Interior Gateway Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4IPv6) / ICMP / ICMPv6 / NDP / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP / OSPF / SPB / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネットIEEE 802.11DSLISDN

カテゴリ

Interior Gateway Protocol (IGP) は、IPネットワークにおいてAS内部での経路情報の交換に利用されるルーティングプロトコルの総称。ベンダーフリー実装である、RIPOSPFIS-ISがある他、シスコシステムズ独自実装であるIGRPEIGRPが利用されている。

IGPの種類[編集]

距離ベクトル型ルーティングプロトコル[編集]

距離ベクトル型ルーティングプロトコル英語版は「ベルマン–フォード法」(アルゴリズム)を使用する。 これらのプロトコルでは、各ルータは、完全なネットワーク・トポロジーに関する情報を持たない。 これらは、ほかのルータとの距離値(DV: distance value)を計算してアドバタイズする。また、ほかのルータからも同様にアドバタイズを受信する。 これらのルーティングアドバタイズを受信すると、各ルータは、自身のルーティングテーブルに組み入れる。 次のアドバタイズサイクルでは、ルータはルーティングテーブルから更新された情報をアドバタイズする。 安定した値に各ルータのルーティングテーブルが収束(ネットワーク)英語版するまで、このプロセスが継続される。

これらのプロトコルのは、収束が遅い欠点がある。

距離ベクトル型ルーティングプロトコルの例:

リンクステート型ルーティングプロトコル[編集]

リンクステート型ルーティングプロトコル英語版では、各ルータは、完全なネットワーク・トポロジーに関する情報を持っている。 各ルータは、独立してトポロジのローカルな情報を使用し、ネットワーク内のすべての可能な宛先に、各ルータからの最良のネクスト・ホップを計算する。 最良のネクスト・ホップの集合は、ルーティングテーブルを形成する。

これは、隣のルータと各ノードが共有してルーティングテーブルを作成する「距離ベクトル型ルーティングプロトコル」とは対照的である。 「リンクステート型ルーティングプロトコル」は、ノード間でやり取りされる唯一の情報は、接続マップを構築するために使用される情報である。

リンクステート型ルーティングプロトコルの例:

ハイブリッドルーティングプロトコル[編集]

ハイブリッドルーティングプロトコルは、「距離ベクトル型ルーティングプロトコル」および「リンクステート型ルーティングプロトコル」の両方の機能を持っている。 一例として、Enhanced Interior Gateway Routing Protocol (EIGRP)がある。

関連項目[編集]