Intel Mac

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mac Mini (Intel Core Duo)

Intel Mac(インテルマック)はアップルが開発および販売を行っているMacintoshインテルCPUを採用した製品群の総称である。PowerPCを搭載したMacの後継にあたる。

概要[編集]

2005年Worldwide Developers Conferenceにて、アップルが将来的にインテルのCPUを採用した製品を提供するという発表がなされ、翌年の2006年1月10日Intel Coreを搭載したMacBook ProiMacを発表した。

Mac OS X v10.4 TigerからIntel Macに対応し、2009年3月時点ではMacのOSの最新である10.5.6が利用される。

これからは、Macの最新機種にはすべてIntel製CPUが搭載される予定である。

インテル製のCPUが搭載された経緯については、MacintoshのIntel Mac時代を参照。

新機能[編集]

Boot Camp[編集]

Boot Campとは、Intel Macで他のオペレーティングシステム (OS) を動作させることのできる新たな機能である。

当初は、インテルのプロセッサを採用しているが、Windows XPがインテル搭載マックの採用するファームウェア "EFI" に対応していないため、既存のWindows XPを動作させることは疑問視されていたが、アップルからFirmware UpdateとBoot Campのベータ版のダウンロードによる提供が開始されたことによりIntel Mac上でWindows XP ServicePack 2を動作させる事ができるようになった。またBoot CampはMac OS X v10.5 Leopardにて、正式に採用される事となった。ニュースリリース

アップルは以前と同様に他社製OSを意図的に排除していないが、逆にMac OS Xを他社製ハードウェアで起動させることはライセンス違反となる(保護が掛かっている)。

ブートローダをEFIに対応させたLinuxなどのOSは起動が確認されている。それまでMac上ではVirtual PC等を利用して他のOSを動作させていたが、ハードをネイティヴに利用出来るBoot Campは注目を集めている。

Intel Macのプロセッサ[編集]

Intel Core Duo[編集]

詳細は、intel Core Duo

2006年1月6日に発表された、Intel Macの初代CPU。Pentium Mの後継にあたる。32ビットのCPUである。

Intel Core 2 Duo[編集]

Intel Core 2 Duo

詳細は、intel Core 2 Duo

2006年7月27日に発表されたIntel Macの第2代CPU。Intel Core Duoの後継にあたる。64ビットのCPUであり、前作のIntel Core Duoよりも高速である。ノート機はすべてTシリーズ(T8100,T8300,T9300) が搭載されている。なおIntel Macに搭載されるCPUは2007年8月時点でモバイル版のみでデスクトップのiMacやMac miniにもモバイル向けのTシリーズが搭載されている。保証はないがデスクトップ機のiMacとMac miniのCPUはソケットから取り外す事が可能のためCore DuoからCore 2 Duoへのアップグレード可能とされている。

Intel Core i5/i7[編集]

詳細は、Intel Core i5及びIntel Core i7

2009年10月22日に発表されたiMacの27インチモデルの上位機種のみにCore i5(2.66GHz)が、更にBTOにてCore i7(2.8GHz)が搭載される。発表時点でコンシューマーモデル唯一のクアッドコア且つNehalemアーキテクチャを採用したIntel Macとなる。

Intel Xeon[編集]

詳細は、Xeon

2006年8月以降Woodcrest世代が、2008年1月以降Harpertown世代が、2009年以降にはNehalem-WS及びNehalem-EP世代がMac Pro及びXserveに採用されている。

Intel Macの製品群[編集]

Intel Macと呼ばれる製品には以下のものがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]