JCBクラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JCBクラシック仙台から転送)
移動先: 案内検索

JCBクラシックは、かつて仙台放送主催、JCBの特別協賛で毎年6月初旬に開催されていた日本ゴルフツアー機構公認の男子プロゴルフツアーの大会。2007年平成19年)シーズンをもって男子ツアー日程から外れ、大会も閉じられることとなった。

概要[編集]

1972年昭和47年)に東北で初めて、かつサーキット大会(メジャータイトルなど)を除けば唯一の東北地方でのプロゴルフツアー大会として「東北クラシック」という名称でスタート。その後、1988年(昭和63年)より「仙台放送クラシック」、1990年平成2年)より「JCBクラシック仙台」と名称変更され、2007年(平成19年)は「JCBクラシック」となった。

大会が開かれる時期の仙台都市圏は、日照時間も長く最も過ごし易い初夏にあたるが、朝夕が涼しく、時に海からの冷たい北東風「やませ」が入り込んで日中の気温が平年値より大きく下がる日もある。2006年(平成18年)まで大会が開かれた柴田町(仙台都市圏南部)の丘陵地にあるゴルフ場(表蔵王国際GC)では、さらに残雪が覆う奥羽山脈からの吹き降ろしの風が吹く年もあるため、既に夏日が続いている東京方面からの出場者には体調管理が難しい大会でもあった。

2007年(平成19年)は、会場と名称を変更して、大衡村(仙台都市圏北部)の花の杜ゴルフクラブ(アコーディア・ゴルフ系)において開催された。仙台放送主催であるため、他の在仙台テレビ局での告知や大会の経過などが放送されることは基本的にないが、県内で女子プロゴルツアーの大会を主催するミヤギテレビのローカルニュースのスポーツコーナーでは、大会ロゴマークを使用して試合の映像を放送していた。

2007年(平成19年)実績、賞金総額1億円、優勝賞金2000万円。

歴代優勝者[編集]

●東北クラシック
●仙台放送クラシック
●JCBクラシック仙台
●JCBクラシック

中継[編集]

仙台放送の制作で最終日のみフジテレビ系列(ただしクロスネット局テレビ大分テレビ宮崎を除く)に全国放送されていた。予選ラウンド(以下・予選R)は当日の夕方に1時間枠で放送し(2006年より2日目からの放送)、決勝ラウンド(以下・決勝R)は土曜日が宮城県のみ13:00~15:55(天気予報など数分間の中断)で生中継。中断後の放送は東海テレビで同時ネット、フジテレビで当日深夜に放送される。最終日は16:05~17:45の放送で本来17:30から放送されるニュースは短縮版での放送となる。

実況は長年、仙台放送の浅見博幸が担当していたがここ数年、自身の担当番組異動により出演せず予選Rは同局の下田恒幸(現フリー)、金澤聡が担当し、決勝Rはゴルフキャスターの戸張捷が実況・解説を担当していた。また、ラウンドリポーターは決勝Rに入ると予選R実況者と系列局から1名が務め過去に塩原恒夫松井みどり竹下陽平加藤晃が担当していた。また、現日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)の小塚歩も同局所属時代にリポーターを担当している。

大会打ち切り[編集]

  • 2007年(平成19年)12月日本ゴルフツアー機構2008年(平成20年)のツアー日程を発表。その中に当大会の名前はなく打ち切りが発表された。仙台放送広報室によると特別協賛のJCBから打ち切りが申しだされ新たな協賛企業を模索したが手を上げる企業がなくしかも、男子ツアーの視聴率の低下も影響した。東北唯一の男子大会が終了となり初夏の風物詩が一つ消えてしまったが、2014年より福島県を舞台としたダンロップ・スリクソン福島オープンが開催されることになり、東北地方での男子ツアーが復活することになった。
  • 大会のテレビ放送権をもっていた仙台放送は、代わりにバラエティ特番を制作し、毎年6月の大会放送時間帯(16:05~17:20)にフジテレビ系列全国ネットをすることとなった。2008年(平成20年)~2010年(平成22年)は、「脳テレ〜あたまの取扱説明書(トリセツ)〜」を放送した。
    • なお、2011年は10月23日の同時間帯に同番組を、2017年は7月2日の同時間帯に「どっち派ジャーニー」を放送した。

関連項目[編集]

東北地方で開催される(された)他のゴルフトーナメント

外部リンク[編集]