鮮語版
出生名 キム・ソクジン 
生誕 (1992-12-04) 1992年12月4日(28歳)
出身地 大韓民国の旗 大韓民国 京畿道 果川市
学歴 建国大学校 映画芸術学部
ジャンル K-POP
職業
担当楽器 ボーカル
活動期間 2013年 -
レーベル HYBE
事務所 BIGHIT MUSIC
共同作業者 BTS (防弾少年団)
公式サイト
キム・ソクジン
各種表記
ハングル 김석진朝鮮語版
漢字 金碩珍中国語版
発音: キム・ソクジン
英語表記: Kim Seok-jin英語版
テンプレートを表示

JIN(ジン、: 朝鮮語版1992年12月4日[1] - )は、韓国出身の歌手シンガーソングライター。韓国の男性ヒップホップグループBTS(防弾少年団)の最年長メンバーである[2]。本名はキム・ソクジン: 朝鮮語版漢: 金碩珍中国語版)。父親は大手韓国企業サムスン電子の取引を行う大手企業のCEOと御曹司である。そのため、使用している携帯はサムスン電子Galaxy。 愛車はポルシェパナメーラランボルギーニアヴェンタドールと言われている。愛称はワールドワイドハンサム[3]、車ドア男[2]、左から3番目の男[4]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1992年12月4日大韓民国京畿道安養市で生まれ[5][6]果川市で幼少期を過ごした[7][8] 。 両親がお金持ちで父が社長。中学時代、韓国の総合エンターテインメント会社・SMエンターテインメントにスカウトされ、一次審査合格の知らせが来るも、詐欺だと思って断った[9]。高校一年生の頃の夢は新聞記者だったが[10]、 高校二年生の頃に見たドラマ「善徳女王」でのキム・ナムギルの演技に感動し、役者を目指すようになった[11][12][13]2011年、倍率210倍の建国大学校映画芸術学部に入学した[9]。ある日の通学中、Big Hit Entertainmentからのスカウトを受け[14]、オーディションを受けることになる。後に研修生として入所した[15]2017年2月22日に同大学を卒業したことを公表し[16][17]、同年、漢陽サイバー大学経営大学院・広告メディアMBA[18] に入学した[19]

BTSとして[編集]

デビュー当時のJIN(2013年7月撮影)

2013年6月13日、シングルアルバム『2 Cool 4 Skool英語版』から「NO MORE DREAM」でBTSとしてデビューした[20][21][22]2016年10月10日に発売された韓国での2ndスタジオアルバム『WINGS』に収録された初のソロ曲「Awake[23][24]」の制作に携わった[2]。この曲は、ガオンチャートのデジタルチャートで週間31位[25]、月間93位[26]、ダウンロードチャートで週間17位[27]、月間77位[28]、ストリーミングチャートで週間97位[29]、BGMチャートで週間90位[30]を記録した[31]ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで6位を獲得した[32][33][34]。2016年12月、SoundCloudでクリスマスバージョンの「Awake[35]」をリリースした[36]

2017年10月17日、BTSとLINE FRIENDS朝鮮語版CREATORSがコラボレーションした「BT21(曖昧さ回避)朝鮮語版」というプロジェクトで、「RJ」と呼ばれるアルパカをモチーフにしたキャラクターのデザインに関わった[37][38]

2018年8月24日、2曲目となる「Epiphany (BTS song)英語版[39][40]」が4thリパッケージアルバムLOVE YOURSELF 結 'Answer'』に収録された[41][42]。デジタルチャートで週間30位[43]、月間63位[44]、ダウンロードチャートで週間6位[45]、月間28位[46]、ストリーミングチャートで週間40位[47]、月間62位[48]、BGMチャートで週間22位[49]、月間84位[50]、モバイル・ベル・チャートで週間26位[51]、月間69位[52]、モバイル・リング・チャートで週間15位[53]、月間52位[54]を記録した[55]。ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで4位、ビルボード・K-POP・100で5位[56]、ビルボード・HOT CANADIAN・デジタルシングルソングセールス・チャートで28位[57]を獲得した[32][34]。音楽評論家のパク・ヒア氏は、この曲を「『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』のソロトラックの中で最も感傷的な感情を歌う曲である」と評価した[58]東南アジアの独立系音楽メディアプラットフォームBandwagonでは、メンタルヘルスの解放に役立つ曲の一つとして紹介された[59]2021年10月14日、同曲のミュージックビデオ[40]が動画投稿サイトYouTubeで再生回数1億回を突破した。[60]

2019年6月7日6月26日に全世界リリースされたモバイルゲーム『BTS World: Original Soundtrack英語版』の2曲目のオリジナル・サウンドトラックとなる「Dream Glow英語版」がデジタルシングルとして公開された[61][62]JIMINJUNG KOOKと共に歌った本作は、イギリス出身の女性歌手であるCharli XCXが参加し、ノルウェー出身のソングライター及びプロデュースチームでありビートメイカーのStargate英語版がプロデュースした[63]。配信後、ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで1位を記録した[64]

2020年2月21日、3曲目となる「Moon[65]」が韓国での4thスタジオアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』に収録された[66]。この曲は、ガオンチャートのデジタルチャートで週間22位[67]、月間47位[68]、ダウンロードチャートで週間9位[69]、月間14位[70]、ストリーミングチャートで週間25位[71]、月間42位[72]、年間98位[73]BGMチャートで週間48位[74]、モバイル・ベル・チャートで週間82位[75]を獲得した[76]。ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで2位[34]、ビルボード・K-POP・100で12位[56]、ビルボード・HOT CANADIAN・デジタルシングルソングセールス・チャートで27位[57]、ビルボード・イタリア・デジタルシングルソングセールス・チャートで3位[77]を獲得した。 同曲は、音楽専門雑誌『Rolling Stone』が選んだ「歴代最高ボーイバンドの曲トップ75(75 Greatest Boy Band Songs of All Time)[78]」で5位に選出された。 [79][80]

2021年9月29日ColdplayとBTSとのコラボ楽曲である『My Universe (song)英語版[81]』が発表され、Coldplayのボーカリストクリス・マーティンにより、コラボレーションがジンの発案だったと明かされた[82]

ソロ活動[編集]

2016年KBS第2テレビジョンで放送された時代劇花郎」の挿入歌である「死んでも君だよ(英語: It's Definitely You)」をハンソン役で出演したVと共に担当した[83]。この挿入歌は、ガオンチャートのデジタルダウンロード部門で週間18位を記録し[32]、ビルボード・ワールド・デジタルシングルソングセールス・チャートで8位を獲得した[84]12月2日には第9回Melon Music AwardsでベストOSTにノミネートされた[85][86]

また2017年6月14日JUNG KOOKSUGAと共に「So Far Away[87]」を新たなバージョンとしてリリースした。2015年5月7日Ra.D英語版の「Mom[88][89]、同年12月3日Mate(音楽グループ)朝鮮語版の「I Love You[90][91]、2018年6月7日Yoon Do-hyun英語版の「In Front Of The Post Office In Autumn[92]」をそれぞれSoundCloudでリリースした[36][93]

ジンはミュージックバンクSBS人気歌謡などの韓国の音楽番組の司会者として出演した経験がある[94]

2019年6月4日、デビューの記念日を祝うイベント「2019 BTSフェスタ」の一環として、ソロ曲「Tonight[95][96]」をリリースした[97][98]。アコースティックバラードは、Big Hit EntertainmentのレコードプロデューサーであるSlow RabbitとHiss Noiseと共に作曲した。作詞はBTSのリーダーであるRMが担当した[99]

2020年12月3日、28歳の誕生日の前日に、ソロ曲「Abyss[100][101]」をリリースした[102][103]

2021年6月23日メイプルストーリーのゲームキャラクターデザインコンペティション『MapleStory's 1st Golden Hands Awards[104]』の審査員の1人に任命された[105][106]

2021年10月には、tvNで放映予定である智異山(TVドラマ)朝鮮語版のメインOSTに参加する[107][108]

人物[編集]

身長178.3 cm、体重61kg、血液型O型[109]モモンガのオムギ、オデン、クンムルを飼っていた[110][111]。BTSの最年長でビジュアルとボーカル[112]を担当。音域はテノール[113][114]ギターを弾け[115]、ピアノ演奏を披露したこともある[116]。司会進行が得意でSUGAと共にMCラインと呼ばれる。

デビュー当初は事務所の方針で「ハンサムな顔に似合った、やや静かなクールキャラ」を演じるように言われたという。

韓国の音楽評論家であるキム・ヨンデ氏は2019年に書いた著書『BTS: The Review[117]』の中で、「彼の声は安定した呼吸と強いファルセットを持っている」と述べ、ジンの歌声を「シルバーボイス」と称賛した[118]

コリアタイムスのホン・へミン氏は、ジンの歌声について、「優しく、悲しく、そして自由な精神を持っている」と評価し、ジンのソロ曲である『Epiphany (BTS song)英語版』の「目立つ要素」であると述べた[119]

ジャーナリストのチェ・ソンヘ氏は、アジュ・ニュースに寄稿しており、「Spring Day英語版」や「FAKE LOVE英語版」などの防弾少年団のシングルでジンの声の安定性を示し、B面の「Jamais Vu英語版」は彼の感情的な範囲を示したと書いている[120]

外見からビルボード授賞式に登壇した際に「あの左から3番目の男は誰だ」と話題になり[注釈 1]、「左から3番目の男」がTwitterのトレンドに上がった[4]。その後、様々な公のインタビューでその件に言及され、自らを「ワールドワイドハンサム」と呼び始め[4]、この異名がついた。デビュー当時はクールに決めていたが、現在では親父ギャグや投げキッスを連発する気さくな性格である[要出典][121]

プロデューサーパン・シヒョクはジンの性格について、「メンバーみんな性格が変わったが、長兄であるジンは性格が変わらなかった。とてもとても常識的だ。メンバーが基準線の外に出て行かないようにしてくれている。」と評価している[要出典][110]

2018年、ギャラップが発表した世論調査では、韓国の有名なアイドルランキングで11位にランクインした[122]

2020年12月1日、韓国国会はBTSなどのポップスターが兵役義務を30歳まで延期可能とする法案を可決したため、ジンは兵役を延長した[123]

慈善活動[編集]

2018年、自身の誕生日である12月4日に、韓国動物福祉協会朝鮮語版へ飼料や毛布などの物資を[124]、同じく韓国の動物保護団体である動物保護市民団体KARA朝鮮語版に321kgの食料を寄付した[125]

2019年5月31日、国連児童基金に寄付した金額が10億ウォン(約9100万円)を突破し、高額寄付者の集まり「ユニセフ・オーナーズクラブ」に加入したことが発表された[126]。2018年5月から毎月一定の金額を寄付しており、周囲に寄付の事実を明かしていなかったが、「よい影響力は分かち合うほど大きくなる」という趣旨に共感してオーナーズクラブへの加入を公表した[127][128][129]

作品[編集]

ソロ曲[編集]

No. 発売日 タイトル 投稿元 収録アルバム
1st 2016年10月10日 Awake[23][24] BANGTANTV
HYBE LABELS
WINGS
2nd 2018年8月24日 Epiphany (BTS song)英語版[39][40] LOVE YOURSELF 結 'Answer'
3rd 2020年2月21日 Moon[65] BANGTANTV MAP OF THE SOUL : 7

デジタル配信[編集]

No. 配信日 タイトル 投稿元 備考 脚注
1st 2013年10月22日 Adult Child by Rap Monster, Suga & 진[130][131] BTS
BANGTANTV
RM、SUGAとの共同制作。大人と子供の狭間にいる心境をつづった曲。 [132]
2nd 2015年5月7日 Mom(cover) by Jin[88] BTS Ra.D英語版のカバー曲。 [89]
3rd 2015年12月3日 I Love You (cover) by Jin[90] Mate(音楽グループ)朝鮮語版のカバー曲。 [91]
4th 2016年12月4日 Awake (Christmas ver.) [35] 2ndスタジオアルバム『WINGS』に収録されている「Awake」のクリスマスリミックス。 [36]
5th 2017年6月14日 So Far Away (SUGA, 진, 정국 Ver.)[87] SUGA、JUNG KOOKとの共同制作。後に韓国の歌手シン・スランとオリジナルトラックを再リリースした。 [36]
6th 2018年6月7日 In Front Of The Post Office In Autumn (cover) By JIN Of BTS[92] Yoon Do-hyun英語版のカバー曲。 [36]
7th 2019年6月4日 Tonight[95][96] BTS
BANGTANTV
「2019 BTSフェスタ」の一環としてリリースした。 [97]
8th 2020年12月3日 Abyss[100][101] 28歳の誕生日前日にリリースした。 [102][103]

OST[編集]

No. 発売日 タイトル 収録アルバム 備考 脚注
1st 2017年6月7日 Dream Glow英語版 BTS World: Original Soundtrack英語版 JIMINJUNG KOOKと参加した曲。
Charli XCXが参加。
[61][62][63]
2nd 2017年12月20日 死んでも君だよ

英題: It's Definitely You

花郎 OST Vと参加した曲 [83]

アルバムクレジット曲[編集]

韓国音楽著作権協会の登録番号は「10005243[133]」を参照。

発売日 タイトル 投稿元 収録アルバム 脚注
2013年6月12日 Outro: Circle Room Cypher[134] BANGTANTV 2 Cool 4 Skool英語版
2015年4月29日 Outro: Love Is Not Over[135] 花様年華 pt.1英語版
Boyz with Fun[136]
2016年5月2日 Love Is Not Over[137] 花様年華 Young Forever英語版
2016年10月10日 Awake[23][24] BANGTANTV
HYBE LABELS
WINGS [2]
2020年2月21日 Moon[65] BANGTANTV MAP OF THE SOUL : 7 [79]
2020年11月20日 SKIT[138] Be (BTS album)英語版
Stay[139] [140]

配信クレジット曲[編集]

発売日 タイトル 投稿元 脚注
2019年6月4日 Tonight[95][96] BTS
BANGTANTV
[97]
2020年12月3日 Abyss[100][101] [102][103]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

放送局 番組名 役割 備考 脚注
2016 SBS SBS人気歌謡863回 Special MC with RM,ケイ(歌手)英語版 (LOVELYZ), ミジュ英語版(LOVELYZ) [141]
Mnet M Countdown with JIMIN [142][143]
2017 with JIMIN and J-HOPE [144]
SBS ベクジョンウォンの3大天王朝鮮語版
67回(全州代表の味5編)
Guest with J-HOPE [145]
ジャングルの法則英語版
in コタマナド
9部作
29期出演者 Episodes 247–251 [146]
KBS第2テレビジョン 国民トークショー アンニョンハセヨ朝鮮語版
316回
Guest with JIMIN [147]
JTBC 一食ください朝鮮語版
50回(三成洞編)
Guest with JUNG KOOK [148]
冷蔵庫をお願い
94~95回
Guest with JIMIN [149]
KBS KBS Song Festival英語版 MC with サナ(TWICE), チャンヨル(EXO),
アイリーン(Red Velvet),ソラ(歌手)英語版 (MAMAMOO),
ミンギュ(SEVENTEEN),イェリン英語版 (GFRIEND),
カン・ダニエル(Wanna One)
[150]
2018 Music Bank英語版 with ソルビン英語版 (LABOUM) [151]
KBS Song Festival with ダヒョン(TWICE), チャンヨル(EXO) [152][153]

ミュージックビデオ[編集]

スチール[編集]

受賞歴[編集]

2017年

  • Melon Music Awards 最優秀オリジナルサウンドトラック賞 ノミネート(『死んでも君だよ(英語: It's Definitely You)』)[85][86]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ BTSにおいてジンの基本の立ち位置は左から3番目

出典[編集]

  1. ^ BIRTHDAY BOY Who is K-pop star Jin from BTS and when is his birthday?”. thesun.ie (2021年3月19日). 2021年9月25日閲覧。
  2. ^ a b c d BTS: Get to Know Jin Better”. Billboard (2017年6月30日). 2020年5月13日閲覧。
  3. ^ Coldplay's Chris Martin gifts BTS' Jin a signed acoustic guitar”. bandwagon.asia (2021年9月24日). 2021年9月25日閲覧。
  4. ^ a b c Watch BTS' Jin Bask in Viral Popularity as the Cute One 'Third From the Left'”. Billboard (2017年5月24日). 2021年9月25日閲覧。
  5. ^ Introduction to Anyang City: One of nearest cities from Seoul” (英語). gyeonggido-korea.com (2021年1月29日). 2021年9月28日閲覧。
  6. ^ BTS(防弾少年団)のプロフィール”. モデルプレス. 2021年9月28日閲覧。
  7. ^ The, Crystal (2018年8月11日). “Jin from K-pop superband BTS: his past, his private thoughts and why he's called 'Car Door Guy'”. South China Morning Post. https://www.scmp.com/culture/music/article/2158784/jin-k-pop-superband-bts-his-past-his-private-thoughts-and-why-hes 2018年10月9日閲覧。 
  8. ^ VACCO-BOLAÑOS, JESSICA (2020年11月6日). “Here's Why Jin Was Chosen To Be In BTS Even Though He Had No Singing Experience”. elitedaily.com. https://www.elitedaily.com/p/what-did-jin-do-before-bts-his-first-dream-wasnt-singing-35414299 2021年10月22日閲覧。 
  9. ^ a b 최송희 (2019年5月23日). “[BTS 얼마나 아십니까] 인물탐구② 방탄소년단 서브보컬 '진'” (朝鮮語). www.ajunews.com. 2020年5月13日閲覧。
  10. ^ “50 facts about Jin of BTS” (英語). kpopherald.com. (2019年2月15日). http://m.kpopherald.com/view.php?ud=201902151626099126919_2 2021年10月19日閲覧。 
  11. ^ [팝인터뷰] 김남길 "방탄소년단 영상 잠들기 전 봐..전세계 열광 뿌듯해"” (朝鮮語). pop.heraldcorp.com (2020年1月31日). 2021年9月25日閲覧。
  12. ^ BTS' Jin Had THIS To Say To His Acting Idol Kim Nam Gil At The 35th Golden Disc Awards” (英語). republicworld.com (2021年1月12日). 2021年9月27日閲覧。
  13. ^ '라스' 이이경 "BTS 진, 같은 연기학원 출신…잘생겨서 유명했다"” (朝鮮語). news1 (2020年1月16日). 2021年10月1日閲覧。
  14. ^ Martins, Chris (2017年12月19日). “Inside BTS-mania: A Day in the Life of the K-Pop Superstars” (英語). Rolling Stone. 2020年5月13日閲覧。
  15. ^ Pham, Jason (2019年4月27日). “BTS’s 7 Members Were Discovered in the Most Unconventional Ways” (英語). StyleCaster. 2020年5月13日閲覧。
  16. ^ 'V앱' 방탄소년단 진 "대학교 1학년 봄, 등교 중 캐스팅"” (朝鮮語). 10asia (2017年2月22日). 2021年9月26日閲覧。
  17. ^ 방탄소년단 진, 22일 건국대 영화학과 졸업 “팬들과 함께라 행복”” (朝鮮語). newsen.com (2017年2月23日). 2021年10月6日閲覧。
  18. ^ “방탄소년단 측 “RM·슈가·제이홉 지난해 대학원 입학, 지민·뷔 9월 입학 예정”(공식)” (朝鮮語). newsen. (2020年7月7日). https://www.newsen.com/news_view.php?uid=202007071405520410 2021年9月26日閲覧。 
  19. ^ Kim, So-yeon (2017年3月2日). “Jin of BTS, Chen of EXO enter graduate school at Hanyang Cyber University”. Kpop Herald. http://kpopherald.koreaherald.com/view.php?ud=201703021759160392034_2&ACE_SEARCH=1 2018年7月7日閲覧。 
  20. ^ Bangtan Boys 방탄소년단 Revolutionize KPop” (英語). The Daily Dot (2016年5月12日). 2020年5月13日閲覧。
  21. ^ '방시혁의 비밀병기' 방탄소년단, 5월 가요계 출격” (朝鮮語). joynews24.com (2013年5月20日). 2021年10月7日閲覧。
  22. ^ ‘엠카’ 방탄소년단, 데뷔 무대부터 압도적 ‘강렬 군무’” (朝鮮語). osen.mt.co.kr (2013年6月13日). 2021年10月7日閲覧。
  23. ^ a b c Awake”. BANTANTV (2018年1月2日). 2021年9月26日閲覧。
  24. ^ a b c BTS (방탄소년단) WINGS Short Film #7 AWAKE”. HYBELABELS (2018年1月2日). 2021年9月26日閲覧。
  25. ^ 2016년 42주차 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  26. ^ 2016년 10월 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月13日閲覧。
  27. ^ 2016년 42주차 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月13日閲覧。
  28. ^ 2016년 10월 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月13日閲覧。
  29. ^ 2016년 42주차 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月13日閲覧。
  30. ^ 2016년 42주차 BGM Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月13日閲覧。
  31. ^ Gaonchart 2016년 “Awake”” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月13日閲覧。
  32. ^ a b c 국내 대표 음악 차트 가온차트!”. gaonchart.co.kr. 2020年5月13日閲覧。
  33. ^ World Digital Songs (October 29, 2016)”. Billboard. 2018年7月7日閲覧。
  34. ^ a b c Chart History BTS WORLD DIGITAL SONG SALES” (英語). billboard. 2021年9月25日閲覧。
  35. ^ a b Awake (christmas ver) by Jin of BTS”. BTS (2016年12月4日). 2021年9月26日閲覧。
  36. ^ a b c d e BTS' Jin Releases Cover of 'In Front of the Post Office in Autumn': Listen”. Billboard (2018年6月7日). 2020年5月13日閲覧。
  37. ^ “「防弾少年団」&「ラインフレンズ」のコラボ商品「BT21」が手に入るように!?”. (2017年12月18日). https://kt.wowkorea.jp/news-read/18776.html 2021年9月28日閲覧。 
  38. ^ “LINE、無料で使えるLINEスタンプを合計120種類追加”. (2018年6月22日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001134.000001594.html 2021年10月1日閲覧。 
  39. ^ a b Epiphany”. BANTANTV (2018年8月24日). 2021年9月26日閲覧。
  40. ^ a b c BTS (방탄소년단) LOVE YOURSELF 結 Answer 'Epiphany' Comeback Trailer”. HYBELABELS (2018年8月10日). 2021年9月26日閲覧。
  41. ^ BTS' 'Epiphany' Comeback Trailer: Watch Jin Sing In The Video”. Billboard (2018年8月9日). 2020年5月13日閲覧。
  42. ^ MERRILL, PHILIP (2018年8月9日). “BTS Begin 'Love Yourself: Answer' With Jin's "Epiphany"” (英語). GRAMMY.com. 2021年10月21日閲覧。
  43. ^ 2018년 35주차 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月11日閲覧。
  44. ^ 2018년 09월 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  45. ^ 2018년 34주차 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  46. ^ 2018년 08월 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  47. ^ 2018년 35주차 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  48. ^ 2018년 09월 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  49. ^ 2018년 34주차 BGM Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  50. ^ 2018년 08월 BGM Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  51. ^ 2018년 35주차 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  52. ^ 2018년 09월 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  53. ^ 2018년 35주차 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  54. ^ 2018년 08월 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  55. ^ Gaonchart 2018년 “Epiphany”” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  56. ^ a b Chart History BTS Billboard K-POP 100” (英語). billboard. 2021年10月19日閲覧。
  57. ^ a b Chart History BTS Billboard HOT CANADIAN DIGITAL SONG SALES” (英語). billboard. 2021年10月19日閲覧。
  58. ^ Park, Hee-a. “방탄소년단 (BTS) ´FAKE LOVE´” (朝鮮語). Korean Music Awards. 2019年6月5日閲覧。
  59. ^ Songs by Asian artists to help destigmatize and open up the conversation of mental health”. Bandwagon.asia (2021年7月25日). 2021年9月27日閲覧。
  60. ^ BTS 진 솔로곡 '에피파니' 뮤직비디오 유튜브 1억뷰 돌파” (朝鮮語). Yonhap News (2021年10月15日). 2021年10月17日閲覧。
  61. ^ a b BTSを最高のアーティストへと導くマネージャーゲーム『BTS WORLD』6月26日正式リリース決定!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2019年6月5日). 2021年9月26日閲覧。
  62. ^ a b BTSを最高のアーティストへと導くマネージャーゲーム『BTS WORLD』 OST<A Brand New Day>を6月14日に公開!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2019年6月14日). 2021年9月26日閲覧。
  63. ^ a b Listen to BTS and Charli XCX join forces on new song ‘Dream Glow’Jin, Jimin, and Jungkook team-up with the British star on new track”. NME (2019年6月7日). 2021年9月26日閲覧。
  64. ^ BTS Earns Record-Extending 12th No. 1 on World Digital Song Sales Chart With Charli XCX Duet 'Dream Glow'”. Billboard (2019年6月18日). 2021年9月26日閲覧。
  65. ^ a b c Moon”. BANTANTV (2020年2月21日). 2021年9月26日閲覧。
  66. ^ Kim, Jae-Ha (2020年2月23日). “BTS' 'Map of the Soul: 7': Album Review”. Variety. 2020年6月19日閲覧。
  67. ^ 2020년 09주차 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月11日閲覧。
  68. ^ 2020년 03월 Digital Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月11日閲覧。
  69. ^ 2020년 8주차 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月11日閲覧。
  70. ^ 2020년 02월 Download Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  71. ^ 2020년 9주차 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  72. ^ 2020년 03월 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  73. ^ 2020년 Streaming Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  74. ^ 2020년 8주차 BGM Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  75. ^ 2020년 12주차 Mobile Chart” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年9月18日閲覧。
  76. ^ Gaonchart 2020년 “Moon”” (朝鮮語). gaonchart.co.kr. 2021年10月14日閲覧。
  77. ^ Chart History BTS Billboard ITALY DIGITAL SONG SALES” (英語). billboard. 2021年10月19日閲覧。
  78. ^ 75 Greatest Boy Band Songs of All Time From the Jackson 5 to BTS: here are the most scream-worthy boy band songs”. Billboard (2020年7月24日). 2021年9月25日閲覧。
  79. ^ a b BTS・JINがファンへの想い込めたソロ曲『Moon』、ストリーミング再生回数1億回を突破!”. スポーツソウル (2021年9月5日). 2021年9月25日閲覧。
  80. ^ BTSのJIN、作詞作曲したソロ曲『Moon』が計110カ国iTunesチャートで1位を記録!歴代5番目の快挙”. スポーツソウル (2021年7月10日). 2021年10月13日閲覧。
  81. ^ Coldplay X BTS - My Universe (Official Video)”. Coldplay (2021年9月29日). 2021年10月20日閲覧。
  82. ^ Agarwal, Varsha (2021年10月16日). “Chris Martin Reveals Coldplay And BTS Collaboration Was Jin's Idea; Read On” (英語). republicworld.com. 2021年10月20日閲覧。
  83. ^ a b 방탄소년단 뷔X진, '화랑'OST 두번째 주자 출격…오늘 자정 공개” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2020年5月13日閲覧。
  84. ^ Chart History Jin It's Definitely You V & JIN” (英語). billboard. 2021年9月25日閲覧。
  85. ^ a b Yonhap News Agency” (英語). Yonhap News Agency. 2020年5月13日閲覧。
  86. ^ a b Melon Music Awards 2017: Winners of Top 10 Artists awards, nominees for category awards” (英語). ibtimes.co.in (2017年11月17日). 2021年10月7日閲覧。
  87. ^ a b So Far Away (SUGA, 진, 정국 Ver.)”. BTS (2017年6月14日). 2021年9月26日閲覧。
  88. ^ a b (英語) 엄마 (cover) by Jin, https://soundcloud.com/bangtan/150507mp3 2020年5月13日閲覧。 
  89. ^ a b BTS’s Jin Shares Heartfelt Letter and Cover of Ra.D’s “Mom” as a Gift for Parents’ Day” (en ). soompi.com (2015年5月8日). 2021年9月24日閲覧。
  90. ^ a b I Love You (cover) by Jin”. BTS (2015年12月4日). 2021年9月26日閲覧。
  91. ^ a b Bangtan Boys’ Jin Reveals Cover of ‘I Love You’ by Mate” (英語). www.koogle.tv (2021年9月24日). 2019年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月13日閲覧。
  92. ^ a b In Front Of The Post Office In Autumn (cover) By JIN Of BTS”. BTS (2018年6月8日). 2021年9月26日閲覧。
  93. ^ BTS' Jin Covers Classic Yoon Do-hyun Ballad” (英語). GRAMMY.com (2018年6月8日). 2020年5月13日閲覧。
  94. ^ tf.co.kr (2018年6月7日). “[단독] '빌보드 정복' 방탄소년단 진, 8일 '뮤직뱅크' MC 출격” (朝鮮語). 더팩트. 2020年5月13日閲覧。
  95. ^ a b c Tonight by JIN of BTS”. BTS (2019年6月5日). 2021年9月26日閲覧。
  96. ^ a b c [BANGTAN BOMB] Jin, Recording his first ever composition - BTS (방탄소년단)”. BANTANTV (2019年11月27日). 2021年9月26日閲覧。
  97. ^ a b c Listen to 'Tonight', the first solo song by BTS' Jin” (英語). NME Music News, Reviews, Videos, Galleries, Tickets and Blogs | NME.COM (2019年6月4日). 2020年5月13日閲覧。
  98. ^ BTS’ Jin Dominates SoundCloud With Various Records Broken By Self-Produced Song “Tonight”” (英語). HELOKPOP (2019年6月8日). 2021年10月20日閲覧。
  99. ^ [V LIVE] BTS Live : MiniMoni😎” (日本語). www.vlive.tv. 2020年5月13日閲覧。
  100. ^ a b c Abyss by Jin of BTS”. BTS (2020年12月3日). 2021年9月26日閲覧。
  101. ^ a b c Abyss by Jin”. BANTANTV (2020年12月3日). 2021年9月26日閲覧。
  102. ^ a b c Delgado, Sarah (2020年12月3日). “BTS Member Jin Releases Birthday Solo Song "Abyss"”. Teen Vogue. 2020年12月3日閲覧。
  103. ^ a b c HIATT, BRIAN (2021年5月16日). “BTS’ Jin on ‘Rock-Style Songs,’ Life Off the Road, and Being Very Handsome”. Rolling Stone. 2021年10月3日閲覧。
  104. ^ 메이플스토리 - 제 1회 금손 어워즈” (朝鮮語). NEXON Korea. 2021年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月24日閲覧。
  105. ^ “Get BTS' Jin to check out your artwork at MapleStory's 1st Golden Hands Awards”. bandwagon.asia. (2021年6月24日). https://www.bandwagon.asia/articles/bts-jin-maplestory-judge-artwork-1st-golden-hands-awards-character-design-award-nexon-hybe-bighit-kim-seokjin-2021 2021年9月25日閲覧。 
  106. ^ “금손 어워즈 심사영상 [메이플스토리]”. MapleStory KR. (2021年9月1日). https://www.youtube.com/watch?v=LukNNXzqTwM 2021年9月25日閲覧。 
  107. ^ BTS 진, tvN 기대작 '지리산' 메인 테마곡 부른다” (朝鮮語). 聯合ニュース (2021年10月1日). 2021年10月9日閲覧。
  108. ^ BTS’ Jin to sing theme song of upcoming K-drama ‘Cliffhanger’” (英語). NME news (2021年10月1日). 2021年10月9日閲覧。
  109. ^ BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB” (日本語). BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB. 2020年5月13日閲覧。
  110. ^ a b 【Oh!コーヒーカップ③】パン・シヒョク 性格変わったジョングク、変わらないジン、防弾すべて純粋に” (韓国語). OSEN (2017年4月24日07:00). 2017年6月30日閲覧。
  111. ^ Listen to BTS star Jin's new solo song 'Tonight,' a heartwarming ode to his pets” (英語). Entertainment Weekly (2019年6月4日). 2021年9月26日閲覧。
  112. ^ 安藤, 由美 (2021年10月23日). “現役オペラ歌手が考察…生歌を聞いてこそ、よりうまさを実感するBTSの歌唱力”. 講談社FRaU. 2021年10月23日閲覧。
  113. ^ MENDEZ, MICHELE (2020年9月4日). “All Of Jin's Solo Songs Have Messages As Powerful As His Vocals” (英語). elitedaily.com. 2021年10月20日閲覧。
  114. ^ MOON, KAT (2020年2月19日). “The 12 Most Underrated BTS Songs” (英語). Time.com. 2021年10月21日閲覧。
  115. ^ JIN'S HOBBIES OUTSIDE OF BTS PROVE HE’S A MAN OF MANY TALENTS” (英語). elitedaily.com (2021年8月13日). 2021年10月19日閲覧。
  116. ^ What Instruments Do The BTS Members Play?” (英語). cheatsheet.com (2019年8月11日). 2021年10月19日閲覧。
  117. ^ Kim, Young-dae (2019-3-27). BTS - The Review: A Comprehensive Look at the Music of BTS. Seoul: RHK. ISBN 9788925565828 
  118. ^ BTS: Jin’s voice receives praise from top music critics” (英語). somagnews.com (2020年12月20日). 2021年10月13日閲覧。
  119. ^ “사랑하고 싶어”...방탄소년단 진, 리패키지 컴백 트레일러 ‘Epiphany’ 주인공” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2020年5月13日閲覧。
  120. ^ Choi, Song-hye (2019年5月23日). “[BTS 얼마나 아십니까] 인물탐구② 방탄소년단 서브보컬 '진'” (朝鮮語). Aju News. https://www.ajunews.com/view/20190522140732606 2019年5月24日閲覧。 
  121. ^ BTS: 'Hilarious' Hidden Talents Of The Members You Probably Didn't Know About” (英語). ibtimes.com (2021年2月23日). 2021年10月19日閲覧。
  122. ^ Korea, Gallup (2018年12月18日). “Gallup Korea Daily Opinion: 2018년 올해를 빛낸 가수와 가요 - 최근 12년간 추이 포함”. Gallup Korea Daily Opinion. 2020年5月13日閲覧。
  123. ^ 韓国、BTSの兵役延期を認める法案を可決” (日本語). BBCニュース (2020年12月2日). 2021年3月4日閲覧。
  124. ^ 방탄소년단 측 “진, 생일 맞아 유기견 사료 직접 구입+기부”(공식입장)” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2020年5月13日閲覧。
  125. ^ [스브스타] 생일 기념해 유기동물에 사료 321kg 후원한 '방탄소년단' 진” (朝鮮語). SBS NEWS (2018年12月5日). 2020年5月13日閲覧。
  126. ^ BTSのJIN、寄付金1億ウォン超えでユニセフのオーナーズ・クラブ会員に|スポーツソウル日本版” (日本語). スポーツソウル. 2020年5月13日閲覧。
  127. ^ BTSのJINが高額寄付者が集まるクラブへの加入を公表 総額9000万円超” (日本語). ライブドアニュース. 2020年5月13日閲覧。
  128. ^ 됐다, 유니세프한국위원회 | 방탄소년단 진 누적 유니세프 기부금 1억 이상, ‘아너스클럽’ 회원. “방탄소년단 진 누적 유니세프 기부금 1억 이상,‘아너스클럽’ 회원 됐다” (朝鮮語). www.unicef.or.kr. 2020年5月13日閲覧。
  129. ^ 방탄소년단 진, 누적 기부금 1억원 이상...아너스클럽 회원” (朝鮮語). 朝鮮日報 (2019年5月31日). 2021年10月8日閲覧。
  130. ^ Adult Child”. BTS (2013年3月13日). 2021年9月26日閲覧。
  131. ^ 어른아이 by 방탄소년단”. BANTANTV (2013年10月22日). 2021年9月26日閲覧。
  132. ^ BTS(防弾少年団)デビュー6周年! 映像から振り返るBTSの軌跡「無名事務所の出身の彼らがファンを獲得した方法」とは?” (日本語). KPOP monster (2019年6月14日). 2020年5月13日閲覧。
  133. ^ (10005243) 님의 작품목록 입니다. (11개의 작품)” (朝鮮語). komca.or.kr (2018年1月2日). 2021年9月29日閲覧。
  134. ^ Outro: Circle Room Cypher”. BANTANTV (2018年1月2日). 2021年9月26日閲覧。
  135. ^ Outro: Love Is Not Over”. BANTANTV (2018年1月3日). 2021年9月26日閲覧。
  136. ^ 흥탄소년단”. BANTANTV (2018年1月3日). 2021年9月26日閲覧。
  137. ^ Love is not over (full length edition)”. BANTANTV (2018年1月2日). 2021年9月26日閲覧。
  138. ^ SKIT”. BANTANTV (2020年11月20日). 2021年9月26日閲覧。
  139. ^ Stay”. BANTANTV (2020年11月20日). 2021年9月26日閲覧。
  140. ^ 방탄소년단, 새 앨범 전곡 자작곡 승부수…전 멤버 작사·작곡 참여(공식)” (朝鮮語). newsen.com (2020年11月18日). 2021年9月25日閲覧。
  141. ^ “[단독] 방탄소년단 랩몬스터·진, '인기가요' 스페셜 MC…러블리즈” (朝鮮語). tvreport.co.kr. (2016年5月14日). http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=893532 2018年7月7日閲覧。 
  142. ^ [BANGTAN BOMB] Jin&Jimin M countdown Special MC - BTS (방탄소년단)” (朝鮮語). Youtube. Bangtan TV (2016年12月16日). 2018年10月14日閲覧。
  143. ^ “‘인기가요’ 방탄소년단, 지민+진..샤이니와 같은 팀인 줄 ‘훈훈 외모’” (朝鮮語). go.seoul.co.kr. (2016年10月14日). https://go.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20161024500001 2021年10月8日閲覧。 
  144. ^ “승승장구 방탄…진·지민·제이홉, '엠카' 스페셜MC 발탁” (朝鮮語). OSEN. (2017年9月27日). http://osen.mt.co.kr/article/G1110740273 2018年7月6日閲覧。 
  145. ^ “'3대천왕' 방탄소년단 진 “다이어트 위해 닭가슴살 2팩 하루 버텨”” (朝鮮語). (2017年1月7日). https://www.chosun.com/site/data/html_dir/2017/01/07/2017010700476.html 2021年10月8日閲覧。 
  146. ^ Hwang, Hye-jin (2016年11月4日). “방탄소년단 측 "진 '정글의법칙' 술라웨시편 출연확정"” (朝鮮語). http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201611041056210410 2018年10月5日閲覧。 
  147. ^ “'안녕' 진, 아재개그 퍼레이드..폭소vs냉담” (朝鮮語). (2017年3月13日). https://tenasia.hankyung.com/topic/article/2017031363124 2021年9月27日閲覧。 
  148. ^ “[Oh!쎈 컷] ‘한끼줍쇼’ 이경규vs방탄소년단 진, 눈알 굴리기 대결” (朝鮮語). (2017年9月27日). http://osen.mt.co.kr/article/G1110740658 2021年9月27日閲覧。 
  149. ^ “[공식입장] 방탄소년단 진·지민, '냉부해' 뜬다…"10월 방송"” (朝鮮語). (2021年9月25日). http://osen.mt.co.kr/article/G1110739055 2021年9月27日閲覧。 
  150. ^ Herman, Tamar (2017年12月30日). “BTS Performs Rock Remixes of 'DNA' & 'Not Today' at 2017 KBS Song Festival”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/columns/k-town/8085629/bts-dna-not-today-2017-kbs-song-festival-video 2018年7月6日閲覧。 
  151. ^ “[단독] '빌보드 정복' 방탄소년단 진, 8일 '뮤직뱅크' MC 출격” (朝鮮語). tf.co.kr. (2018年6月7日). http://news.tf.co.kr/read/entertain/1724998.htm 2018年7月6日閲覧。 
  152. ^ Kim, Ju-ae (2018年12月13日). “[공식입장] 엑소 찬열·BTS 진·트와이스 다현, 'KBS 가요대축제' MC 확정” (朝鮮語). X Sports News. https://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000932790 2018年12月13日閲覧。 
  153. ^ “BTS May Perform Their Solo Songs At KBS Gayo Daechukjae, So Here's How To Stream The Event” (英語). elitedaily. (2018年12月28日). https://www.elitedaily.com/p/heres-how-to-stream-2018-kbs-gayo-daechukjae-to-catch-bts-rumored-solo-performances-15571872 
  154. ^ [HD MV]No more perfume on you(향수뿌리지마)”. TEEN TOP Official (2011年7月25日). 2021年9月27日閲覧。
  155. ^ a b “Netizens Spot Predebut BTS’s Jin In These Music Videos”. koreaboo.com. (2021年7月13日). https://www.koreaboo.com/stories/bts-jin-predebut-cameo-rare-teentop-2am/ 2021年9月28日閲覧。 
  156. ^ a b c “Phát hiện Jin từng làm vệ sĩ, phải kết hôn bất đắc dĩ trước khi là thành viên của BTS” (ベトナム語). kenh14.vn. (2021年7月13日). https://kenh14.vn/phat-hien-jin-tung-lam-ve-si-phai-ket-hon-bat-dac-di-truoc-khi-la-thanh-vien-cua-bts-20210714172607606.chn 2021年9月28日閲覧。 
  157. ^ [JoKwon] I'm Da One M/V”. HYBELABELS (2012年6月24日). 2021年9月27日閲覧。
  158. ^ Agust D '대취타' MV”. HYBELABELS (2020年5月22日). 2021年9月29日閲覧。
  159. ^ “BTS’ Jin and Jungkook explain their cameo in Suga’s Daechwita music video” (英語). metro.co.uk. (2020年5月24日). https://metro.co.uk/2020/05/24/agust-d-mixtape-suga-new-video-bts-jin-jungkook-cameo-12751610/ 2021年10月1日閲覧。 
  160. ^ 에뛰드 [@etudeplay] (2013年2月17日). "[모맨트st.착한남자] 힙합 아이돌 그룹 방탄소년단 '진' 평소 모맨트st 착한남자 비비&왁스로 티 안나게 촉촉 빛나는 피부와 볼륨감 있는 투블럭 컷으로 스타일링한데요~뭘 좀 아는군! 멋진 음악 기대할게~♥" (ツイート) (韓国語). Twitterより2021年9月28日閲覧
  161. ^ “Jin’s Predebut Modeling Photos Prove He Was Always Worldwide Handsome”. koreaboo.com. (2021年7月13日). https://www.koreaboo.com/stories/bts-jin-predebut-modeling-photos/ 2021年9月28日閲覧。 

外部リンク[編集]