imoutoid

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
imoutoid
別名 yamato yoshioka
あっぷる
ファミコン宇宙人
Otophilia
生誕 1991年1月15日
出身地 日本の旗 日本
死没 2009年4月末(満18歳没)
ジャンル エレクトロニカ
テクノ
ハウス
ドラムンベース
アンビエント
インストゥルメンタル
アニメソング
電子音楽
職業 作曲家
編曲家
トラックメーカー
プログラマ
活動期間 2001年 - 2009年4月
公式サイト imoutoid's websitoid
著名使用楽器
MacBook Pro,FA-101
Logic,Reaktor,FM8,SuperCollider
ジャズ,ファンク,ドラムンベース,ゲーム音楽,アニメソング

imoutoid(イモウトイド、1991年1月15日 - 2009年4月)は、日本作曲家トラックメーカー。生涯を通して幅広い音楽ジャンルに渡る制作活動を行った。Otophilia名義でSuperColliderのプログラマとしても活動を行い、彼が書いたコードはSuperColliderの公式書籍に掲載されている。otophilia名義の一連の活動の中では、メディアアート的な制作も試みており、GoodNoseというギターシミュレータや花火描画プログラムなどを制作した。SuperColliderProcessingの同期演奏も試みた。

来歴[編集]

2001年サイト上で楽曲などの公開を開始する[1]。その後、「ファミコン宇宙人(FamicomUchujin)」・「otophilia」などの名義で活動を行った。[2][3]

2005年TOKYO FMで放送されていたジョージ・ウィリアムズの番組にデモテープを送り、番組内で紹介される[4]。また、その縁からウィリアムズが運営していたオンラインショップで楽曲が販売された[5]

2006年ころから「imoutoid」名義での活動を開始する。[6]

2007年Maltine RecordsよりADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONYを発表。

2009年にはRe:MIKUSへの楽曲提供でメジャーデビューを果たすが、デビュー直後の同年4月、急性心不全により死去した。

作品[編集]

アルバム[編集]

  • 「ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY」(Maltine Records、2007年)

リミックス[編集]

参加作品[編集]

  • 「Fancyball」 - 『No shit No life』(Maltine Records、2006年)※FamicomUchujin名義

脚注[編集]

  1. ^ Space Jungles (小学校4~5年生頃 )」 imoutoid's websitoid
  2. ^ ファミコン宇宙人'sWorks”. imoutoid's websitoid. 2020年12月22日閲覧。
  3. ^ imoutoidのsupercollider”. 6月のimoutoid. 2020年12月22日閲覧。
  4. ^ バカ親の回想 Kamikaze」 imoutoid's websitoid
  5. ^ imoutoid不完全トラック集
  6. ^ imoutoid's websitoidへようこそいど”. imoutoid's websitoid. 2020年12月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]