if800

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

if800は、沖電気工業がかつて製造及び販売していたパーソナルコンピュータのシリーズ。

概要[編集]

初代(if800 model10・20)(1980年(昭和55年)[1]5月発売)は当時主流であったZ80を搭載し、プリンターフロッピーディスクドライブ・ディスプレイ(model20のみ)を標準搭載してオールインワンをコンセプトに登場した。後のモデルでは8086等を採用し進化していった。

初期はスタンドアロンBASICがOS代わりであったが、後にOSとしてCP/MMS-DOSを採用。プログラミング言語はMicrosoft BASICのバリアントの一つであるOKI-BASIC(model60はMS-BASIC)。model20は両面倍密度のFDDとプリンターを内蔵するなど、ビジネスモデルとしては当時の最先端を走っていた。発売当初はビジネス向けとして人気を集め、ヴァル研究所の「ぱぴるす」やソーシムの「SuperCalc」といった初期のビジネスソフトがif800に対応して発売された[2][3]

しかし、FDDとプリンターを一体型にしたため、周辺機器メーカーが安い周辺機器を発売できなかったこと、下位のグリーンディスプレイ搭載モデルでも128万円と高価であったことから、1981年12月にNECから発売されたPC-8800シリーズにシェアを奪われた[3]

型番[編集]

BMC if-800 model20

初期はモデルチェンジ毎に「if800 model XX」という型番、後期のRX・EXシリーズはスペック毎に「if800RX モデル XXXX」のように型番がつけられていた。

  • if800 model10(1980年5月発売)CPU:Z80A(8bit, 4MHz)
    標準で10インチ80字/行・5×7ドットマトリックスインパクトプリンタを内蔵していた。
    OSは標準ではスタンドアローンのOKI-BASICであったが、CP/Mを動作させることもできた。
    メモリ16KB(BASIC時)/32KB。
  • if800 model20(1980年5月発売)model10にFDD一体型ディスプレイを追加した構成。
    FDDは5インチx2であるがフォーマットは独自のもので両面倍密度280KB、他社との互換性はなかった。
    ディスプレイはカラーとグリーンの2種、共に640x200でドット単位で表示(カラーでは8色指定可能)。
    メモリ48KB(BASIC時)/64KB。
  • if800 model30(1981年[4]1月発売)CPU:Z80B(8bit, 5MHz)
    このモデルのみCP/MをOSに採用。OKI-BASICはCP/M上で動作するようになった。メモリはバンク切り替えにより128KB実装(最大256KB)。
    8インチFDDx2、640x400ドットのカラー/グリーンディスプレイ、10インチ16×16ドットマトリックスインパクトプリンタ内蔵。
    後に8インチFDDx1+7.3MBHDDのハードディスクタイプ(model30H)が追加された。
  • if800 model50(1983年4月発売)CPU:8086-2(16bit, 8MHz)
    当時主流となりつつあった16ビットCPU搭載。OSに漢字MS-DOS(かなりカスタマイズされていた)を採用。メモリ256KB標準(最大1MB)。
    デスプレイは640x475ドットになり、25行表示が可能。また、初めて漢字ROMを標準装備。
    カラー/グリーン、FDDx2/FDDx1+7.3MBHDD、プリンタ無し/10インチ/16インチの違いにより12機種。
    キーボードが分離型になり、16インチプリンタの場合も内蔵されない。
  • if800 model60(1985年1月発売)CPU:i8086-2
  • if800RX(1986年5月発売)CPU:80286(16bit, 8MHz)
    中解像度(720×512)/高解像度(1148×754)の違い、HDDあり/なしの違いで計4モデルあった。
    OSはMS-DOS
  • if800EX(1988年7月発売)CPU:80386(32bit, 16MHz)
    中解像度(720×512)/高解像度(1148×754)の違い、HDDあり/なしの違いで計4モデルあった。
    OSはMS-DOSだが、マルチタスク処理が可能なVMモニタ(Virtual Machine Monitor)を搭載している。
  • if800EXⅡ
  • if800GX CPU:i486(32bit, 33/66MHz)
    中解像度(720×512)/高解像度(1148×754)の違い、HDDあり/なしの違いで計4モデルあった。
    33MHzのモデル、66MHzのDX2を搭載したモデルがある。
    EX同様、OSはMS-DOSだが、マルチタスク処理が可能なVMモニタ(Virtual Machine Monitor)を搭載している。
    筐体はEXと共通である。

後継機種[編集]

if800GXを最後にif800シリーズは終了し、その後沖電気はAX規格のif386AXシリーズを発売した。しかしDOS/Vの登場でAX規格自体が廃れると、PC/AT互換機OADG規格)のONESifNote等を発売したがどれもヒットせず、沖電気は1990年代中期にパソコン事業からは撤退した。

2010年現在、沖電気はif Serverシリーズの名称でx86サーバを販売している。

出典[編集]

  1. ^ 佐々木 2013, p. 8.
  2. ^ 「沖電気 IF-800model20」 『パソコン大図鑑 最新・人気パソコン目的別全カタログ』講談社、1981年、40-41頁。ISBN 4-06-141673-1 
  3. ^ a b 片貝, 孝夫、平川, 敬子「たくさんあったif800の表計算ソフト」 『パソコン驚異の10年史 : その誕生から近未来まで』講談社、1988年3月20日、26-27頁。ISBN 4-06-132721-6 
  4. ^ 佐々木 2013, p. 9.

参考文献[編集]

  • 佐々木, 潤 (2013), 80年代マイコン大百科, 総合科学出版 

外部リンク[編集]