JEN玖珠ウインドファーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JEN玖珠ウインドファーム
日本の旗 日本
所在地 大分県玖珠郡玖珠町
現況 運用中
運転開始 2005年5月1日
事業主体 JEN玖珠ウインドファーム株式会社
運営者 クリーンエナジーファクトリー株式会社
タービン
タービン数 11基
製造元 三菱重工業
型番 MWT-1000A
発電量
最大出力 11,000kW
テンプレートを表示
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2017年8月

JEN玖珠ウインドファーム(ジェイイーエヌくすウインドファーム)は、大分県玖珠郡玖珠町大字戸畑にある風力発電所である。JENホールディングス株式会社の事業子会社であるJEN玖珠ウインドファーム株式会社が所有する[1]

概要[編集]

標高675mの鏡山の山頂付近に三菱重工業製の定格出力1,000kWの風力タービンMWT-1000Aを11基設け、認可出力は11,000kW。発電した電力は、全量を九州電力に売電している。

クリーンエナジーファクトリー株式会社(CEF)の事業子会社であるCEF玖珠ウインドファーム株式会社によって建設され、2005年5月1日に運転を開始した。その後、2011年1月に、JENホールディングス株式会社が、CEF玖珠ウインドファーム株式会社の株式を取得して、同社をJEN玖珠ウインドファーム株式会社に改称した[2]。JENホールディングス株式会社は、同年3月31日に伊藤忠商事傘下の伊藤忠エネクスグループに加わっている。なお、本発電所の運転管理は引き続きクリーンエナジーファクトリー株式会社が行っている[3]

JEN玖珠太陽光発電所[編集]

2012年10月1日には、JEN玖珠ウインドファーム株式会社によって、玖珠ウインドファーム近隣の14,000平方メートルの敷地に3,952枚のパネルからなる1MWのメガソーラーが稼働している。これは、伊藤忠エネクスグループとして初めてのメガソーラーである。本施設についても、発電した電力は、全量が九州電力に売電される[4][5][6]

脚注[編集]

  1. ^ JEN玖珠ウインドファーム株式会社
  2. ^ ニュース・トピックス JENホールディングス株式会社
  3. ^ Works クリーンエナジーファクトリー株式会社
  4. ^ 伊藤忠エネクスグループ初の大規模太陽光発電所の稼働開始について (PDF) 伊藤忠エネクス株式会社、2013年10月9日
  5. ^ メガソーラー:玖珠町に完成 風力発電所とそろい踏み/大分 毎日新聞、2013年10月10日
  6. ^ 伊藤忠エネクス、風力発電に加え、メガソーラーにも参入 日経テクノロジーオンライン、2013年10月11日