J・D・ヴァンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
J. D. Vance
J. D. Vance (37629711710) (cropped).jpg
生誕ジェームズ・デイヴィッド・ボウマン
(1984-08-02) 1984年8月2日(36歳)
米国オハイオ州ミドルタウン
教育
職業ベンチャーキャピタリスト、作家、コメンテーター
著名な実績地域社会学、貧困問題、ヒルビリー文化に関するコメント
代表作『ヒルビリー・エレジー』
政党共和党[1]
配偶者ウシャ・チルクリ
子供1

ジェームズ・デイヴィッド・ヴァンス[2](1984年8月2日にジェームズ・ドナルド・ボウマンとして誕生[3])は、アメリカ合衆国の作家、ベンチャーキャピタリスト。自伝『ヒルビリー・エレジー』で知られる。この自伝には作家本人が育ったアパラチア地方の価値観と、社会的問題との関連が描かれる。同書は2016年2017年ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに載り、2017年にはDayton Literary Peace Prizeの最終選考にも残った[4]。2016年の大統領選挙中は、白人労働者階層の姿を描いたものとして全米のメディアから注目を集めた[5][6]

同書は人気を博し批評家からも賞賛されたが、アパラチア地方の批評家からは批判的な評価も受けている。ヴァンスは本来の意味での「ヒルビリー」でも白人労働者階層の代表でもなく、本来の「ヒルビリー」である祖父母やその故郷の人々(ヴァンス自身は少年期にそこで何度か夏を過ごした)の経験やアイデンティティを、彼自身のものと意図的に混同させていると述べる[7]。一方で、ヴァンスはこれらの文化を代表しているとして支持する批評もある[8]

ヴァンスは自身の政治的立場を「社会保守主義」とするが、現在の共和党の方針には批判的である。特に経済政策については、共和党のプラットフォームは労働者階層を犠牲にして富裕層に利益を与えていると批判している。

幼少期[編集]

ジェームズ・デイヴィッド・ヴァンスは、1984年にオハイオ州ミドルタウンにて、ドナルド・ボウマンとベヴ・ヴァンスの息子ジェームズ・ドナルド・ボウマンとして誕生[3]。ヴァンスの上にはは、母親が19歳で出産した姉リンジーがいる。ヴァンスがまだ幼いころに両親は離婚し、その後まもなく、母親の3番目の夫の養子に迎えられる。ヴァンスの幼い頃から母親は鎮痛剤を常用し、その後はヘロインに依存するようになる。母親は結婚と離婚を繰り返して生活が安定していなかったため、ヴァンスと姉は主に祖父母に育てられた[9] [10] [11]

学歴[編集]

故郷の公立ミドルタウン高校を卒業後[12]アメリカ海兵隊[13]に入隊。イラクに派兵されて広報担当として活動した。[14]除隊後にオハイオ州立大学(オハイオ州コロンバス)でBAの学位を取得。[15]在学中には共和党の上院議員ボブ・シューラーの下で働いた。[16]

オハイオ州立大学を卒業後、イェール大学のロースクールJD(法務博士)の学位を取得。イェール大学での最初の年に、指導教官であるエイミーチュアから、自伝を書くよう勧められる。

職歴[編集]

ロースクールを卒業後、ピーター・ティールが所有するベンチャーキャピタル会社[17]、Mithril Capital Management, LLCで社長を務める[18]。2020年にはオハイオ州シンシナティに本社を置くNarya Capitalのために9300万ドルを調達した[19]

2016年12月、ヴァンスはオハイオ州に引っ越してNPO「Our Ohio Renewal」を設立[20]。政治家を目指す準備を始め[21]、ラストベルトに広がる薬物依存問題への対策を始める[22]

2017年1月にはCNNの寄稿者となる[23]。2017年4月、ロンハワードが『ヒルビリー・エレジー』の映画化作品の監督に就任[24]

私生活[編集]

ヴァンスはロースクール時代の同級生、ウシャ・チルクリと結婚。チルクリはインド系アメリカ人で、2014〜15年にはブレット・カバノー判事の、2017〜18年には最高裁判所長官ジョン・ロバーツの書記官を務めた[25]。2人の間には息子ユアンがいる[26]

2019年8月、ヴァンスはオハイオ州シンシナティカトリックに改宗[27]。洗礼式にはロッド・ドレーアーをはじめ多くの保守主義者が列席した。洗礼式の後、ドレーアーとのインタビューでヴァンスは、改宗した理由は「カトリシズムが正しいということが徐々にわかってきたから」であり、カトリックの教義は自身の政治的な意見に影響を与えていると述べている[28]

著作[編集]

  • 『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』J.D.ヴァンス著、関根光宏・山田文訳、2017年、光文社ISBN 9784334039790

脚注[編集]

  1. ^ Heller, Karen. “‘Hillbilly Elegy’ made J.D. Vance the voice of the Rust Belt. But does he want that job?”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/lifestyle/style/hillbilly-elegy-made-jd-vance-the-voice-of-the-rust-belt-but-does-he-want-that-job/2017/02/06/fa6cd63c-e882-11e6-80c2-30e57e57e05d_story.html 2017年7月27日閲覧。 
  2. ^ Summary - Hillbilly Elegy: By James David Vance - A Memoir of a Family and Culture in Crisis”. GoodReads.com. 2017年5月10日閲覧。
  3. ^ a b Hillbilly Elegy: A Memoir of a Family and Culture in Crisis”. Enotes.com. 2017年5月10日閲覧。
  4. ^ Dayton Literary Peace Prize. http://www.daytonliterarypeaceprize.org/
  5. ^ Rothman. “The Lives of Poor White People”. The New Yorker. 2017年3月6日閲覧。
  6. ^ SENIOR. “Review: In ‘Hillbilly Elegy,’ a Tough Love Analysis of the Poor Who Back Trump”. The New York Times. 2017年3月6日閲覧。
  7. ^ Kiser. “Author too removed from culture he criticizes”. Lexington Herald-Leader. 2017年3月6日閲覧。
  8. ^ Miles. “Author J.D. Vance does have hillbilly cred — like it or not”. Lexington Herald Leader. 2017年3月6日閲覧。
  9. ^ Hillbilly Elegy by JD Vance review – does this memoir really explain Trump’s victory?”. The Guardian (2016年12月7日). 2020年10月19日閲覧。
  10. ^ The Lives of Poor White People”. The New Yorker (2016年9月12日). 2020年10月19日閲覧。
  11. ^ 'Hillbilly Elegy' Recalls A Childhood Where Poverty Was 'The Family Tradition'”. NPR (2016年8月17日). 2020年10月19日閲覧。
  12. ^ Michael D. Clark (2017年3月10日). “Middletown native J.D. Vance's book started with simple question”. JournalNews.com. 2017年5月10日閲覧。
  13. ^ Former Marine J.D. Vance's 'Hillbilly Elegy' Will Be Made into a Movie”. Military.com. 2017年7月27日閲覧。
  14. ^ https://www.ted.com/speakers/jd_vance
  15. ^ J.D. Vance to Speak About Memoir Hillbilly Elegy Feb. 2”. Yale Law School (2017年1月27日). 2017年5月10日閲覧。
  16. ^ Vance, J. D. (2017). Hillbilly Elegy. London, U.K.: William Collins. p. 181. ISBN 9780008220563. OCLC 965479512. "I took a job at the Ohio Statehouse, working for a remarkably kind senator from the Cincinnati area named Bob Schuler. He was a good man, and I liked his politics, so when constituents called and complained, I tried to explain his positions." 
  17. ^ Sarah McBride (2017年1月20日). “Peter Thiel's Mithril Capital Raises $850 Million VC Fund”. Bloomberg Technology. 2017年5月10日閲覧。
  18. ^ Loizos, Connie (2019年1月9日). “‘Hillbilly Elegy’ author J.D. Vance has raised $93 million for his own Midwestern venture fund”. TechCrunch. https://techcrunch.com/2020/01/09/hillbilly-elegy-author-j-d-vance-has-raised-93-million-for-his-own-midwestern-venture-fund/ 2020年1月15日閲覧。 
  19. ^ Loizos, Connie (2019年1月9日). “‘Hillbilly Elegy’ author J.D. Vance has raised $93 million for his own Midwestern venture fund”. TechCrunch. https://techcrunch.com/2020/01/09/hillbilly-elegy-author-j-d-vance-has-raised-93-million-for-his-own-midwestern-venture-fund/ 2020年1月15日閲覧。 
  20. ^ Our Ohio Renewal http://ourohiorenewal.com/
  21. ^ Hohmann. “The Daily 202: Why the author of ‘Hillbilly Elegy’ is moving home to Ohio”. The Washington Post. 2020年10月19日閲覧。
  22. ^ Heller. “‘Hillbilly Elegy’ made J.D. Vance the voice of the Rust Belt. But does he want that job?”. The Washington Post. 2020年10月19日閲覧。
  23. ^ A. J. Katz (2017年1月17日). “CNN Strengthens its Roster of Commentators and Contributors”. AdWeek.com. 2017年4月27日閲覧。
  24. ^ Reed. “Ron Howard to Direct, Produce 'Hillbilly Elegy' Movie”. RollingStone. 2017年4月12日閲覧。
  25. ^ Usha C. Vance”. www.mto.com. 2019年8月23日閲覧。
  26. ^ Ferenchik, Mark (July 31, 2017), J.D. Vance draws crowds, and questions about political future, The Columbus Dispatch, http://www.dispatch.com/news/20170731/jd-vance-draws-crowds-and-questions-about-political-future 
  27. ^ Dreher (2019年8月11日). “J.D. Vance Becomes Catholic”. The American Conservative. 2019年8月11日閲覧。
  28. ^ https://www.theamericanconservative.com/dreher/