J-D05

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
J-PHONE J-D05
キャリア J-PHONE
製造 三菱電機
発売日 2001年8月25日
概要
音声通信方式 PDC
(1.5GHz)
形状 フリップ型
サイズ 130 × 45 × 16 mm
質量 82 g
連続通話時間 130分
連続待受時間 320時間
充電時間 95分
内部メモリ 1MB
外部メモリ 非対応
日本語入力 ATOK
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
メインディスプレイ
方式 アクティブマトリクス
解像度 132×162ドット
サイズ 1.9インチ
表示色数 4096色
サブディスプレイ
方式 なし
解像度
サイズ
表示色数
メインカメラ
画素数・方式 約7万画素人工網膜チップ
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ピュアシルバー
コスメピンク
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

J-D05(ジェイ ディー ゼロゴー)は、三菱電機が開発した、J-フォンによる第二世代携帯電話端末製品。

概要[編集]

フリップ型として、そして三菱電機として初のカメラ付き端末で、写メールに対応。カメラの素子には三菱が開発した人工網膜チップが使われている。エッジ検出機能で撮影画像の顔のパーツを検出して、表情が自動的に変化するアニメーション「デジタル福笑い」が表示できる。またJ-フォン端末初のATOK対応。内蔵Javaアプリには「珍さんのおうち自慢!」が登録されている。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]