J.C.ペニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
J.C.ペニー
J. C. Penney Company, Inc.
JCPenney 2019.png
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州プレイノ
設立 1902年
業種 小売業
事業内容 百貨店
代表者 Ronald Tysoe (会長)
Jill Soltau (CEO)
Bill Wofford (CFO)
Shawn Gensch (CCO)
売上高 減少US$111億6700万 (FY2020)[1]
従業員数 9万人(2020)
外部リンク https://www.jcpenney.com/
テンプレートを表示
アメリカのJ.C.ペニー店舗
アメリカのJ.C.ペニー店内

J.C.ペニーJ. C. Penney Company, Inc.)は、アメリカ合衆国に本社を置く大手百貨店チェーン。

1902年ワイオミング州リンカーン郡ケメラーにて、ジェームズ・キャッシュ・ペニー英語版らによって創業された。2020年2月現在約840店舗を擁する[2]シアーズウォルマート等と並ぶアメリカの代表的なゼネラルマーチャンダイズストア

沿革[編集]

経営再建をめぐる動き[編集]

スティーブ・ジョブズが復帰していたアップルコンピュータへ、2000年ターゲットから移籍し[5]リテール部門の責任者として直営店の立ち上げを成功させたロン・ジョンソン英語版が、2011年11月、J.C.ペニーにCEOとして招聘された。年俸は5300万ドルで、当時の業界最高水準と言われている[6]。ジョンソンはJ.C.ペニーの経営に「新興企業」の発想を持ち込み[7]、特売やクーポンを廃止してEDLPを前面に打ち出すとともに[8]スマートフォン対応のセルフレジ[7]や専門店導入などの改革を矢継ぎ早に打ち出した。しかし、このやり方は顧客の離反を招き、2012年の売上は前年比25%ダウン[9]。経営改革は失敗に終わり、翌2013年4月、ジョンソンは退任に追い込まれた。

J.C.ペニーは、ジョンソンの前に経営を率いていたマイロン・ウルマンがCEOに復帰[10]2015年、ウルマンに代わってザ・ホーム・デポから後任CEOに転じたマービン・エリソンは、プライベートブランド商品の拡充等を通して来客の増加を図った事で[11]2016年には10億ドルのEBITDAを計上した[12]

ところが、2018年にエリソンは突如J.C.ペニーを去り[13]ホームセンター運営のロウズへ移籍[11]Amazon.comなどネット通販との競争が激しさを増し、多額の負債に直面する中で、CEOに就任したジル・ソルタウは、ターゲットやセブン-イレブンなどで経験のある人材を幹部に起用して立て直しを図ろうとした[13][8]

経営戦略の迷走が続く中、新型コロナウイルスのパンデミックに伴う休業が引導を渡す形となり、2020年5月15日、連邦倒産法第11章の適用を申請して経営破綻した。

人物[編集]

J. C. Penney
J・C・ペニー
生誕 (1875-09-16) 1875年9月16日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミズーリ州 ハミルトン
死没 1971年2月12日(1971-02-12)(95歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク市
職業 ビジネスマン
活動期間 1898–1971
著名な実績 1902年にJ.C.ペニー社を設立

ジェームズ・キャッシュ・ペニー(James Cash Penney, 1875年9月16日 - 1971年2月12日)は、アメリカ合衆国ビジネスマン。アメリカの大手デパートチェーン、J.C.ペニーの創立者として知られる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ JCPenney Financials”. Yahoo! Finance. 2020年5月15日閲覧。
  2. ^ http://ir.jcpenney.com/sec-filings
  3. ^ “百貨店JCペニーが経営破綻 米小売りで3例目”. 日本経済新聞電子版. (2019年5月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59208930W0A510C2000000/ 2020年5月17日閲覧。 
  4. ^ Isidore, Chris; Meyersohn, Nathaniel (2020年5月15日). “JCPenney files for bankruptcy”. CNN. https://www.cnn.com/2020/05/15/business/jcpenney-bankruptcy/index.html 2020年5月15日閲覧。 
  5. ^ “アップルストア成功の教訓 小売業界のカリスマが語る”. DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー. https://www.dhbr.net/articles/-/56 2020年5月16日閲覧。 
  6. ^ 小島健輔 (2020年7月17日). “紳士服業界、なぜか「AOKI」と「洋服の青山」の明暗が分かれてきたワケ”. 現代ビジネス(講談社. https://gendai.ismedia.jp/articles/-/73990?page=5 2020年8月10日閲覧。 
  7. ^ a b Josh Lowensohn (2013年4月9日). “アップルの元リテール責任者R・ジョンソン氏、J.C. PenneyのCEOを退任”. CNET Japan. https://japan.cnet.com/article/35030574/ 2020年5月17日閲覧。 
  8. ^ a b Anna Hensel (2019年5月8日). “問題続出の JCペニー 、新CEOが描く「復活のシナリオ」”. DIGIDAY. https://digiday.jp/brands/new-hires-jcpenneys-new-ceo-outlines-turnaround-strategy/ 2020年5月17日閲覧。 
  9. ^ MICHAEL V. COPELAND (2013年4月16日). “アップルストアの立役者、百貨店JCペニーで大失敗”. WIRED.jp. https://wired.jp/2013/04/16/silicon-valleys-coach-explains-the-fall-of-ron-johnson/ 2020年5月17日閲覧。 
  10. ^ “【米JCペニー】 ジョンソンCEOを更迭、前CEOのウルマン氏がトップに復帰”. ダイヤモンド・チェーンストアオンライン. (2013年4月11日). https://diamond-rm.net/flash_news/19825/ 2020年5月17日閲覧。 
  11. ^ a b Mary Hanbury (2013年4月16日). “JCペニーCEO、百貨店からホームセンターに転身”. BUSINESS INSIDER JAPAN. https://www.businessinsider.jp/post-168059 2020年5月17日閲覧。 
  12. ^ “米百貨店JCペニーが最大140店舗を閉鎖へ”. FASHIONSNAP.COM. (2017年2月26日). https://www.fashionsnap.com/article/2017-02-26/jcpenney-close/ 2020年5月17日閲覧。 
  13. ^ a b 中山修志 (2019年3月1日). “負け組百貨店は復活するか”. 日本経済新聞電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41904590R00C19A3000000/ 2020年5月16日閲覧。 
  14. ^ 鈴木敏仁. “鈴木敏仁USリポート ビューティ専門店「セフォラ」の出店拡大の背景”. WWD JAPAN. https://www.wwdjapan.com/articles/1041856 2020年5月17日閲覧。 

外部リンク[編集]