Jユースカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jユースカップ
開始年 1993年
主催 日本サッカー協会日本プロサッカーリーグ朝日新聞社日刊スポーツ新聞社
参加チーム数 54(2016年)[1]
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 FC東京U-18(3回目)
最多優勝 ガンバ大阪ユース(4回)
テンプレートを表示

Jユースカップ(ジェイユースカップ、J Youth Cup)は、1993年度から開催されている日本の第2種年代(高校生年代)によるサッカーのノックアウト方式トーナメントである。Jリーグ加盟クラブ(Jクラブ)および日本クラブユースサッカー連盟地域代表チームが参加する。日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会(クラ選)と並び、高校生年代のクラブユースチームの日本一を争う大会である。

概要[編集]

第1回は1993年度の大会扱いで1994年3月に開催。それ以後は2005年からは7月から12月に開催されたのを除き、毎年9-12月に実施されている。

2012年大会では初めてJリーグ正会員の全40クラブが参加した。それまではJ2の一部クラブ(初期の準会員準加盟だったJFLのクラブも含む)はユースチームの整備が進んでいないなどから参加しないクラブもあった。

2016年大会はJ1所属の18チーム、J2所属の22チーム、J3所属の10チームおよび日本クラブユース連盟地域代表4チームが参加している。

主催・後援団体[編集]

冠スポンサー[編集]

スポンサー 大会呼称 期間
ハウス食品 Jユース・ハウス食品カップ 1993年度-1996年
タイガー魔法瓶 Jユース・サハラカップ 2005年-2007年
サンスター Jユース・サンスタートニックカップ 2009年
なし Jユースカップ 1997年-2004年、2008年、2010年-2013年※

※但し、2010年以降は冠が付いていないが日本旅行が協賛社となっている

開催方式[編集]

2014年までは、Jリーグのクラブユースチームとそれ以外のクラブユースチームでそれぞれ予選を行い、決勝トーナメントに進出するチームを決定していた。Jリーグのクラブユースチームについては総当たり方式で決勝トーナメントに進出するチームを決定し、それ以外のクラブユースチームについては地域ごとに枠が設けられており全4チームが決勝トーナメントに進出できた。

2015年はJリーグのクラブユースチームにおける総当たり方式が廃止され、Jリーグのクラブユースで出場を希望するチームすべてと、それ以外のクラブユースチームで予選を勝ち抜いた4チームがノックアウト方式の本戦に出場する(詳細は2015Jユースカップを参照)。

出場登録資格[編集]

  • 大会開始当初は日本サッカー協会第2種チーム(高校生年代)登録選手のみであったが、現在はJリーグクラブの第3種チーム(中学生年代)に所属して事前にJリーグフットボール本部本部長の承諾を得た選手(10人まで)の登録が認められている[1]
  • 試合エントリーは1チームにつき18人(外国籍選手は3人まで)[1]
  • 累積警告(イエローカード)2枚で次回出場停止。但し予選リーグでの累積警告は決勝トーナメントには反映されない。(決勝トーナメントでは改めて0の段階からスタート。但し出場停止についてはそのまま引き継がれる)

試合方式[編集]

  • 試合は90分間(前後半各45分)で、勝敗が決しない場合は20分(前後半各10分)の延長戦を行う。更に同点の場合はPK戦により勝敗を決める[1]

結果[編集]

年度 優勝 結果 準優勝 決勝会場 準決勝敗退チーム
1993年 ヴェルディユース 1 - 0 横浜マリノスユース 万博 ガンバ大阪ユース(3位)
横浜フリューゲルスユース(4位)
1994年 ガンバ大阪ユース 3 - 2 ヴェルディユース 平塚 ベルマーレ平塚ユース
ジェフ市原ユース
1995年 サンフレッチェ広島F.Cユース 3 - 1 ヴェルディユース 万博 ガンバ大阪ユース
セレッソ大阪U-18
1996年 ヴェルディ川崎ユース 2 - 1 ガンバ大阪ユース 長居 ジェフ市原ユース
サンフレッチェ広島F.Cユース
1997年 清水エスパルスユース 3 - 0 サンフレッチェ広島F.Cユース 長居第2 ヴィッセル神戸ユース
ガンバ大阪ユース
1998年 鹿島アントラーズユース 3 - 2 ジェフ市原ユース 長居 清水エスパルスユース
ガンバ大阪ユース
1999年 ヴィッセル神戸ユース 2 - 0 横浜F・マリノスユース 愛媛フットボールクラブユース
ヴィヴァイオ船橋SCユース
2000年 ガンバ大阪ユース 1 - 0 清水エスパルスユース 湘南ベルマーレユース
横浜F・マリノスユース
2001年 京都パープルサンガユース 3 - 1 FC東京U-18 神戸ウ ジェフ市原ユース
柏レイソルU-18
2002年 ガンバ大阪ユース 5 - 0 サンフレッチェ広島F.Cユース 長居 浦和レッズユース
ジェフ市原ユース
2003年 サンフレッチェ広島ユース 6 - 4 ジェフ市原ユース 清水エスパルスユース
セレッソ大阪U-18
2004年 鹿島アントラーズユース 0 - 0 aet
(PK 3 - 1)
サンフレッチェ広島F.Cユース 浦和レッズユース
ヴェルディユース
2005年 清水エスパルスユース 4 - 1 ヴィッセル神戸ユース 横浜F・マリノスユース
ガンバ大阪ユース
2006年 サンフレッチェ広島F.Cユース 2 - 0 FC東京U-18 神戸ユ 名古屋グランパスエイトU-18
三菱養和サッカークラブユース
2007年 FC東京U-18 2 - 1 柏レイソルU-18 長居 ガンバ大阪ユース
大宮アルディージャユース
2008年 ガンバ大阪ユース 4 - 2 セレッソ大阪U-18 FC東京U-18
ヴェルディユース
2009年 FC東京U-18 2 - 0 サンフレッチェ広島F.Cユース ガンバ大阪ユース
ジュビロ磐田ユース
2010年 横浜F・マリノスユース 4 - 3 aet FC東京U-18 京都サンガF.C.U-18
東京ヴェルディユース
2011年 名古屋グランパスU-18 2 - 1 セレッソ大阪U-18 金鳥スタ 清水エスパルスユース
サンフレッチェ広島F.Cユース
2012年 コンサドーレ札幌U-18 5 - 1 ガンバ大阪ユース 長居 サンフレッチェ広島ユース
横浜F・マリノスユース
2013年 ヴィッセル神戸ユース 2 - 2 aet
(PK 6-5)
サンフレッチェ広島F.Cユース コンサドーレ札幌U-18
川崎フロンターレU-18
2014年 鹿島アントラーズユース 1 - 1 aet
(PK 4-3)
ガンバ大阪ユース ヤンマー FC東京U-18
清水エスパルスユース
2015年 浦和レッズユース 2 - 1 名古屋グランパスU-18 FC東京U-18
大分トリニータU-18
2016年 FC東京U-18 3 - 2 サンフレッチェ広島F.Cユース ヤマハ 京都サンガU-18
松本山雅U-18
2017年

チーム別成績[編集]

チーム名 優勝年度 準優勝年度
ガンバ大阪ユース 4 3 1994, 2000, 2002, 2008 1996, 2012, 2014
サンフレッチェ広島F.Cユース 3 5 1995, 2003, 2006 1997, 2002, 2004, 2009, 2013, 2016
FC東京U-18 3 3 2007, 2009, 2016 2001, 2006, 2010
鹿島アントラーズユース 3 0 1998, 2004, 2014
東京ヴェルディユース 2 2 1993, 1996 1994, 1995
清水エスパルスユース 2 1 1997, 2005 2000
ヴィッセル神戸ユース 2 1 1999, 2013 2005
横浜F・マリノスユース 1 2 2010 1993, 1999
名古屋グランパスU-18 1 1 2011 2015
京都サンガF.C.U-18 1 0 2001
コンサドーレ札幌U-18 1 0 2012
浦和レッズユース 1 0 2015
ジェフユナイテッド千葉U-18 0 2 1998, 2003
セレッソ大阪U-18 0 2 2008, 2011
柏レイソルU-18 0 1 2007

得点王[編集]

年度 選手 所属クラブ 得点数
11 2003年 前田俊介 サンフレッチェ広島F.Cユース 9
12 2004年 川淵勇祐 ジェフ市原ユース 13
13 2005年 長沢駿 清水エスパルスユース 16
14 2006年 田中翔大 川崎フロンターレU-18 9
15 2007年 渡部大輔 大宮アルディージャユース 13
16 2008年 岩渕良太 FC東京U-18 19
17 2009年 三田尚央 FC東京U-18 21
18 2010年 秋岡活哉 FC東京U-18 13
松本翔 横浜Fマリノスユース
19 2011年 南野拓実 セレッソ大阪U-18 13
20 2012年 吉川修平 柏レイソルU-18 8
内田祐介 ヴィッセル神戸ユース
末廣浩暉 サンフレッチェ広島F.Cユース
大谷真史
21 2013年 中野誠也 ジュビロ磐田U-18 12
22 2014年 和田昌士 横浜Fマリノスユース 12
23 2015年 森晃太 名古屋グランパスU-18 5
深堀隼平
24 2016年 山根永遠 サンフレッチェ広島ユース 9

関連大会[編集]

2015年より創設された大会。この大会では、Jユースカップ決勝戦進出2チームに加え、国外の育成型クラブチームを招待し、より魅力のあふれる試合展開の提供と、ユース育成世代の国際経験と競技力の更なる高揚を目指して行う[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 大会概要”. 日本プロサッカーリーグ. 2016年10月15日閲覧。
  2. ^ 12月15日(火)より「2015 Jリーグ インターナショナルユースカップ」が開催 ~浦和レッズユース、名古屋グランパスU18、AZアルクマール、全南ドラゴンズが出場~(日本プロサッカーリーグ・2015年12月8日 12月21日閲覧)

外部リンク[編集]