Icecast

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Icecast
開発元 Xiph.org Foundation
最新版 2.3.3 / 2012年06月11日(20か月前) (2012-06-11
対応OS Unix系Microsoft Windows
種別 ストリーミング サーバ
ライセンス GNU GPL
公式サイト www.icecast.org
テンプレートを表示

IcecastXiph.Org Foundation が運営するストリーミングプロジェクトであり、その成果はフリーソフトウェアとしてリリースされている。特にプロジェクトの一部であるサーバプログラムを指すことがある。Icecast は1998年12月から1999年1月にかけて Jack Moffitt と Barath Raghavan が誰でも修正・利用・改変可能なオープンソースの音声ストリーミングサーバとして開発したのが最初である[1]。バージョン2の開発は2001年に始まり、各種フォーマットをサポートしスケーラビリティを向上させるため完全に書き直された(それ以前は Ogg Vorbis だけを対象としていた)。

技術的詳細[編集]

Icecastサーバはストリーミングコンテンツとして、標準のHTTP上のVorbis、HTTP上のTheoraSHOUTcastが使うプロトコル上のMP3AAC、SHOUTcastプロトコル上のNSVを扱う(Theora、AAC、NSVはバージョン2.2.0以降でのみサポート)。ストリーム源である外部プログラムを「ソースクライアント」と呼び、Icecastプロジェクトでは IceS の名称でソースクライアントプログラムも開発している。ソースクライアントとIcecastサーバは、通常別の場所で動作する(ソースクライアントは例えばスタジオで利用し、サーバは高帯域幅が利用可能なデータセンターなどに配備する)。

Nullsoft製のプロプライエタリなメディアサーバSHOUTcastと似たような機能を持つ。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Jack Moffitt: Everything but a private eye Linux.com、2000年9月19日

外部リンク[編集]